2012年04月27日

連日暑い その2

ツモーネ氏宅での畑作りでは,
我々は手を動かすよりも,
口を動かす時間のほうが圧倒的に長い。

そんな中で,我々3人分の働きをしている比人がいる。
ZAPPSで働くA氏である。
非常に真面目な男だ。

しかし,彼は,不可思議な言動をする。
先々週の【土曜日】の話だ。

ZAPPSひろし氏が彼に,
『作業開始はいつから?』
と聞いたところ
『【月曜日】から』
と答えたそうだ。

実際は【日曜日】から作業が始まり,
しかも,その彼も作業に参加していのだ。

日曜日に参加できなかった『ひろし』氏が彼に文句言ったところ,
彼は日曜日に『偶然』ツモーネ氏と出会ったので,
(月曜日でなく日曜日に)作業に参加することになった。
と答えたそうだ。


比人の多くは,その場限りのすぐにバレる嘘をつく。
おそらく,その場を切り抜けたいためだけに,嘘をつく。
(そうせざるを得ない文化的背景もあると考えられる)

だから,私は比人の発言をほぼ信用しない。
できるだけ,比人の行動で判断しようと務めている。


しかし,まだこれはカワイイ部類だ。

比人の一部には,明らかに他人を害する目的で
嘘をつく人たちがいる。

しかも,少数ではない。
半分以上の比人には,そういう性質が備わっている,
と考えたほうがいい。

比人の嘘を生み出すのは,
『インギット』という感情である。

日本語では嫉妬心であるが,
おそらく,インギットには,
嫉妬して『他人を貶める』,
というような意味が加わる。

それだけ,嫉妬にかられてとんでもない発言をする比人が多い,
ということだ。


ここに比人の『噂好き』という性質が加わると,
『チスミス(噂)』になる。

『チスミス』には概ねいい意味はない。
嫉妬心,他人を貶めようという企みが根底にあるからだ。

日本でも,噂話には尾ひれがつきものであり,
悪意に流れやすいが,
ここフィリピンでは,その程度がひどい。


或いはこういうのも考えられる。

ある人が,誰かに忠告したとしよう。
心配している素振りをしているが,
内容はでっちあげである。

なぜでっちあげをするか。
その誰かさんの気を引くためである。

気を引くために,話をでっちあげ,
さも心配している素振りで
気を引きたい誰かに忠告をする。

比人にはよくある話だと,
私の知人の比人が教えてくれた。

これもチスミスの一端をなすが,
まるで子供の言動である。
大人が使うとなれば,タチが悪い。



だが,チスミスなどの比人の言動には
バカにならないものがある。

普段は頭の固い人の多い比人ではあるが,
何故か,チスミスを簡単に信じてしまう。
非常に陽動されやすい人々である。

ある夫婦がいる。
三面記事大好きな夫婦だ。
三面記事好きに夫婦の性格も相まって,
チスミスがひどい。

その根底には,夫婦のよろしくない心根がある,
と考えられている。

そのチスミスのおかげで,
その夫婦の周りのいくつかの家庭で
深刻な夫婦喧嘩がまきおこった。

それが遠因となって,
別居状態になった家庭もある。


上記の問題夫婦は,特殊な例かもしれない。
チスミスに限らずこれだけ容易に顰蹙をばらまく夫婦を
私は他に見たことがないからだ。

しかし,さほど特殊でもないかもしれない。

さすればフィリピンでの人間関係,
特に奥さんが比人である場合は
気苦労が多いだろうと察せられるのである。


.
posted by DEBUO at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月26日

毎日暑い

ここフィリピンは熱帯気候ではあるが,
ちゃんと季節がある。
暑い季節と,もっと暑い季節と,
最高に暑い季節に分けることができるのだ(笑

最高に暑い季節は4〜5月である。
ここカバナでも,連日猛暑が続くだけでなく,
先日,フィリピンで一番の猛暑を記録したらしい。
最高気温は38度だったという。

夜も熱帯夜が続き,水道水が冷たくならない。
下手すると温水が出てくる。


そんな暑いカバナトゥアンへ,
仏系華僑であられるアルベルト・『モーモー』・ツモーネ氏が
新居を建てるため,引っ越してこられた。

温州出身の商人という噂通り,
財力に物を言わせた豪邸になる予定である。


その豪邸建設予定地の一角で,
完全手作業による畑作りプロジェクトが進行している。
『内臓から汗をかく』ためだそうである。

『内臓から汗をかく』とご利益があるらしい。
流石に温州育ち,金儲けだけではなく,
考えも奥深い。


その畑作りに私も参加させて頂いている。

参加,といっても,私は3分ツルハシを振ったら,
57分は日陰で休んでいる。
休んでいる間はボーと他の人の作業を眺めているだけである。

何しろ,暑い。
先日など車に搭載されている温度計を見たら,43度もあった。
ボーとするわけだ。


そんな暑さのなか,
ツモーネ氏は私よりも10歳年上にも関わらず,
延々と作業を続けておられる。

参加者は他にZAPPSひろし氏である。
彼は10代のころ土木作業員だった経験があり,
大張り切りで土を掘り返している。


そんな彼らでも,10分作業して5分休憩,
その程度のペースだ。
それ以上は体がもたない。

熱帯の人たちはのんびりしていることが多いが,
よく理解できる。
こんな暑い中で生真面目に働いたら,
あっという間に熱中症で倒れてしまう。

  詳細?はこちら
  http://blogs.yahoo.co.jp/zappspongi


しかし驚くのは,ひろし氏が連れてきているフィリピン人である。
30代ということもあるのだろうが,
ひろし氏の倍ぐらいの速さでスコップを振るい,
なおかつ,作業時間も長い。

隣を眺めれば,ツモーネ氏宅建設に従事する比人労働者が20人ほど
もくもくと作業している。

比人というのは,怠惰な人も多いが,
勤労精神に富む人もいるのだ。

フィリピンはキリスト圏であるにも関わらず,
あまり土日の感覚がない。
休み無しで働く人も多い。

マニラだと,24時間営業の店も多い。
朝の5時頃になると,
帰宅する人と出勤する人で混雑し始める。

私のフィリピンでの最初の彼女など,
熱があっても出勤し,
仕事が滞れば,会社に泊まり込みで作業するタイプだった。
しかも,週末は大学のビジネス・スクーリングに通う,
そんな頭の下がる女性だった。



フィリピンでは驚くようなフィリピン人が多い。
悪い意味で。

しかし,そうでないフィリピン人も決して少なくない,
そう思わされることもあるのだ。
posted by DEBUO at 06:39 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月02日

格安航空会社

東京/大阪〜マニラ間に新たな航空会社が参入した。
JET-STAR
ご存知の方も多いと思う。

ビザの関係でフィリピンから出国する必要があったので,
私はSKY-SCANNERを眺めていたのだが,
1月には表示されていたJET-STARの便が,
2月になると突然サイトから消えてしまった。

どうやら,フィリピンの許可が降りずに,4月に延期されたらしい。
(現在は表示されている)


JET-STARは豪州の会社である。
サイトはしっかりしている。
セブパシとは大違いだw

  http://www.jetstar.com/jp/ja/home

セールス期間中なのか,
安いのだと関空〜マニラは往復17000円ほどだ(04/02現在)。

東京は少し高くなるが,それでも往復3万円台が並んでいる。
  
 ※いずれも諸費用込。


関空だと,競合はセブパシになる。
セブパシは2ヶ月ほど前に予約すれば,
往復3万円ほどになる。

プロモを利用することができれば1万円以内も可能かもしれないが,
セブパシのプロモ,日本路線は滅多に手に入らないと言われている。


ただ,セブパシはマニラから東南アジアへ向かうときに
安い便がある。
プロモも比較的取りやすい。

私は香港行きのプロモ・チケットを片道2千円ほどで入手できた。
(諸費用込)。


私の知る限りだと,
格安航空会社にはエアアジアというのがある。
マレーシアの航空会社である。

日本からマニラへの便はないが,
羽田/関空から東南アジア数カ国への便がある。

  http://www.airasia.com/jp/ja/

エアアジアには,マニラから東南アジアへの便もある。
私が注目したのは,マレーシア・コタキナバル行きの便だ。
安い日を選べば,往復5千円(諸費用込)以内で行ける。

コタキナバルはボルネオの北東部にある50万人ほどの街である。
それほど注目されている観光地ではないので,
ゆったり過ごせるんじゃないかと思う。

観光の目玉は,ボルネオの自然。
原生林とかオラウータンとか。
蒸気機関車も走っているので,行ってみたい人もいるだろう。
posted by DEBUO at 22:45 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カバナトゥアン 案内MAP


カバナトゥアン西部
map西.gif
カバナトゥアン東部
map東.gif

周辺地域

カバナトゥアン.jpg

地図はクリックすると拡大します。
 ※地図2012.04現在のもの。

【カバナトゥアン】


観光地ではない。
住むにはなかなか快適な街。

学校が多く,若い女の子が多い。
そのせいか,比としてはファッショナブルで
可愛い子が目立つ。


【交通】

マニラからカバナトゥアン行きのバスにのると,
terminalというところが終点になる(クバオからだと約200p)。
  ※文末にバス発着場の案内あり。

かなり大きなバスのたまり場である。
但し,カバナの中心から南へ2kmほど離れたところに位置する。
周りには草原が目立つ。

TERMINAL.jpg
 ※ターミナル。建物の向こう側にもバスが並んでいる。

夜遅くになると,長距離バスは動かなくなる。
深夜は,地図右上のジョリビーの横に行くと,
マニラ行きの数台のバスが並んでいる。
(ESトランスポート)

市内の移動の中心は,トライシケル
カバナにはトライシクルの街,という異名があるらしい。

2kmぐらいなら,20〜30p。
 例:ターミナル〜パレンケ(1.5km)
3km程度で40p。
 例:ターミナル〜NEパシフィック(2.5km)
   NEパシフィック〜パレンケ(3.5km)
モールで待機しているトライシケルは,少し高くなる。

慣れてくれば,ジープニー
ただ,朝晩などの混雑タイムはジープニーの出発点で乗らないと,
満杯であることが多い。

ジープニーの出発場は,私の知る限り8箇所。
SUMACAB,NEパシフィック,TERMINAL,パレンケの周囲,
マクドナルドの横,メガセンター北入口,CROSSING,PREMIERE。

ジープニーはぎゅうぎゅう詰めになったら出発する,というパターンだ。
だから,途中乗車が難しいことがわかる。
運賃はマニラと変わらない。初乗り 8p(マニラと同じ)。

タクシーは走っていない。

なお,平日夜の8時ぐらいになると,相当交通量が減る。
足はトライシケルが要所に待機しているぐらい。

なお,ターラックまで伸びている高速道路は,
日本のODAにより,カバナ北部まで伸びる予定。


【パレンケ】

街の中心はパレンケ周辺。
パレンケは昔何かの施設だったか,
巾100m,奥行き50mぐらいの箱にぎっしり店が詰まっている。
2Fにも店がある。

パレンケの周囲にも多くの店が並んでいる。
ディビソリアの小型版のようなエリアだ。

パレンケの北に公園があるが,
11月〜Xmasでは,ここに露天街ができる。
バラテリア(バラテリョ?)という。非常に安い。

街の中心にあるパレンケは巨大サリサリストア,
食料品なら,マビニEX東のサンギタン(パレンケ)。
品揃えが充実しているし,安い。

什食器類なら,NEパシフィック前の店が安い。
サンタロサ交差点近くには,さらに安い店がある。


パレンケを南,ハイウェイ方面に戻ると
マクドナルドがある。24時間営業。

隣には,PURE GOLDというモールがある。
できたばかりで綺麗,人が少ない,安売りセール品が多い。
この辺りは,カバナトゥアンの中心,といっていいぐらいの,
恵まれた立地にある。



【官公庁街】

パレンケから東へ行くと,
メガセンター,NEUST,官公庁の地区になる。
ちょっと街全体がアップグレードする。

メガセンターは名前はメガだが,そんなに広くない。
建坪は,昔のエルミタロビンソンの2/3ぐらいか?
しかも,メインは1Fだけで,地下のフードコートと,
しょぼい2F,3Fが付属しているだけだ。(4Fまである)

NEUSTは,ヌエバエシハ最高の大学の一つ。
その他,NE高校などの学校も目立つ。

市役所は,この官公庁街にはない。
後述のNEパシフィックそばのタラベラ−サンホセへ向かう途中にある。


【CROSSING】


官公庁街からさらに東へ行くと,通称CROSSING。
交通の要所であり,北のサンホセ方面や東のオーロラ方面に向かう道がある。

ここにカバナの街の中心に向かう道が繋がっているから,朝晩は非常に混む。
もし,マニラから自家用車やタクシーを利用してサンホセ方面に行く場合は,
LAPAZ辺りから抜け道がある。

また,NEパシフィック裏にもタラベラ方面に抜ける路がある。

オーロラ方面に行く場合は,サンタロサやNE・PACIFIC手前に抜け道がある。
但し,未舗装道路があり,かなりでこぼこしている。


【NEパシフィック】

地図左下のエリアは比較的新しく開発された地域だと思う。
中心は,NEパシフィック。ロビンソンが併設されている。
カバナトゥアンで一番大きなモールだ。

建坪は,モニュメントのグランドセントラルぐらい。
昔のエルミタ・ロビンソンぐらい。
ただ,2Fまでで,その2Fも1Fの半分ぐらい。

注目は,NE・PACIFIC(左下)の7−11奥にあるZAPP`S。
ライブハウスであり,席数は400。
貧乏人はこない。かなり流行っている。
日本人経営。

その他,NEパシフィックの周りには,色々な店舗や
KTV,バーなどがある。


NEパシフィックは完全に郊外型のモールだ。
周辺に人家が少ない。
みんな何かの交通機関を利用している。

NEモールから街の中心に向かうと
SOGOやジョリビーのある交差点になる。
マーキュリードラッグ,イナサル,キレイなサロンもある。
ここ1年ぐらいに整備された模様だ。

ここをマニラ方面から来て左折すると市役所,
さらにサンホセ方面への道になる。
右折すると,TERMINALに向かうことになる。

この辺りは小さな川に沿って貧民街が多い。
ちょっと気をつけたいエリアだ。


【食】

カバナ・レストラン・一覧

NE高校そばのvicenticosと,MACのそばのRUSTICAが,
まあまあオススメのレストラン。

ターミナルそばの,海鮮料理屋ラマランは,
少人数のパーティ会場としてはいいかも。
料理は保証できない。

ローカルフード・チェーン・レストランだと,
NEレストランとJoey's Snack House。
カバナには数カ所ある。

ケーキは,ケーキランド。
パレンケの方のNEのそば,イグレシア教会の裏口隣。
ここはゆったりするのにお薦め。ケーキは物凄く甘い。

喫茶店なら,MACそばのbarg cafe。

24時間営業のおかゆの店として,
NE高校のそばのヒルトンと,
ハイウェイ沿い,マビニ通りの交差点より東数百mにある
おかゆ屋さん(名前不明)。

マクドナルドも24時間営業だが,
SOGO近くのジョリビーは深夜は開いていない。

この地方はカナブンを食べるという。
カナブン取りの盛んな時期があるらしい。
カナブン取りのお好きな方はどうぞw


【モール・スーパー】

NEパシフィック・ロビンソン カバナで一番広い
PURE GOLD 2011年新設
NE パレンケ西数百mにある CROSSINGそばにもある。
SAVE MORE パレンケ西100mほどにある。
MEGA CENTER NEパシフィックと並ぶカバナの中心的モール。

噂によると,SOGOの南あたりにSMが進出してくる。
これは噂だけではなく,数年前に出店計画があり,
利害関係者の反対で断念した経緯があるという。


【日本食】

NEパシフィックのロビンソンに若干の日本食品コーナーがある。
メガセンターには殆ど無い。

それ以上を求めるのなら,
アンヘレスの韓国食材店かGAPANのモール,
或いはマニラ,ということになる。

日本食レストランは無い。


【遊び】

カバナトゥアンは観光地ではない。
歓楽街はないと思う。
KTV,ライブハウス,コメディバーが散在している。

おそらく一番たのしめる場所は,NEパシフィックモール。
モール自体プラスその周囲に,
ライブハウスZAPPS,KTV,ダイナー&バーその他が営業している。

カバナトゥアンはライブハウスがいくつかあるが,
下記ZAPPS以外では経営の安定しないところが多く,
クロッシングそばのハリンソロモン,
MACとマビー二通りの中間辺りにあるチャコール,
あたりがかろうじて経営を続けている印象だ。

カバナではないが,東へ行くと海がある。
新鮮な魚はここで。
CROSSINGからAUROLLA方面へ。
BONGABON手前で右折,山を越えるとティンガラン湾に出る。
山から眺め下ろす景色は最高。

また,行ったことはないが,リサールの奥にも漁港がある。
ディンガランよりもかなり大きいらしい。


【ZAPPS】

日本人経営。
300坪の箱に400人収容する。
毎日,ライブバンドが2つ以上演奏している。

掛け値なしに,カバナの若者の憧れの場所。
週末は勿論,平日でも12時頃には座れなくなることが多い。

6時〜朝4時まで営業。
エントランス50p,ピルセン50pぐらい。
料理は200p前後。

セキュリティがしっかりしているので,
この手の店としては安心して遊べる。


【夜の遊び】

ディスコ・バーやKTVもところどころにある。
ディスコ・バーは6軒。

全体的に高い。
ビール一杯100p前後,LDは200〜250p,
バーファインは2000〜2500p(日本人価格)らしい。
地元在住者には評判が悪い。


怪しげな店もいくつかある。
食堂なのに,なぜか個室付きというw

そういう店は,ガパン方面の街道沿いに固まっている。
というよりも,このあたりのビールハウスは
そういう店だと思ってもいいかもしれない。
バーファインは500p前後。

レベルは様々。店もマニラの汚いビアハウスレベル。
年齢には注意が必要。超ベテラン向けの店である。
最近,日本人グループが荒らしているので,
若干,高くなってきたという噂も(笑


【危険】

夜の店には喧嘩がつきものだが,
カバナはビール瓶を使うのが多いらしい。
案外,荒っぽい土地柄だ。
勿論,ナイフ・銃の使用も十分考えられる。

以前,一人で立ち寄った店では,
その日の深夜に殺人事件があった。
観光客は在住者と一緒でも,目をつけられる可能性大。
なるべくなら,比人と立ち寄った方がいい。


【プール】

サンタロサ方面の『』。
塩素がきついらしい。65p。若い子で賑わっているという。

タラベラ方面の『クリスタルウェイブ』。
260pだから,空いている。有閑マダム(笑)向け。

その他,周辺にはいくつかプールがある。


【病院】

NEパシフィックのそばのDOCTORS,
ターミナルのそばのICMC,
東のPREMIERE病院,
NE高校そばの公立病院など。

私立は入院すると一泊1万pとかになるらしい。

歯医者は後日。

 ★フィリピンと歯医者
 ★フィリピンでのとっさの薬


【車の修理】

あんまり,良くないみたいだ。
ディーラーで点検するのが一番か?


【教育】

大学・専門学校はやたらある。
NEUSTはその代表。
入学試験が必要で,ここに通っている学生は多分頭が良い。

但し,頭が良いと言っても,そこはフィリピンレベル。
総合的な学力は,日本の中3程度じゃないかと思う。
英語以外は著しく学力が劣る印象だ。

他にも,立派なのが,
CIC,WESOEYAN,ARAULLO,LAFORTUNA。
さらに大学,カレッジは合わせて28あるようだ。資料


【移民局】

最寄りの移民局は,クラーク。地図
なお,旅行ビザでの延長は2年までになった。


【水道・電気料金】

パレンケの北に,水道料金・電気料金を払う事務所がある。
場所は,パレンケで誰かに聞けばいいと思う。


【インターネット・PLDT】

PLDTは,NEUSTのそば。
GLOBE,SMART,SUN各社は,NE/PACIFICにショップがある。

電波事情が許せば,SUNがオススメ。
USBにさすタイプであるので,持ち歩きができる。

カバナの電波事情は悪くないが,
少し郊外に出ると,途端に悪くなる。


【犯罪】

ビレッジに行くと,家の塀に有刺鉄線とかガラスとかがない。
それだけ,警戒が緩いんだろう。

しかし,私の知合いのお宅では,以前2回泥棒に入られたという。
私も1回泥棒に入られた。

また,マニラよりも犯罪は少ないと思うが,
殺人事件の発生率は日本の10倍ぐらいある,
と考えたほうがいいし,よく殺人事件を耳にする。

08年に二人の日本人が殺害されたのは記憶に新しい。
強盗殺人だが,いずれも計画的な痕跡がある。

私の知合い・友人も殺された人を何件か目撃している。
夜間の外出,特に人気のない幹線道路は注意したほうがいい。

 ★ドイツ人が2009年以来95人目の外国人被殺害者
 ★邦人殺人(未遂含む)事件一覧


【美人の産地】

カバナは『美人の産地』といわれ,かつてこの街から多くのタレントが
日本に向かった。

確かに,カナバは美人が多いような気がする。
モニュメントで4年間で見かけた美人数を,
僅かカバナ滞在3ヶ月で追い越している感じだw

一つには学生が多いから,
マニラのモニュメントあたりよりも洗練された子が多い。
ナマ足率が高く,また,スカート着用も目立つ。
 ※但し,比レベルというフィルターが必要。


【日本人】

美人の産地,タレント供給地と言われただけあって,
街の中心地を歩くと,日本関係の看板をいくつか見かけた。
そのせいか,田舎なのに日本人率が高そうだ。

日本大使館によると,日本人長期滞在者+永住者
カバナには50人日本人が登録している。

他では(大使館登録人数),
  ターラックが44人。
  アンヘルス174人。
  バギオ100人。
  NEタラベラ11人。
  NEムニョス9人。
  パンパンガ・サンフェルナンド46人。

有名な場所とかマニラ近郊と言うわけではないカバナトゥアン,
案外日本人がいらっしゃるようだ。


【主要カバナトゥアン行きのバス

場所については,地図参照
マニラ周辺のバス会社一覧

カバナトゥアン行きのバスで本数の多いのは,
『FIVEスター』『ESトランスポート』『バリワグ・トランジット』。
バス代は200P弱,注意点は夜間エアコンで寒い

◆FIVE STAR 
運行表とターミナル
クバオととMRTタフト駅そばのマリバイに発着場あり。

SCTEX経由のバスに乗ること。
『SCTEX』という表示が窓に貼ってある。
スービック,クラーク,ターラック高速道路の略だ。

深夜早朝を除き,GAPAN経由は30分以上余分にかかる。
しかし,深夜早朝の場合は,GAPAN経由の方が早いし,
SCTEX経由のバスが殆ど無くなる。


空港から直行する時と,エルミタやマカティで遊んだ時は,
パサイのFIVESTARが便利。

8pmが終便だが,始発は2AM。
早朝なら,3時間以内でカバナへ。

カバナ⇒空港へ行くときは,
パサイ行きに乗り,終点からタクシーで空港に行くと楽。
始発2am,終便8pm。
始発に乗れば,5am前後にパサイに到着する。
但し,昼間はエドサが大変混雑するので注意。

マニラに行くだけなら,バリンタワッグで降りて,
電車を利用するといいかもしれない。

バスのタイプ

◆Baliwag Transit(バリワグ・トランジット)
クバオ・FIVESTARのすぐ隣と,
LRTの5thAVE駅近くに発着場あり。

5thAVE(GRACE PARK)行きを選ぶと,
バリンタワック駅からは離れたところで降りることになる。
バリンタワッグ駅を利用する場合は,
クバオ行きに乗ること。

サンホセ行きのバスもある。
GAPAN経由のバスが目立つ。
カバナ行きの主力バス会社の一つ。

バスのタイプ

◆ESトランスポート

バス停 クバオ バリワグトランジットの隣。

カバナ行きの主力バス会社の一つ。
マニラ行き夜間はクロッシングから発着する。

バスのタイプ

◆VICTORY LINER
フィリピンバス会社の大手。
クバオからトゥゲガラオ行きがある。時刻表
SCTEX経由は1日7本,06:00-19:30。

サンホセにバス停がある。
このバスはゆったりしているが,その分,高いかもしれない。

バスのタイプ

◆GOLDEN BEE
バス停 パサイ,クバオ?
サン・ホセ行き(254p)もある。
baliwag transit系列?
便数は1時間に1本程度?

バスのタイプ

◆GENESIS
バス停 マニラ アベニダ ドロテホセ駅南東
     クバオ ESトランスポートの隣
     パサイ SOGO裏
     カバナ ターミナル
バス会社自体は大きいようだが,カバナ行きは1日数本?

サンフェルナンド行きのバスがある。

バスのタイプ

◆PARTAS PORTATION
バス停 クバオ,パサイ,サンパロック
サンホセにバス・ターミナルがある。
カバナでは運行しているところをたまに見る程度。

サンフェルナンド行きのバスがある。

◆ARAYAT

古い小型バス。
ローカル色満点だが,カバナ・ターミナルから
ほうぼうへ向かっている。

サンフェルナンド行きがある。

ケソン市クバオのバス・ターミナル


続く カバナトゥアンは快適


posted by DEBUO at 18:00 | ヌエバエシハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする