2012年08月30日

日韓関係正常化へ 戦後始めて訪れたチャンス

韓国に特別な思い入れがなくても,
『日韓が対立するのは損』
という人が現れる。そして,
『SWAP協定破棄は日本にブーメランとして跳ね返ってくる』
と忠告する人もいる。

そして,呪文のように繰り返される言葉。
『大人の対応』

うんざりである。


金大中政権のとき,韓国は北に対し『太陽政策』をとった。
結果はご覧のとおりである。
北は核実験をするまでに至り,
その一方で乞食外交を繰り返すばかりであった。

戦後,日本は韓国に対し,まさしく『太陽政策』を行い続けた。
その結果はどうだ?
北同様,韓国も日本に無理筋ばかり言うようになった。


相手を誤解させてはいけない。
外交には『わかりやすさ』は大切なことだ。

チャーチルはこう述懐したという。

  英国は日本に無理難題をふっかけた。
  でも,日本は受け入れてしまう。
  では,とさらに無理難題をふっかけた。
  それでも日本は受け入れてしまう。

  じゃあ,ともっと無理難題をふっかけたら,
  日本は『これだけ譲歩しているのに何故わからない』
  といきなり怒りだして,
  英国の誇る戦艦は沈められるし,
  シンガポールはあっという間に陥落させられた。
  日本は外交を知らない。

忠臣蔵というのは,日本の伝統的なスタイルではある。
こらえてこらえていきなり刃を抜くスタイルだ。

外交は引けば押してくる。それが常識である。
譲歩すれば,それは押しても良い,というメッセージになる。
譲歩しておいて,日本の心情がわからないのか,
といきなり切れられても,相手には通じるはずがない。

『分かりやすさ』とはそういうことである。
黙っていたら,わからないのだ。
大魔神スタイルは日本でしか受け入れられない。

絶えずメッセージを発し,
お互いの行動を先読みできるような関係にすること,
これがお互いの安全につながる。


私はフィリピンに住んでいる。
多くの日本人はこういう。
『これだけ比人のためにやっているのに,
 比人は理解してくれない』

比人にとって見れば,
日本人の思いやりはあまり伝わっていない。
感謝もしていないし,むしろ親切さはつけこまれる。

最悪の場合,日本人は全財産を巻き上げられる。
そして,稀には殺人事件にまで発展することもある。

その日本人はこういうだろう。
最後まで彼らには自分の想いが届かなかった。

これではいけないのだ。


ましてや,外交は国益を戦わせる場である。

韓国は日本に一方的な要求をしてくる。
それは韓国に限ったことではない。
同盟国のアメリカでさえ,どれだけ日本に煮え湯を飲ませたか。

譲歩は弱さを表明するに過ぎない。
アメリカのイチャモンが通ったのは,アメリカの国力ゆえだ。
日本は弱いから,アメリカの言い分を聞かざるを得なかった。


だが,韓国の言い分は事実関係に基づいていない。
アメリカのような戦略的思考などどこにもない。
誤解に基づく,或いは一方的な思い込みに基づくにも関わらず,
日本はずっと譲歩し続けた。

3歳児のような妄想に基づく思い込みに
なぜ日本は付き合わなくてはならないのか?
あまりにも理不尽ではないか。



より正常な日韓関係を目指すのであれば,
どこかの地点で大きな修正を加えるしかないだろう。
日本が刃を抜く前に。

それが現在である。
戦後約70年たって,始めて訪れた状況だ。
これは多少の経済的不利益を折り込んでもモノにすべきだ。


少し前であれば,
韓国の言い分に反対を表明しようものなら,
『妄言政治家』として責任を取らなくてはならなかった。
その場合,日本のマスコミも大きな役割を担っていた。

だが,冷戦構造が変化し,
北朝鮮はすっかり信用をなくし,
左翼が世界的に力を失ない,
ネットの発達によってマスコミ主導ではなく,
個人の判断力が飛躍的に向上している現在,
日韓の歪な関係を修正しなくてはならない。


もっとも,例えばICJで竹島の日本領有が認められたとしよう。
しかし,韓国はそれを認めないだろう。
ICJの裁判官を買収したとか,
日本の国力ゆえに竹島がとられたとか,
ありもしない言い訳をして,ますます日本を憎むだろう。

それでも構わない。
日本と韓国は遠い隣国である。
わざわざ,お近づきになるほどのものでもない。
素っ気ない関係,私は日韓関係にそれを望んでいる。

韓国の非難など鼻でせせら笑う程度のものでしかない。
『大人の対応』とは,事なかれ主義のことである。
『良い人』であることから日本は脱却しなくてはならない。

敬して近づかず。
合理的な判断のできる関係,
少なくとも日本側はそうであって欲しい。

posted by DEBUO at 10:00 | 東アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

韓流 笑い話

次の笑い話?はだいぶ前からネットに流れているもの。

@
 日本人「我々が歴史を変えてみせる」
 韓国人「我々が歴史を変えてみせる」
A
 日本人「娘さん可愛くなりましたね。ちょっと抱かせてください」
 韓国人「娘さん可愛くなりましたね。ちょっと抱かせてください」
B
 日本人「犯罪で捕まるなんて馬鹿だな。親はどういう教育をしたんだ」
 韓国人「犯罪で捕まるなんて馬鹿だな。親はどういう教育をしたんだ」
C
 日本人「『少し見ない間に美人になったね』って言われます」
 韓国人「『少し見ない間に美人になったね』って言われます」
D
 日本人 「技術は、教えてもらうものではなく、盗むもの」
 韓国人 「技術は、教えてもらうものではなく、盗むもの」
E
 日本人「犬が大好きです」
 韓国人「犬が大好きです」
F
 日本人「人の嫌がることを進んでします」
 韓国人「人の嫌がることを進んでします」
G
 日本人「日本人らしく振舞うようにと教育されました」
 韓国人「日本人らしく振舞うようにと教育されました」
H
 日本人「息子は小さいんですよ」
 韓国人「息子は小さいんですよ」
I
 インド人「我々が発明したものは0である」
 韓国人 「我々が発明したものは0である」



解説


@韓国人は自分の都合のいいように歴史を捏造する。

韓国人は自分の都合のいいことなら嘘でも信じこみやすい。
また,都合が悪いことは真実でも拒否する強い傾向がある。
非常に主観的な人が多いと言われている。


A韓国人の強姦率はアジアでダントツNo.1。


韓国強姦.jpg

これは私の推測であるが,
韓国人は身近な女性に対する性犯罪が非常に多い。

韓国の犯罪の特長は,上記強姦率の高さ以外にも,
詐欺・横領,偽証罪,暴力事件が多い,日本の数十倍,という特長がある。
一言でいって,韓国は非常に粗暴な社会である。


B韓国人は捕まらなければ何やってもいいと思っている。
韓国で恥を感じる時とは,自分が非難された時。
悪いことをしているという理解はあっても,
それ自体を恥ずかしいとは思わないようだ。

  国民10人に4人「法律守れば損をする」、10人に8人「法律が守られていない」

  日本での刑法犯の外国人検挙数(警察庁)
  窃盗 1位 中国人  2位 韓国・朝鮮人
  殺人 1位 韓国・朝鮮人  2位 中国人
  放火 1位 韓国・朝鮮人  2位 中国人
  強姦 1位 韓国・朝鮮人  2位 中国人
  暴行 1位 韓国・朝鮮人  2位 中国人
  傷害 1位 韓国・朝鮮人  2位 中国人
  脅迫 1位 韓国・朝鮮人  2位 中国人
  恐喝 1位 韓国・朝鮮人  2位 中国人


C整形

Dパクリ国家

サムスンの携帯,アメリカでパクリ認定されたが今後の成り行きに注目だ。


E韓国人は犬を食べる
食文化。それ自体は非難されることではない。


F韓国人はひょっとすると世界一嫌われている民族かもしれない。
2011年のBBC調査で,ワースト5は,
ロシア、イスラエル、北朝鮮、パキスタン、イラン。
これらの国は,国家体制が嫌われていると考えられる。

韓国は好感度ワースト6位。
韓国は曲がりなりにも民主主義国家である。
つまり,韓国人そのものが嫌われている可能性が強い。

相手がどう思っているのか,という発想がないのか,
或いは常識に欠けるのか,韓国人はかなり自分勝手な人たちだ。

mqf0it.jpg



G『アイアムザパニーズ』
海外では韓国人が日本人を詐称することが多いという。
特に,非難されるようなことをしでかしたときは,
『アイアムザパニーズ』で逃げるらしい。


H韓国人のペニスは世界一短いらしい。

9cmzannenkoreanw1.jpg


Iそのまま。あれだけ創造性のない民族は珍しい。 

 日本
韓国
ノーベル賞(自然科学分野)
ノーベル賞(人文学分野)
フランクリン・メダル(科学等)
ボルツマン・メダル(物理学)
J・J・サクライ賞(物理学)
バルザン賞(自然・人文科学)
クラフォード賞(天文学等)
IEEEマイルストーン(電子技術)
ウィリアム・ボウイ・メダル(地質学)
ホロウィッツ賞(生物学)
コッホ賞(医学)
ラスカー賞(医学)
ガードナー国際賞(医学)
ウルフ賞(科学、芸術)  
プリツカー賞(建築)
フィールズ賞(数学) 
ピューリッツァー賞(報道)  
アカデミー賞(映画)  
グラミー賞(音楽)  
エミー賞(テレビ番組)
世界3大映画祭グランプリ    
(カンヌ、ヴェネチア、ベルリン)
15
2
7
2
6
3
2
10
2
1
4
6
9
9
5
3
3
4
4
2
8

0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0

日本ほどではないが,他の主要アジア諸国でも,いくつか賞を取っている。
例えば,イラン映画は有名だし,数学フィールズ賞受賞者にベトナム人がいる。


参考:
最もクリエイティブな国・都市」は日本・東京 でも日本人は自信がない
──Adobe調査

 
posted by DEBUO at 11:49 | 東アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

脆弱な韓国経済 その2 貧相な金融業界

韓国のメジャーな銀行は外資

古い数字であるが,SCB、信金中央金庫が出したデータによると、
2006年現在、韓国主要銀行の外資比率は次の通りである。


国民銀行85.68% 、ハナ銀行72.27% 、新韓銀行57.05%
韓国外韓銀行74.16% 、韓美銀行99.90% 、第一銀行100.0%

主要銀行のうち,韓国資本なのは,
ウリ銀行(外資比率11%)だけとされる。

金融とは経済の血液である。
主要銀行が外資である,ということは,
経済の動脈が外国に握られているということだ。
つまり,【経済植民地】である。



2011年秋の韓国の状況

去年の秋は,ギリシャショックで欧州が大揺れしている時だった。
韓国の金融機関はそのあおりをまともにくらった。
資金調達が海外で難しくなり,債務の延長拒否,貸し剥がしが起こったのだ。
  2011-10-26
  新韓・ハナ银外貨借入に支障...ドル確保、緊急
  2011-09-26
  輸出入関連の貿易金融を除いて...銀行外貨融資中断
  2011-09-26
  "フランス - イタリアの銀行、韓国満期延長拒否"
  2011-10-10
  欧州銀行、アジア市場での資金回収に乗り出す可能性も
  特に、韓国、中国、シンガポール、香港が多くの資金調達

しかも,ドルやユーロを調達しても,韓国の主要銀行の親会社は欧米にある。
欧米も金に困っているので,韓国主要銀行が調達した外貨は,
そのまま欧米の親会社に行ってしまうことになる。

かといって外資を調達しなければ,貿易をしている韓国企業が困ってしまう。
まさしく,【経済植民地】である。


だから,李大統領がSWAPに血眼になった理由もわかるというものだ。
韓国では,資本逃避が度々起こる。
そのたびに経済危機になる。

ちなみに,昨年度の直接投資を見てみると,
外国企業による韓国への昨年の直接投資額は137億ドル。
韓国企業による海外投資額は445億ドル。
海外投資規模,資本の純流出額は過去最高だった。

海外企業は韓国への投資をためらいがちなのに対して,
韓国企業も自国への投資を控える傾向にある。



庶民向け貯蓄銀行の破綻

韓国の主要銀行は,欧米の経済植民地となっている。
では,規模の小さい銀行はといえば,ボロボロである。

韓国の貯蓄銀行は,日本で言う信用組合に相当する。
地域の個人や中小企業が利用する銀行である。

この貯蓄銀行に破綻が相次いでいる。
去年から合わせて20行以上が破綻し,
取り付け騒ぎもおきているという。

背景には,個人債務が著しく増加していること,
あわせて個人破産も増えていることもあるのだろうが,
むしろ,『銀行の私物化』に原因があるという。
  2012-05-24
  取り付け騒ぎも起こった韓国「貯蓄銀行20行破綻」の顛末
  2012-8-17
  釜山貯蓄銀行に破産宣告 釜山地裁
  2012-05-06
  貯蓄銀行4行、営業停止の見通し


韓国は中小企業が育たないと言われるが,
一つには,庶民に対する融資制度が貧弱ということもある。
貯蓄銀行で車のローンをしようと思うと,20%ぐらいの利率になるという。

それでも借りられるだけましで,信用のない人はサラ金に行く。
サラ金は上限金利が39%だ(昔はずっとひどかった)。
サラ金でもダメな人はもう闇の世界になる。

  2012-08-22
  韓国、消費者債務が危機的水準に増加
  2012-08-24
  家計負債がまた増加、過去最大の922兆ウォン=韓国

もっとも,韓国人は上から下まで借金を返したがらない。
返したくても,韓国人の経済格差はアメリカ並。
一流企業なら日本並か日本以上の高給になるのに対し,
多くの人は月給10万円程度だという。
それも就職できたらの話で,実質失業率は10%を越えるという。

貸し倒れを考えると,高金利になるのは止むを得ないのだろう。



吹き荒れる金融業界不況

韓国の銀行は上から下まで大変な状況にある。
当然のように,今年は銀行にリストラの嵐が吹き荒れているという。

  金融業界に不況直撃 人員・給与10%削減へ=韓国
  2012-08-13
  資金調達に血眼、大企業が非常事態経営[経済]
  2012-07-07
  韓国経済、証券市場の資金調達機能"麻痺・・・リーマンショックよりも深刻
  2012-08-10
  建設・造船・金融の3業界にリストラの嵐


日本のマスコミはサムスンなどの大企業しかスポットに当てないことが多い。
しかも,都合のいい数字を並べがちになる。

しかし,韓国人の多くには好景気感など微塵もないだろう。
何しろ,経済成長率よりも物価上昇率の方が高い。
韓国は,実質マイナス成長なのだ。
  2011年 韓国の経済成長率 3.9%
  2011年 韓国の物価上昇率 4.1%       

韓国の主要銀行は欧米の経済植民地,
庶民向け金融機関は破綻の嵐。
私はフィリピンに住んでいるが,フィリピンの金融機関でも,
ここまでひどくはないのでは,と思わされる。


.



.
posted by DEBUO at 00:00 | 東アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月27日

脆弱な韓国経済 その1 韓国がSWAPを必要とする理由

日本政府の借金(債務)は1000兆円ある。
だから将来必ず破綻する,などというのがおかしいことは,
世界的に周知されつつある。

経済オンチの韓国の新聞にさえ,
そういう論調が乗り始める昨今である。

理由の第一は,外国通貨建ての外債が少ないからである。
円建てであれば,円を増刷すれば債務の返済にあてることができる。
インフレはまた別の問題である。

しかし,外国通貨建てであればそうはいかない。
手持ちの外国通貨で債務の返済にあてなければならない。

だから,1000兆円もの債務があったとしても,
日本の国債は金利が低いままである。

逆に,債務が少なくて政府の財政が黒字であろうとも,
手持ちの外国通貨が少なければ,簡単にデフォルトする。


短期外債の多い韓国政府

外国建て債務のうち,
直近で問題になるのは短期外債である。
短期外債とは,1年以内に満期を迎える債務。

  06年第3Q 韓国短期外債 $1080億 対外債務の合計$2494億
  参考
  10年末 韓国短期外債 約$1500億 対外債務の合計 約$4020億
  参考
  その後,短/長期債務ともに減少したが,今年に入り増加し始めたという。
  12年末 韓国短期外債 約$1414億 対外債務の合計 約$4186億
  参考

韓国の短期債務については,もう一つ懸念がある。
50%以上を中国に頼っていると言われていたことだ。
(現在はわからない)
2011年には中国が短期債務の返済猶予期限延長を拒否したという。
(ソース失念)



さて,韓国政府は,外貨準備金が多いから心配するなという。
  韓国の外貨準備高3158億ドル 過去最高に

韓国の外貨準備高は世界7番目である。
ところが,韓国政府の外貨準備高,以前から疑惑の目が注がれている。
真水部分が少ないのではないか,と見られているのだ。

準備金の内訳

準備金の内訳
  有価証券が2895億ドル(91.7%)
  預金が179億7000万ドル(5.7%) 安全
  国際通貨基金(IMF)の特別引出権(SDR)が35億6000万ドル(1.1%)安全
  IMFリザーブポジションが26億ドル(0.8%)安全
  金の保有量は21億7000万ドル(0.7%)安全
  韓国銀行 

このうち疑惑の目が注がれるのは有価証券。
ジャンク債が多く含まれていると見られている。


米国債やジニ―メイといった米国政府保証付は、全体の20%程度。
残りの多くは,ジャンク債とされる
GSE債(ファニーメイ・フレディマック),CDO債などと見られている。

となると,韓国の外貨準備高の内,流動性の高いものは,
最悪4分の一,よく見ても半分程度しかない,ということになる。

つまり最大に見積もっても約1600億$。
最悪だと,韓国の実質外貨準備高は1000億$未満である。
短期外債は約1400億$。


また,米国債を売ることができるのか,という疑問もある。
韓国の保有米国債は額が小さいから,
米国債を売ること自体に問題はないが,
米国債保有はその国の信用を高めている。
その信用を売るわけだ。

参考米国債保有額 アジア国家・地域(昨年12月)
  1.中国
  2.日本
  3.台湾
  4.香港
  5.シンガポール
  6.タイ
  7.韓国
  8.インド
  9.トルコ
  10.フィリピン

こうして眺めると,韓国の順位に違和感を感じる。



韓国は,政府・企業・家計ともに借金まるけである。
そのうち政府を見ただけでも,上記のとおり非常に不安定だ。

  欧米で金融危機
  ▼
  韓国への投資引き上げ
  ▼
  韓国の破綻

これが容易に起こりうる。
だから,韓国にとってSWAP協定は命綱なのである。

SWAPは絶対額の多寡もあるが,
それよりも,外貨準備金NO1・2である日本と中国が支えている,
ということが大切だ。

つまり,韓国は日中の信用を背景としているのである。
そのうち,日本がSWAPから手をひく。

これが欧米の投資家にどのように映るか。
欧州危機はこれからが本番かもしれない。
中国は明らかに成長が鈍化している。
アメリカもQE3をほのめかし始めた。



秋にどのような経済状況になるのかはわからないが,
世界危機はいつ起きても不思議ではない。
その時,韓国はどのツラを下げて日本に頭を下げるのか。

SWAPは最低限,増加分はやめるべきである。
完全に廃止する,というのは無理かもしれないが。
野田首相,腰砕けするなよ。




.
posted by DEBUO at 13:45 | 東アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月26日

尖閣は日本の領土

尖閣は日本の領土である。
以前,当ブログでも触れたことがあるが,一部再掲する。

尖閣諸島が日本のものである理由

◆国際法

国際法によれば、尖閣諸島がどの国のものかは、
  誰が実効支配をしたのか
というのが重要である。

実効支配と認められるには、
他国から異議が唱えられないことが要件の一つ。

◆中国は76年間、日本の支配に異議を申し立てなかった。

1895年に日本が尖閣諸島を領有化してからの流れは以下の通り。

  1995年に日本が尖閣諸島を、南西諸島の一部として沖縄に編入
    (国際法の手続きに基づく)
  その後、尖閣諸島の魚釣島にて日本人実業家が鰹節工場を運営
  1952年のSF講和条約で、南西諸島が米軍管理下となる(三条)
  1972年の沖縄返還で南西諸島は日本に返還される

1895〜1972年の間に,中国や中華民国(台湾)が何をしたかというと、

  1968年に尖閣諸島付近に巨大油田が発見される
  1971年中国と中華民国(台湾)が尖閣諸島の領有権を主張

つまり、国際法に基づいて日本が領有を宣言した1895年から、
1971年までの76年間、彼らは何も主張しなかったのだ。


中国が尖閣を領有していなかった証拠

中国(中華民国)が尖閣を日本の領土と認めている証拠がいくつかある。

尖閣感謝状.jpg

1920年,尖閣付近で難破した中国漁船を日本が救助した。
その時の,中国政府から日本への感謝状である。

『日本帝国沖縄県八重山郡尖閣列島内和洋島』とある。

和洋島とは,先日,香港の保釣行動委員会が上陸した,魚釣島である。
中国政府はその魚釣島の所在地を
日本帝国沖縄県八重山郡尖閣列島』と表記している。
  参考

こんな発見もあった。
  明の上奏文に「尖閣は琉球」と明記 中国主張の根拠崩れる

中国人からも『告発』されている。

広東の企業幹部が「尖閣諸島は日本領土」、中国版ツイッターで発言、
人民日報記事など証拠挙げ、賛同広がる

2012.8.25 01:14


【上海=河崎真澄】中国広東省の民間企業幹部が24日、中国版ツイッター「微博」で「1949年から71年まで中国政府は釣魚島(尖閣諸島)を日
本の領土と認めていた」と異例の発言をした。日本領有を示す53年1月の中国共産党機関紙、人民日報の記事や、複数の公式地図など根拠を挙げている。


尖閣は明白な日本の領土である。
しかし,尖閣付近に油田が発見された瞬間,
彼らは領土を主張し始めたのだ。


南沙諸島と非常に似ている。なんと浅ましい国だろうか。

中国は手強い

中国は尖閣を奪いとろうとしているのは,
資源に加えて,軍事的な目的がある。
 拙ブログ:地政学と沖縄その1・2

中国側に分がないことを,彼らは百も承知だ。
だから,彼らはICJに訴えることはしないし,
紛争地域に昇格させるために,度々尖閣付近で騒動を起こす。

そして,ここが韓国と全く違うところであるが,
彼らは,旺盛に尖閣についての歴史研究を進めているという。

そして,その結果を『政治宣伝戦』でもって展開する。
何しろ,中国人は数が多い。
しかも,欧米にもここ日本にも親中の人々が大勢いる。

親中でなくても,彼らの論調に無意識に影響されていく,
そういうことが世界的に起こりうるのだ。

韓国の知性の欠けた対応とはまるで違うのだ。

これは私の購読しているメルマガである。
  【アメリカ通信】尖閣衝突の「前提」を考えよう

.
posted by DEBUO at 00:00 | 東アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月25日

【祝】日韓戦後体制の終了 野田首相,あなたは偉い。





竹島に関しては,1965年に日韓平和条約が締結されたときに,
【密約】がなされたとされる。

これについては,平成十九年三月三十日,
鈴木宗男議員の質問に答える形で明らかにしている。

竹島問題をめぐる日韓密約に関する質問主意書
竹島問題をめぐる日韓密約に関する質問に対する答弁書
政府の返答内容は次の通り。

◆政府としては,密約の存在を認めていない。

◆大韓民国で発行されている月刊誌「月刊中央」に、
 次のような内容が掲載されたのは確認している。

「解決せざるをもって解決したとみなす。したがって条約では触れない。」
とする「秘密協定」が署名されており、これには、

@竹島は今後、韓日両国が自国の領土であると主張することを認め、
 同時にこれに反論することには異議を提起しない。

A将来、漁業区域を設定する場合、
 両国が竹島を自国領土とする線を確定し、
 二つの線が重複する部分は共同水域とする。

B現在、韓国が占拠している現状を維持する。

Cしかし、警備員を増強したり、新しい施設の建築や増築は行わない。
 両国はこの合意を引き続き守っていく。

 との「附属条項」が付されていたとされている。


密約があったのかと言われれば,政府の公式見解は【無い】。
その先は,想像でしかない。


ただ,少なくとも日本側の対応としては,
この密約に沿う形で竹島問題が推移してきた。

  以前は竹島は資源的な価値があまりなかったこと。
  半島への贖罪意識(GHQと左翼に埋め込まれたものだが)
  冷戦構造で離反しあうのは得策ではなかった
  アメリカの要請もあったと思われる。

と言った背景が考えられる。

つまり,竹島問題は曖昧にし,お互い様で管理していこう,
とするもので極めて日本的な解決策をとったのだ。


ところが,その後の展開は日本の一方的な譲歩である。
今回など,李大統領が竹島に上陸,陛下に卑下発言を行ったあげく,
首相からの親書を送り返してくる,という信じがたい行為に及んだ。

ノムヒョンは在任中,【外交戦争】だ,と発言した。
それをはるかに上回る行動である。

それに対する野田首相の覚悟が上記の映像である。
今回の会見内容は,

  『誠に遺憾の極み』
  『看過することはできない』
  『不退転の覚悟で臨む決意』
  『竹島は歴史的にも国際法上も日本の領土である』
  『戦後,韓国は力をもって不法占拠を開始した』

非常に明快である。
韓国に対する配慮・遠慮が必要なくなった,とする声明だ。

この瞬間,戦後21世紀に入ってまで続いてきた
『竹島密約』が破棄された。

日韓関係は新しい時代に突入した。
韓国に媚びへつらうような日本政府の対応を今後はしない,
ということである。


これには拍手をしたい。
特に韓国には日本的な温情をかけてはいけない。

韓国は受けた恩をすぐに忘れる。
忘れるどころか,もっとよこせと手を出してくる。

この時,韓国人の中では,
『恩を受けたのは自分が特別だから』
だとか,そういう心理転換がなされる。

だから,恩を忘れる,というよりも,
恩を受けて当たり前,と考えるのが韓国人である。
恩を受けたことで下になるのが嫌なのだ。
だから,ますますつけあがるし,平気で裏切る。


次は,「米軍による韓国兵の扱いマニュアル」

  @韓国人には強気で押せ。抵抗する場合は大声で命令しろ。
  A命令を聞かない場合は身体で解らせろ。
  B同じことを繰り返す場合、犬のように何回でも同じように叱れ。
   こちらが上ということを身体で解らせろ。
  C理由は聞くな。どうせ大したことは言っていない。
  D身体で解らせた場合、根に持つ場合があるので、
   後で身辺には気をつけて行動しろ。
   但し、徹底的に解らせる迄、手を抜いてはいけない。
  E相手は3才児と思い、信用したり頼りにはするな。
   重要な仕事は任せるな

これが本当に米軍に存在したのかどうかは不明だが,
この取扱いマニュアルは今でも通用する。


韓国人には水平的な人間関係はない。
絶えず,上下関係を作ろうとする。
年齢,性別,学歴,所属団体,地域,先祖・・・
あらゆることが韓国の上下関係を規定していく。

韓国人は日本人的な優しさを『弱さ』と勘違いする。
弱いということは下に見られる,ということなのである。

韓国人に対しては絶えず『上』であることを示す必要がある。
上に立つものは,横柄にふるまっても良い,
むしろ,横柄に振る舞うべきだ,というのが韓国人的な考え方である。

逆に,下と思われると,何をしても平気,ということになる。
だから,韓国人は必死に上下関係の上になろうとするのだ。


戦後の韓国への思いやり政策は誤りであった。
状況的に仕方がなかったかもしれないが,
韓国jは感謝していない。
韓国を思い上がらせるだけであった。

昔は,韓国人が金持ちになればきっと物分かりが良くなる。
とする論調が主流だった。

私は,韓国人は金持ちになればなるほど,
日本人を卑下してくるだろう,とずっと思っていた。
韓国人とはそういう人種である


さて,上記動画,韓国人が何か言っている。
  C理由は聞くな。どうせ大したことは言っていない。

私は,日韓は武力こそ使わないだろうが,
『戦争状態』に突入した,と考えている。

過去には,ノムヒョンが海保への発砲を指示した,
とされる事件もあったので,注意は必要だが。

スマートに韓国を追いつめてもらいたいものである。
しかし,このような日を民主党主導で迎えようとは。


.
posted by DEBUO at 01:20 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

尖閣騒動

尖閣上陸成功を宣言=中国国旗立てる−香港団体

このニュース,私は強い関心がなかった。
上陸した保釣行動委員会は,
いわくつきの活動家だからである。

2006年にもこの団体が尖閣を目指したことがある。
私の古いブログで恐縮だが,その時の投稿。
  中国政府,頭抱える 保釣二号

この団体,思想的な背景はない。
天安門事件に反対したり,
中国の国旗を焼いたりしたかと思えば,
尖閣に上陸する。

何を目的としているのか,よくわからない。
プロ活動家,という人もいるが,
騒動屋,という表現がぴったりくる。

2006年の尖閣突撃には北京はタッチしていない。
私はそう睨んでいるし,
今回の事件も北京の思惑の外で行われた,
と思っていた。


だが,今回の竹島騒動で尖閣関連ニュースを眺めていたら,
こんな記事に出くわした。

保釣行動委員会をバックアップするのは,
中国人民政治協商会議(政協)委員の劉夢熊氏。
中国人民政治協商会議とは
  中国政治協商会議全国委員会は各民主的党派や、
  人民団体、各民族及び各界の人々が政治に参加し、
  協力しあう重要な場所となっており、
  中国でレベルの最も高い協商諮問機関とされています。
  参考


つまり,保釣行動委員会は北京のお墨付きをもらっていた?
しかし,釈然としない。

時期的に,北京は書記長交代であまり揉め事を増やしたくないだろう。
2010年の尖閣騒動では,世界中の対中警戒心を煽りたて,
中国的には大失敗であった。

それに,この団体,中国の旗とともに台湾の旗も掲げている。
北京の回し者としては,おかしくないだろうか?

保釣国旗.jpg
保釣行動委員会,尖閣での逮捕時。中国と台湾の国旗がある。

北京の回し者としては,かなりお粗末だ。

で,考えてみた。反北京派の策動か?
少しググってみたが,よくわからない。


日本政府の反応

今回は2010年のような派手な行動は取らず,
運動家の上陸⇒逮捕⇒すぐリリース
という経緯をたどった。
昔の自民党と同じ対応である。

極力,騒動を起こさず,
最低限の日本の主権を行使(日本の法律により逮捕)した,
というところだろう。

民主党としては,上出来である。
尖閣で騒動を拡大せず,
国内法に従って粛々と処理する,というのは大切なことである。

そもそも相手は得体の知れない民間団体だ。
しかも,裁判処理などをしていると,
中国につけいる隙を与えるし,
また,共産党としてもあえて強気に出なくてはならない。

共産党は2010年と同じ結末を迎えたくないであろう。
アメリカからも,再度こんな発言を引き出してしまった。

  尖閣諸島「日米安保を適用」 米高官、日本の立場に理解


どうにも,中国側の意図がわからない。
石原氏の尖閣購入や政府の尖閣国有化の動きに対する牽制,
或いはそのことに対する中国民のガス抜きか何かというのは
背景として考えられる。
事を深刻にしないために,わざわざ胡散臭い団体をつかったのかもしれない。


相変わらず不整備,民主党の怠慢

ただ,日本側が問題にしなくてはならないのは,
2010年の反省を受けて,
法律的な整備と警備体制の強化が進んでいるか,
ということである。


海保は警備強化に務めている。
  海保、尖閣警備を強化 巡視船追加

だが,今回は香港の団体に上陸を許してしまった。
前原氏はこのような発言を行なっている。
  尖閣警備の強化検討 前原氏が言及

いや,その前に政府がしっかりしない限り,
海保は及び腰になるだろう。


政府は2010年以降,尖閣に関しては無策だったようだ。
  【尖閣上陸】無策のツケ 「領域警備法」不整備

東北震災とかは言い訳にならない。
震災前に政府が尖閣の法整備に邁進していた,
という記憶が私にはない。


こんな記事もある。
  「領域警備法」官邸は“及び腰” 中韓に配慮?藤村官房長官が否定

今回は,得体の知れない団体であったから,
昔の自民党のやり方を踏襲しても問題なかったかもしれない。

しかし,尖閣問題は昔とは違う。
中国が領土野心をむき出しにしている現在,
領域警備法のような法整備は是非とも必要だ。


法整備不備,という民主党の体たらくを見るにつけ,
中国が得体の知れない団体を送り込んだのは,
斥候という意味合いもあったのかもしれない。

2010年以後の日本側の対応の変化を見極めるためである。
その結果,やはり民主党政府は腰砕けしていたという。


確かに,尖閣に関してアメリカは日米安保の適用に言及する。
しかし,尖閣を守るのは第一に日本である,
という大前提がある。

日本が守る気がないのに,アメリカは正面切って口出しをできない。
いくら尖閣/沖縄防衛がアメリカの国益に沿うとしてもだ。
裏から手をまわすしかない。

石原氏の尖閣購入にしろ,議員や民間人の尖閣上陸にせよ,
政府からすれば『余計なことをするな』であろう。
波風をたてないのは基本であるし,
また,波風を収める技量は民主党にはない。

しかし,法整備を推進してこなかった民主党に,
石原氏や上陸しようとしている民間人に文句を言う資格はない。

尖閣は明らかに中国に狙われている現在,
無策の民主党に相当な焦燥感を覚えるのは当然である。
posted by DEBUO at 00:00 | 東アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月24日

竹島・尖閣・北方領土

韓国では,日本は尖閣や北方領土ではおとなしくしているのに,
どうして竹島だけ騒ぐのか。
韓国が小国だから,見くびっているのだ。
と相変わらず見当違いのことを言っているらしい。

竹島に大統領が上陸した意味,
大統領が天皇を卑下した意味,
その重大さに気づいていないらしい。


尖閣


尖閣は日本の領土であると日本政府が主張し,
日本が管理・支配している。

先日の尖閣騒動でも,香港の運動家を日本の法律でもって逮捕した。
また,尖閣には紛争がない,というのが日本の立場である。
つまり,ICJに提訴する理由がない。


尖閣でICJに提訴するのは,中国の役割となる。
だが,中国はICJには提訴しない。
負けることがわかっているからだ。或いは,ICJを信用していない。
中国はいいがかりをつけて,尖閣を紛争地域にしたいだけなのだ。

もちろん,中国が提訴した場合は,日本は無条件で裁判に応じる。
日本は提訴された場合,応訴する義務があるのだ。
(選択条項受諾宣言という)


中国が尖閣を武力で占領したとしよう。
日本が尖閣を取り返すには,戦争かICJしかない。

ICJで日本が勝訴したとする。
しかし,中国は裁判結果を無視して尖閣をどかない。

安保理では,中国は拒否権を発動するから,
安保理は役に立たない。

つまり,中国が尖閣を占領したら,取り返すには戦争しか無い。


尖閣の問題は,韓国にとっても重要な問題なのだが。
尖閣/沖縄を中国に抑えられたら,
韓国のシーレーンも中国に抑えられることになる。

だから,本来ならば尖閣問題に関しては
韓国は日本に味方すべきなんだが,
大多数の韓国人にとっては考えたこともないのだろう。

なお,先日の尖閣騒動については,稿を改める。


北方領土

1972年に,日本はソ連にICJへの付託を提案している。
この時はソ連から拒否されたが,
翌年,田中・ブレジネフ会談において日ソ共同声明。
日ソ間の諸問題を解決した後,つまり北方領土問題を解決後,
平和条約を締結することが合意された。

つまり,現状では領土問題解決に向けて話し合いの最中で,
ICJに提訴する必要がない。

もっとも,現状ではICJで勝訴しても,ロシアは判決に従わないだろう。


ICJでの判決の実効性については,竹島も同様であろう。
仮にICJで日本が勝訴しても,
韓国は竹島からどかない可能性が強い。

もっとも,韓国が判決に従わない場合,
中国やロシアと違い,日本は韓国に対して,かなりの強硬手段をとれる。

それは,『竹島海戦 その1』で触れているとおり,
実際の戦争という意味ではない。
経済制裁だけでも,韓国に相当の打撃を与えることができる。

また,国際社会の目も非常に厳しくなるであろうから,
韓国が判決を無視した代償は非常に大きいものになるのではないか,
と考えられる。


.
posted by DEBUO at 00:36 | 東アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月23日

竹島は「韓国の不法占拠」 玄葉外相が明言

竹島は「韓国の不法占拠」 玄葉外相が明言
日経

故金正日が拉致を認めた瞬間,
日本の北朝鮮に対する姿勢が180度転換した。

それ以前は,『北朝鮮』と呼称するようなものなら,
すぐに『朝鮮民主主義人民共和国』と呼べ。
などと大変なクレームが入ったものだが,
あれ以来,北朝鮮という呼び方が一般的になった。

それまでにも,北朝鮮ミサイル問題や工作船問題など,
日本を揺るがす事件があったのだが,
拉致事件ほどのパラダイムシフトは起こらなかった。


イ・ミョンバクの天皇卑下発言も,
日韓関係のマイルストーンになるかもしれない。

通常の日本人は韓国に興味がない。
韓流好きでも,日韓の政治には興味がない。

また,特定の国を悪し様に言うのは,
教養や社会的地位にある人のとる立場ではなかった。

だが,今回の李発言により,
日本のあらゆる階層に,『嫌韓』が浸透した。

李大統領は日本の聖域を犯したのである。


民主党政府閣僚の『不法占拠』発言は,
そうした日本のセンチの一例であろう。

民主党は親韓団体である。
もっと言えば,韓国寄り勢力から金をもらっている。

竹島に関しても,民主党は韓国に配慮して,
『不法』という言葉を明言することを避けてきた。
その民主党をして,今回の強硬態度である。

もちろん,民主党は親韓政党ということもあるが,
日韓の摩擦を避けたい,という配慮も働いていたのだろう。
中国を眺めれば,日韓の摩擦はマイナスである。

しかし,このところの政府の対応を見ていると,
現状では落とし所を探る気配もない。
政府だけでなく,
これほど明確な態度を日本人が見せるのは極めて珍しい。


日本人は普段,怒りを見せない。
怒りを見せるのは,食い物に関することだけ。
と自嘲してきた。

そこにあらたな要素が加わった。
日本人は,食い物と天皇に関することには怒りを見せる。
しばらくは,民主党にはとことん行ってもらいたいものである。


さて,しばらく韓国シリーズを続けようと思う。
私が嫌韓だから,というわけではなく,
韓国をどう扱うか,という観点から,
日本の政治経済の立ち位置が
浮かび上がってくるような気がするからだ。


posted by DEBUO at 15:50 | 東アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月22日

竹島海戦 その2

竹島海戦は15分で日本の圧勝に終わる。

2006年に『竹島で日韓もし戦わば』というレポートが韓国人により発表された。
韓国海軍は3時間で自衛隊に殲滅される,という内容である。参考

2011年にも朝鮮日報に『日韓軍事衝突検証』が掲載され,
1日で独島(竹島)は日本に奪われてしまう,とレポートした。参考

この朝鮮日報のレポートによると,
 「潜水艦も対艦ミサイルもヘビー級対フライ級」
 「対潜水艦戦力は大人と子供の違い」
 「海上警察は航空機の面で比較にならず」

だが,朝鮮日報のレポートは主に海軍対決の面から比較している。
そんな戦争はありえない。

艦艇対艦艇とか戦車対戦者とか戦闘機のドッグファイトとか,
そういう個別の対決はわかりやすいが,
現代戦ではそういう状況は起こりにくいとされる。

レーダー網,制海,制空権の確保そうした総合的な戦争になるからだ。

レーダー網の差

自衛隊のレーダー網は網の目のように日本にはりめぐらされている。
衛星とリンクするイージス艦も日本は6隻,韓国は1隻。
韓国のイージス艦のデータリンクにはいろいろな制限がある模様。
早期警戒管制機も,自衛隊はE3,韓国はE737。

日韓のレーダー網の差により,
自衛隊は韓国軍よりもずっと先んじて相手の行動を監視できる。


F2/P3C部隊から対艦ミサイル発射

韓国軍の艦艇に対しては,
F2攻撃機とP3C哨戒機から同時に
最大800発程度の対艦ミサイルが発射される。

レーダー網の差より,発射も韓国軍を先んじることができる。
しかも,このミサイルは100km以上外側から発射される。


15分で大勢が決する

韓国軍がミサイルに気づいても,防ぎようがない。
自衛隊の対艦ミサイルASM2は妨害電波等にも惑わされずに,
対象に一直線に進んでいく優秀なミサイルだ。
しかも800発。

どうやって防ぐというのか。
しかも,韓国軍の艦艇は防空能力が貧弱と言われているのに。

F2/P3C部隊がミサイルを発射した時点で,
竹島海戦は雌雄が決した
,と思われる。

F-2A.jpg
F2 ASM2対艦ミサイルとAAM3空対空ミサイル装備
  ※最新型空対空ミサイルはAAM4B


残党狩り

運良く攻撃を回避できた韓国軍は,
自衛隊の潜水艦隊に狙われる。

自衛隊の潜水艦隊は,
冷戦時代に対ソ連用に重要視されてきた部隊で,
自衛隊の中でもチートクラスに能力が高いと言われている。
世界的に見ても超一流だ。


竹島上空の制空
では,竹島上空での戦闘機戦は。

韓国軍の戦闘機は竹島で5〜30分程度しか留まれないという。
対して,自衛隊は1時間程度は留まれる。
竹島は日本に近く,自衛隊は空中空輸機をもっているからだ。
  ※韓国軍の空中給機は予算削減され,導入予定がない。

しかも,韓国空軍の主力はF15K,これは純粋な戦闘機ではない。
戦闘爆撃機である。
対して,自衛隊の主力戦闘機もF15だが,これは純粋な戦闘機。
韓国のF15Kの方が新しいが,自衛隊のF15J改の方が空戦能力は高い。

機体数も韓国F15は約40機,自衛隊はF15Jは約200機。
(200機中F15J改は50機程度?)

さらに,F15パイロットの練度は世界最高級と言われる。
対して,韓国空軍の訓練時間は自衛隊の半分程度。
予算不足だからだ。

自衛隊と韓国軍ではレーダー能力にも差がある。
自衛隊が早期警戒管制機AWACS,E3をもつのに対して,
韓国軍の早期警戒管制機はAWE&C,E737である。

E737はE3の小型版,大きさはそのまま能力の差,ということらしい。
勝手な想像だが,E737乗員の練度は自衛隊よりもかなり低いのではないか。

韓国軍の練度の低さは,予算不足と士気の低下に原因があるとされる。
これは後方支援を直撃している。

韓国軍は装備自体はそこそこのものがあるが,
補給や整備がかなりお粗末であるとされる。

韓国軍F15のうち何機かは故障して飛べないだろう。
そして,何機かは竹島にたどり着くまでに整備不良で墜落するかもしれない。

昨年勃発した天安艦事件延坪島砲撃事件
においても,韓国軍の士気の低さと整備不良の問題が指摘されている。

竹島ドッグファイトは,
航続距離,機体数,機体の性能差,レーダー能力の差,
整備能力,パイロットの練度。
控えめに見ても自衛隊F15の圧勝である。

ちなみに韓国軍は160機のF16を持つが,
F16はF15k同様,複数用途機である。
自衛隊のF2に対応する。


ただ,戦闘機が入り乱れての空中戦は行われにくいとされる。
現代の航空戦は遠方からレーダーで敵を捕捉し,
射程圏内に入ればミサイルを発射して
そのまま離脱する。
まさしく,任天堂ゲーム戦争だ。

だから,レーダー網とミサイルの差が航空戦に影響する。
早期警戒管制機とイージス艦の差で若干自衛隊が有利か。

ミサイル自体は日韓に差はなさそうだ。



対潜水艦P3C哨戒機

制空権を確保すれば,
後はP3C哨戒機が韓国の潜水艦を退治する。

韓国の潜水艦は音が大きいらしいので,
補足が容易とされる。

自衛隊のP3C部隊は世界最高レベルを誇るとされる。
この部隊も,対ソ連用に特化されてきたチート部隊だ。
韓国の潜水艦は自衛隊には役不足の相手だ。

P3C.jpg


水上艦艇の登場は勝利の印

竹島海戦で最後に登場するのが,水上艦艇部隊だろう。
つまり,雌雄が決した後に登場することになる。

水上艦艇は戦闘の主役にはならない。
空からと海中からの攻撃で
韓国の水上艦艇を無力化してしまうからだ。

もっとも水上艦艇同士が争ったとしても自衛隊の圧勝となるのは,
上記朝鮮日報の記事通り。


陸軍は関係ない。

陸軍は人員の差で韓国が圧倒する。
そもそも,韓国軍は北朝鮮戦に備えた軍隊だ。

しかし,陸自は韓国本土に上陸する必要はない。
憲法上も制約がありそうだし。
日本海の制海・制空権を確保するところまでで十分だ。

逆に,韓国軍も日本に攻め入ることはできない。
日本海は自衛隊により封鎖されるからだ。

陸自の活躍は日本に潜入したゲリラ掃討ぐらいだろうか。


制海・制空権を確保した後は港湾の封鎖,船の臨検など

後は,韓国のHPが減っていくのを眺めるだけである。
止めが入らなければ,韓国は北朝鮮どころか,
ジンバブエになる。


備考:

私はミリオタではない。
上記は当然,お粗末なただの机上の空論である。

しかし,ミリオタであっても日韓が開戦したらどうなるか,
正確にわかる人はいないだろう。

軍隊には秘密事項が多い。
しかも,実際にやってみないとわからない。

ただ,総合的に見て,空戦・海戦で
自衛隊が韓国に敗れる要素は少ないように思える。


ただ,実際の戦闘能力はわからないにしても,
日本が戦争を行うには問題点が多い。

周辺諸国に関してはここでは考えないにしても,
例えば,
  在韓邦人の保護
  自衛隊を動かす法整備

こういったことが問題となる。


まあ,結局のところ,日韓が開戦するのは夢想でしかない,
ということなんだが。





.
posted by DEBUO at 00:00 | 東アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする