2012年08月19日

祭 その2

愚かなイ・ミョンバク大統領

領土紛争のある地域において,
領地を支配する側のすべきことは何か。

領土紛争地域とみなされないようにすることだ。
波風をたてないこと,これが肝心である。

尖閣でよく日本政府の弱腰が話題になるが,
尖閣においても日本政府の基本的態度は波風をたてないこと,である。

日本政府のよく言う,『領土問題はない』というのは,
そういうことである。
紛争地域である,と諸外国に認識されると,
領土問題のステージが一つ上がる。


逆に,中国が尖閣にちょっかいを出す時の基本姿勢は,
『波風を立てること』。
中国は尖閣を領土問題にレベルアップしたいのだ。


韓国は竹島を支配している。
であるのならば,韓国のすることは一つ。

騒がないこと。

ところが,韓国人にはそれができない。
おそらく,韓国人は世界で最もノイジーな人々である。
世界中の竹島とは無縁な地域で竹島問題を騒ぎ立てる。

オリンピックサッカーでのプラカード問題もそうであるが,
韓国の芸能人が独島(竹島)領有の主張を
アメリカの新聞に広告したり,アメリカの道路脇に看板を立てたりしている。

これは,わざわざ竹島が紛争地域であると宣伝しているようなものだ。
逆効果である。

李大統領の今回の竹島上陸が如何に愚かであるか,
ご理解頂けると思う。

李大統領の上陸は,竹島の紛争化をより鮮明にしたのだ。



日本政府のICJ提訴

紛争地域となった場合,解決は次の2つである。
戦争か裁判か。

戦争に関しては稿を改めるとして(ちなみに日本の圧勝),
裁判による解決を考えてみる。


竹島問題で注目すべき点は,
  1 日本が1905年に領有を開始した正当性
  2 SF条約で日本は竹島をどう扱ったか(領土を放棄したのか)
  3 韓国が竹島を支配するようになった経緯ーイスンマンライン

特に2のSF条約である。
竹島に関する最後の条約であるからだ。

韓国は竹島領有の根拠として古地図を出してくるが,
古地図には何の証拠もないし,
その古地図でさえ,圧倒的に日本の勝ちである。
  韓国に竹島を描いた古地図は存在するか: 日韓古地図の比較

詳細を省くが,いずれも韓国に勝ち目がない。
  日本は古来より竹島の存在を認識し,
  正当に竹島領有を世界に宣言し,
  それ以来竹島を放棄したことはなく,
  韓国は不当に竹島を占領した。


しかも,韓国には国際法の専門家が殆どいないという。
というよりも,韓国は国際法にあまり関心がない,
そう捉えたほうがよさそうだ。

それに対して,日本は国際法の優等生である。
国際法は遵守するし,専門家も国を挙げて育成している。
国際裁判所の元所長は雅子妃殿下のお父さんだ。

ICJ(国際裁判所)で裁判をした場合,
韓国に勝ち目はない。
戦争でもまるで勝てない。

であるならば,韓国はより一層,『静かにしている』必要がある。
韓国は竹島を占拠しているのだから,後は知らん顔しているべきなのだ。


ところが韓国にはそれができない。
何しろ,日本と比較した場合,圧倒的に韓国の方が五月蝿い。
驚くべきことに,あれだけの騒動を起こしながら,
韓国人は『静かな外交』をしていると思っているようだ。
もっと騒ぐべきだ,と主張する論調が後を絶たないのである。

笑うしかない。
さすがは世界一のノイジー民族である。


さて,日本が竹島問題をICJに提訴する。
提訴するには主に2つの方法がある。
  共同提訴
  単独提訴


韓国は共同提訴を拒否する。
これは織り込み済みである。何しろ,韓国に勝ち目はない。

日本が単独提訴した場合も韓国は裁判を拒否する。
この場合,韓国には2つのダメージがある。

一つは,国際社会の目だ。
あれだけ竹島について騒ぎながら,
何故に韓国は裁判を嫌がるのか。
国際社会は訝しげな目で韓国を眺めることになる。

2つ目のポイントは,拒否する場合,理由を述べなくてはならない。
韓国政府の言い分はボロボロである。
下手すると,歪曲して理由づけしている。
それが明るみになるわけだ。


日本政府の目論見は,
裁判をすることにあるのではなく,
国際社会における韓国の信頼度を下げることにある。

『韓国は不当に竹島を占拠している』
そういう認識が国際社会に広まれば成功である。


なお,ICJ裁判に至るには
国連安保理事会の勧告によるものがある。
戦争寸前のような状態の場合になされるケースだ。
過去に2例があるという。

また,海洋境界確定などを問題にして国際海洋法裁判所に提訴する,
という方法もあるという。
間接的に竹島の領有権に触れる,ということらしい。
  ※ ノムヒョンの時に,「UN海洋法強制紛争手続排除」を宣言。
  他国から提訴されない代わりに他国を提訴することもできない,とした。


ところで,韓国は竹島を『実効支配』していると言う人が多い。
実効支配の定義はこうである。

  ある人が主のいない土地を発見し、
  その土地で一定期間にわたり平和に暮らすこと。

『平和に』というところがポイントである。
竹島に関しては,
イ・スンマンは武力により竹島を占拠し,
それ以来日本政府は度々抗議を重ねている。
つまり,『平和に』ではない。
韓国は竹島を『不法占拠』しているわけだ。

ただし,実効支配の定義は曖昧である。
だからこそ,韓国は『静か』に占拠を続けるべきなのである。
そうすれば,ひょっとすると実行支配を認められる可能性がある。

ところが,これだけ大騒ぎすれば,日本も当然,反発する。
国際紛争地域であると諸外国に認知される。
そうなれば当然,実効支配などではなくなり,
条約上の根拠ー竹島の場合はSF条約に基いて判断される。

ちなみに,当然ながら,
韓国は竹島を『実効支配』していると主張し,
日本は韓国の占拠を『不法』と主張している。



祭 その3 に続く

.
posted by DEBUO at 00:00 | 東アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする