2012年08月23日

竹島は「韓国の不法占拠」 玄葉外相が明言

竹島は「韓国の不法占拠」 玄葉外相が明言
日経

故金正日が拉致を認めた瞬間,
日本の北朝鮮に対する姿勢が180度転換した。

それ以前は,『北朝鮮』と呼称するようなものなら,
すぐに『朝鮮民主主義人民共和国』と呼べ。
などと大変なクレームが入ったものだが,
あれ以来,北朝鮮という呼び方が一般的になった。

それまでにも,北朝鮮ミサイル問題や工作船問題など,
日本を揺るがす事件があったのだが,
拉致事件ほどのパラダイムシフトは起こらなかった。


イ・ミョンバクの天皇卑下発言も,
日韓関係のマイルストーンになるかもしれない。

通常の日本人は韓国に興味がない。
韓流好きでも,日韓の政治には興味がない。

また,特定の国を悪し様に言うのは,
教養や社会的地位にある人のとる立場ではなかった。

だが,今回の李発言により,
日本のあらゆる階層に,『嫌韓』が浸透した。

李大統領は日本の聖域を犯したのである。


民主党政府閣僚の『不法占拠』発言は,
そうした日本のセンチの一例であろう。

民主党は親韓団体である。
もっと言えば,韓国寄り勢力から金をもらっている。

竹島に関しても,民主党は韓国に配慮して,
『不法』という言葉を明言することを避けてきた。
その民主党をして,今回の強硬態度である。

もちろん,民主党は親韓政党ということもあるが,
日韓の摩擦を避けたい,という配慮も働いていたのだろう。
中国を眺めれば,日韓の摩擦はマイナスである。

しかし,このところの政府の対応を見ていると,
現状では落とし所を探る気配もない。
政府だけでなく,
これほど明確な態度を日本人が見せるのは極めて珍しい。


日本人は普段,怒りを見せない。
怒りを見せるのは,食い物に関することだけ。
と自嘲してきた。

そこにあらたな要素が加わった。
日本人は,食い物と天皇に関することには怒りを見せる。
しばらくは,民主党にはとことん行ってもらいたいものである。


さて,しばらく韓国シリーズを続けようと思う。
私が嫌韓だから,というわけではなく,
韓国をどう扱うか,という観点から,
日本の政治経済の立ち位置が
浮かび上がってくるような気がするからだ。


posted by DEBUO at 15:50 | 東アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする