2013年02月27日

法治国家・人治国家・情治国家

中国では,権力者の意向が法律に優先することが多い。
人治国家である。

対して,日本は法治国家である。
そういうとあれこれ言う人が出てくるのだが,
日本はまごうことなき法治国家である。

戦前戦中の日本はあまりにも法律を厳格に守るために,
中国から『法匪国家』と呼ばれたそうだ。
法律をこねくりまわして悪辣なことをする,というような意味である。

日本の周辺諸国では,法律は『弾力的』に運用すべきものであるから,
法律を全面に出されることは,彼らには居心地が悪いのだろう。


さて,『お隣の』韓国(NHKの常套文句らしい)はどうかと言えば,
情治国家である。
何よりも『国民情緒』が優先される。
彼らは気分を害することには動物のように歯をむき出しにする。

その端的な例がこれだ。

  対馬で盗難の仏像「返還ダメ」=地裁が仮処分、外交摩擦も―韓国
  リンク

  長崎県対馬市の寺から盗まれ、韓国に運び込まれた仏像について、
  韓国の大田地裁は26日、寺が仏像を正当に取得したことが証明されるまで
  韓国政府は日本側に返還してはならないとする仮処分決定を下した。

この仏像が半島から盗まれたものかどうかというのは,
韓国側が証明するのが筋というものだ。
それを日本側が証明しろという。

盗品であっても,善意の第三者(の取得)ということもある。
しかも千年前の話である。
事実上,仏像を日本に返さないということだろう。

日本にある半島由縁のものはすべて日本人が盗んだ,
と多くの韓国人が信じきっている。
しかも,国宝級の仏像だ。惜しくて仕方がない。
だから,因縁をつけてでも返したくない。
(そこには価値観を日本が決める,という捻じれもあるのだが)

百歩譲って,国民感情ならばわからないでもないが,
国あげての泥棒を裁判所が追認する。
キチガイ判決以外の何物でもない。
情治国家,というよりも幼児性が非常に強いというべきか。
成熟からは程遠い。


韓国でのこの手の話は大昔から絶えない。
有名なのは,
  ガンダム裁判
  韓国でガンダムの商標権を争った時,
  ガンダムは『ロボットの普通名詞』であるとの判決が出て,
  ガンダムの商標登録が無効となった事件。
  ただし,二審でこの判決は取り消された。

  親日法
  日帝時代に日本に協力した親日韓国人の財産を没収する,
  という法律。
  2004年に成立。
  事後法,法の不遡及という法律の基本的原則に反する,
  驚くべき法律。
  これだけでも,韓国が近代国家でないことがわかる事例。

  中国人放火犯の引渡し事件
  靖国放火容疑の中国人の日本引き渡しをソウル高裁が拒絶した事例。 
  日韓犯罪人引き渡し条約があるにも関わらず,
  中国の圧力に負けて,放火犯を中国に引き渡した。
  ※条約は国内法に優先する
  
  韓国の憲法裁、政府の慰安婦被害者放置に「違憲」
  日韓基本条約で,
  『両国間の財産、請求権の完全かつ最終的な解決』
  としているにも関わらず,
  韓国では金を毟り取ろうとする浅ましい努力が延々と続けられている。

上記いずれもが驚くべき判例であり,
韓国はこうして国家の品格を自ら下げているわけだ。

しかし,多くの韓国人にはその意識はない。
韓国が世界中から卑下されても,その理由がわからず,
韓国に対する『嫉妬』であるぐらいに思っている。
(韓国人によくある反応)

精神医学のサンプルになってもいいぐらいの心理的動きが
韓国では至る所で観測される。
これでは,韓国は同じ価値観を共有する国とは言えない。
いや価値観がどう,というよりも理性を欠いている。

その韓国と水平的に付き合え,というのは
随分と無茶な話であることがよくわかる。


..

posted by DEBUO at 17:00 | 東アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

こいつ,屑だ(怒

民主・小川敏夫
 「安倍首相のデフレ対策は民主党政権がずっとやってきたことを、
 単にそのまま続けてるだけ」

リンク

ひどいね,このクズ発言。
クズじゃないのなら,恐ろしい低能だ。
民主党で一番のクズは赤松だったが,更に底辺がいた。

確かに,民主党時代も金融緩和をやろうとした形跡がある。
デフレ脱却を口にし,インフレ目標も掲げていた。
しかし,同じ事をやって民主党政権は市場が反応せず,
安倍政権は市場が過剰に反応した。

そりゃ当然だ。
民主党の経済政策はいわばアリバイ工作みたいなもの。

経済に対する見識が安倍政権と民主党政権では段違い。
デフレ脱却にかける意気込みも段違い。
実際,ヘタすると緩和したはずがより蛇口が閉まっていたとか,
民主党は日銀にさえ愛想つかされていたではないか。

円高はむしろ容認した結果の超円高,
あわてて市場介入するも,国際社会の非難を浴びただけで
行って来い。

自民党時代の経済対策にすがり,
震災対策はスローで
所得移転型のバラマキ政策を好み,
挙句の果てに,デフレを促進させる消費税アップに血道をあげる。

低能・無能以外のどういう言葉があてはまるのか。

で,安倍政権が続々とポイントをあげてきたら,
『本当はそれは俺の手柄だ』

恥知らずにもほどがある。
赤松以下のクズがいるとは思わなかった。
流石,民主党は人材豊富だ(怒

こりゃ,参議院選挙で民主党は消滅か?


.
posted by DEBUO at 01:35 | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

水説:日本発の通貨戦争?=潮田道夫

水説:日本発の通貨戦争?=潮田道夫
毎日.jp

毎日新聞は別名『変態新聞』として知られている。
捏造記事として日本の変態ぶりを英語で世界に配信,
それが問題になったからだ。参考

毎日新聞は右派から左派まで幅広い記者がいるが,
一般的にはかなり反日的で左よりのバイアス記事が多い。
中国・半島寄りの記事もよく目にする。

この潮田道夫という記者は典型的な毎日新聞記者として
ネットでは有名なようだ。
上記記事でも『米中韓独から『近隣窮乏化政策』と批判される円安誘導』
といかにも日本が世界中から叩かれまくっている記事を書いている。


実際はこうだ。

ブレイナード米財務次官 参考
日本の成長促進、デフレ脱却への取り組みを支持

ラガルドIMF専務理事
 参考
通貨戦争の話は誇張されており、主要通貨は適正水準から大きく離れていない
ユーロの上昇や円の下落は歓迎すべき政策の展開である

ドラギECB総裁  参考
G20は世界の経済成長を支える政策を支持する
為替レートは成長とインフレにとって重要
通貨安戦争に関する「おしゃべり」は「不適切か無益かのどちらかで、
 いずれにしても自滅的だ」

ロストフスキ・ポーランド財務相 参考
日本のような国の緩和的金融政策について、ポーランドは何も心配していない
  ※ロストフスキ氏は,ファイナンシャル・タイムズの
  2009年度「ヨーロッパ最高の財務相」に選ばれている。

G20 参考
日本の景気刺激策を支持−明白な円安誘導にはくぎ刺す

その他,要人からこのような発言が伝わってきている。
フラハティ・カナダ財務相
「通貨戦争の議論は成長を抑える」
ストルチャク・ロシア財務次官
「円は明らかに過大評価されてきた]
「(日本が)輸出促進のために為替レート利用していると言うのは誇張だろう」
スワン豪副首相兼財務相
「日本が国内目的で財政・金融政策を使う限り、適切だ」

ECONOMIST 参考
世界は日本と米国の金融政策の積極性を歓迎すべきだ。

FinancialTimes 参考
ヘリコプターマネー擁護論 財政ファイナンスは必要不可欠な政策手段だ。


明白に反対しているのは,韓国
それからトーンが下がってきて入るがドイツ
二国共に,外需依存度の非常に高い国である。
ウォン安,ユーロ安の恩恵を受けているのみならず,
韓国は為替操作,ユーロは金融緩和を続けてきた。

自分のことを棚に上げての日本批判であるから,
バカバカしくて聞く耳を持てない。
  「韓国は為替操作国」米JECの報告書より
  「円安非難は偽善」 米経済学者が韓国を批判 朝鮮日報

2013-216-2.jpg

現状での円安・株高はアベノミクスへの期待だけで上昇している。
背景の一つは,このところの低調な投資効果がある。
世界中の投資会社が運用益を減らしつつあり,困っていたのだ。

そこへ明確な経済的主張を持った安倍政権が誕生,
円は明らかに高止まりしており,
しかも,このところ日本は貿易赤字を続けている。
円安に向かいやすい地合いに,世界中の投資家が飛びついたのである。

もう一つには,欧米の経済に明るさが見えてきたことであろう。
欧州に関しては,債務問題の下支えができつつあること
USAに関しては,このところ経済が好調であること
(ダウが史上最高値を更新する勢いである)。


政権交代は最大の経済対策と言ったのは民主党であるが,
その言葉がブーメランとなって現実化している。
まだアベノミクスは始まったばかりで,殆ど何もしていない。
にも関わらず,日本にはほうぼうで明るさが差し込んできている。

当面は日銀総裁・副総裁人事に注目であろうか。


.
posted by DEBUO at 14:54 | 安倍政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

傀儡謡にはいつも脊髄をやられる



アニメソングにはとんでもない曲が結構ある。
上記『 傀儡謡(くぐつうた)』はその一つ。
押井守のアニメ映画『イノセンス』の挿入歌である。

攻殻機動隊の音楽はTV版のほうの菅野よう子もなかなかスグレモノであるが,
映画版は音楽を川井憲次が担当する。
上記『傀儡謡』はまず空間をたっぷりとった静寂の世界に
アクセント的に入るパーカッションが緊張を高める。

独特のハーモニーはおそらくブルガリア民謡からヒントを得たコードを使用,
メロディラインはアジアのどこかを思い出させる。
歌うお姐さん方は日本の民謡歌手。
日本的な陰鬱な情念のようなものを呼び起こさせる。

これに和太鼓が絡んでいく。
この和太鼓奏者もかなりの手だれで,タイム感覚が非常にシャープ。
音離れがいいだけじゃなく,かなりの力強さもあり,
また,うねりのようなグルーブを加えていくので,
ドライブ感が半端ない。

代表的なのが4分あたり。
一瞬のブレイクの後,和太鼓が切れ込んでいくのだが,
何度聞いてもシャープネスとドライブ感に脊髄をやられる。


アニメのほうはこれ以上ないんじゃないか,というぐらいの映像美が印象的だが,
小難しいセリフと哲学的な側面を単純にスルーすれば,ストーリー自体はシンプル。





ついでにもう一曲。
上記『傀儡謡』とは対照的なポップなチューンだ。

きゃりーぱみゅぱみゅはPERFUME中田ヤスタカのプロデュース。
去年の紅白にも出演したらしいが,
なぜか欧州方面でスマッシュな人気を獲得しており,
先日の欧州ツアーではロンドンでチケット予約が数秒でさばけたという。
YOUTUBEでも彼女のプロモにはHIT数が多い。

箱の大きさとかがわからないし,またやらせK-POPの事例もあるので,
(PSYのYOUTUBE・HIT数10億以上には大笑い)
この手の話題をすんなり受け取るわけにはいかないが,
昨年のフランスJAPANEXPOでは2ステージで1万人以上を集めたという。
そこそこの人気はあるのだろう。参考

ただ,音楽自体は別にどうってことない。
テクノ風味のロックといったところか。
出だしはジューシーフルーツだな。


欧州の産業音楽シーンは一般的に日本よりもレベルが低い。
特にアイドル歌謡的なジャンルはマーケットが狭い。

通常,歌い手は上手であることが当たり前である。
ところが,日本のアイドル歌手は下手な人が多い。
聴くに耐えない様な歌手でもそれを一級品のスタッフが支え,
商品としてまっとうなものにしてきた。

まさしく,日本のガラパゴス化を示す一つの典型例であるが,
その独特の進化に世界の人々も目をむけ始めているのかもしれない。


似た例としては,いわゆるビジュアル系がある。
ビジュアル系といっても,音楽性向はばらばらであり,
演奏力も一級品からそこそこまで玉石混交。
ただ,ビジュアル的に美しい,というのは共通している。

このビジュアルに欧州の人々(の一部)がくいついている。
きゃりーぱみゅぱみゅも音楽的なものよりも
そのファッションセンスに惹かれている人が多いかもしれない。
原宿というキーワードでくくれるような話である。


きゃりーぱみゅぱみゅのこの曲を取り上げたのは,
映像美から。
非常にごちゃごちゃしているし,ゴージャスで強い色が多く,
下品になりがちであるが,
すっきりと上品にまとめあげている。

この手の映像感覚は日本のPVでよく見かける。
ちなみに,演出は田向潤監督。
前作までのPOPでFANTASYな映像から一転している。
しかし,過剰なまでの映像美,という面では共通している。

振り付けはMAIKO(旦那はPOPPINで有名なカイト)。



.
posted by DEBUO at 12:00 | 映像・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする