2017年05月10日

ムンジェイン当選

今回ほど韓国大統領選挙が日本で注目されたことはなかったかもしれない。
何しろ,アメリカが北朝鮮を攻撃するかも,との情勢下にあるにも関わらず,
韓国では保守派のパククネが弾劾され,
反米・反日・親北・従中へと向かっていたからだ。

結果は前評判通り,ムン・ジェイン氏が次期韓国大統領に選ばれた。
この背景には,韓国人の不満が鬱屈していることがある。
特に若者はヘル朝鮮といわれる現状に我慢ができない。
強い指導者が現れて,韓国の状況が刷新されることを望んでいる。

ムン・ジェインにはそうした苦しい韓国人の期待がのしかかる。
ムン・ジェインならやってくれるだろう,と。

ムンジェイン.jpg

しかし,この光景は韓国の大統領選があるたびに繰り返されてきた。
    救国の大統領だ!⇒誰がこんな奴に投票したんだ。
この落差が韓国では非常に激しく,
しかもレームダックに陥るのにかかる年数が短くなる傾向にある。

その主因は韓国の経済成長が年々落ちてきて,
経済格差がどんどん広がっていることにある。
皆が等しく貧乏ならばまだ耐えられるが,
勝ち組と負け組がはっきりと分かれ,自分は這い上がれないとなると,
強い憤懣が出るのはどこの世界でも同じだ。

期待の大統領が出てきても,自分の経済状態に変化がないとなれば,
冷めるのは早い。特に韓国人は早い。


ムン・ジェインが韓国の救世主になれるか。

ムン・ジェイン氏は前回の大統領選にも出馬した。
パククネと争ったわけだが,パククネもパッとしないが,
ムンジェインよりはマシだと私は思っていた。

何しろ,ムン・ジェインは『ノムヒョンの影法師』といわれた経歴の持ち主だ。
市民運動あがりの弁護士でノムヒョンの側近No.1だったのだ。

ノムヒョンは日本では伝説的な大統領である。
あまりに政策が斜め上で日本に笑韓ウォッチャーを増やした人だ。
ムンジェイン当選で韓国がどうなっていくのか,
ワクテカで待ち受ける日本人がたくさんいる。
さて,ノムヒョン劇場の再来となるか。


外交政策

日本で一番注目されるのは,その外交政策であろう。
米日から韓国が離脱し,レッド陣営に加わるとの見方が強い。
そうなれば,韓国終了といってよい。

  対日 慰安婦合意再交渉
    ムンジェインがどこまで強く主張するか。
    国内的には強く出る必要がある。
    かといって,強く出れば日本との関係は終わる。
    慰安婦像は誰であれ動かすことができないこともあり,
    パククネ同様引き続き日韓の政治は断絶状態になる模様。

  対米  THAAD問題
    撤収を要求したら,米韓関係は終了する。
    ただ,北問題解決後は米韓軍事同盟について争われるかもしれない。
    米韓関係は冷ややかなものになる可能性が高い。

  対中  THAAD問題
    撤収しなかったら,中国の対韓制裁続行。

  対北  親北政策(北訪問,金剛山開発再開)
    ムンジェインが親北政策をとるのなら,馬鹿としかいいようがない。
    この政策ほど世の動きを見ていないものはない。  

私の予想では,指導力がなさ過ぎて全てグダグダになるんじゃないか。
政治不在状況がずっと続くような気がする。


経済政策

韓国人にとっては,経済政策が一番注目。
課題は,経済格差の是正と新産業の育成だが,おそらく,ムリ。
特に財閥改革は多くの韓国人が望むが,強い指導力を発揮できるかどうか。

そもそもパククネ同様ムンジェインも経済知識が殆どないんじゃないのか。
確かに,韓国経済は構造的な問題により改善は非常に難しい。
しかし,ムンジェインは公務員を80万人増やすとか言ってる。
いかにも浮世離れした政策だ。

左翼系だから,周りにも経済通はいないだろう。
ムンジェインの経済政策は無策に近いか,
やらないほうがマシ,というものではないか。


国会運営

韓国では『国会先進法』というのがある。
重要法案の処理には議員6割の同意が必要。
パククネも法律が通らず苦慮してきた。
法律を通すためには,普通以上の国会融和姿勢が必要だ。

しかし,ムンジェインの「共に民主党」は国会の議席数は120(定数300)。
3人集まれば4つの派閥ができると言われる韓国。
早々に国会運営が行き詰るだろうとの予測が強い。


他にも,福祉など課題が山積している。
総合的に見て,ムンジェインへの期待,半年持つのか。
決して大げさな予想ではないと思う。


さて私の独り言だが,私はムンジェインの顔が少し気になる。
確かに,ハンサムで知性的だ。
最近の韓国の政治家は垢抜けてきたと思わせる。

しかし,ムンジェインの顔つきは政治家のそれじゃない。
綺麗過ぎるのだ。揉まれてきた,という顔じゃない。
政治家というよりは病院の院長先生の顔だ。悪い意味で。
世情に疎い,理想主義者という顔つきをしている。

それから特に口元に締りがない。
唇の薄さは理性や感情の薄さを示すが,
それに加えて何か甘ったるさを感じさせる。
強さは感じさせない。
この点も世情に疎い,理想主義者という雰囲気を強調する。


その反面パククネといい,このムンジェインといい,共通点は
誠実感・清潔感があるということだ。
日本でも90年代に政治家の顔つきがどんどん清潔になっていった。
韓国の政治も一皮向け始めているのかもしれない。

もっとも垢抜けた結果,まるで色を出せない政権になりそうな気配がある。
しばらくは韓国ウォッチが楽しくなりそうだ。




posted by DEBUO at 13:26 | 東アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする