2009年09月29日

民主党と韓国の知恵比べ


藤井財務相「円高急激過ぎ」、介入も示唆

藤井財務相は29日朝、記者団に対し、28日の東京市場で円相場が一時、1ドル=88円台前半まで急伸したことについて、「(円高が)少し急激過ぎる」との認識を示した。

 その上で、「(円相場が)異常な事態になれば色々あり得る」と述べ、為替介入に慎重な姿勢を事実上、撤回した


藤井,という大臣,元大蔵官僚らしいです。
民主党きっての,というか数少ない経済通の一人ということです。

確かに,以前から為替不介入原則の持論を展開しており,
一定の見識がある方のように見受けられます。

しかし,先日の円高容認発言は不味いでしょ。
そんなこと言う必要がどこにありますか。

為替に関して,関係者がコメントを出すのは,
非常に繊細な事項。

それをこの大臣,知らないはずがないと思うのですが。

しかも,円高が進んであわてて,上記のような発言。
ものすごく稚拙ですね。

民主党にはこの種の発言が非常に目立つように思います。
それとも,深慮遠謀があったとでもいうのでしょうか?

まさか。



一方,韓国では。


韓国鉄道公社(コレイル)、KTX自動改札機をすべて撤去〜不正乗車多くないため

KTXの改札機を撤去して一ヶ月経過・・・
京釜線KTX不正乗車者が日を繰り返えすほど増加していることがわかった。
韓国鉄道公社から提出された「2005-2009京釜線KTXキセル乗車摘発現況」資料によれば,
キセル乗車人員が
  2005年1万1千名、
  2006年8千名、
  2007年2万2千名、
  2008年6万9千名、
  2009年上半期3万8千名
で集計された。

2006年少しの間キセル乗車人員が減ったがその翌年からは倦まず弛まず増えた。
このような成り行きなら2009年不正乗車者は8万名を越すこととみえる。




・・・orz



でもね,KTXが自動改札機を撤去した本当の理由はこうだったんです。


60億ウォン投入したKTX自動改札機、切符が詰まって無用の長物に転落〜年内に廃棄も


自動改札機というのは,大変繊細な機械らしいですね。
ケンチャナヨな韓国人には,少々ハードルの高すぎる機械だったようです。

だから,『不正乗車が多くないから』とか『乗客を信頼する』
などというのは,単なる言い訳。

国民の血税を投入して開発されながら,
故障しまくり,というか,そもそも
正常に動作するのかどうかもわからない機械を納入し,
改札業務を妨害しまくり,毎年の維持費も馬鹿にならないから,
廃棄処分にされる,というのが実情。

それにしても,自分たちのダメさ加減を覆い尽くすために,
「顧客信頼宣言文」を出して,自動改札機の撤去式を行ったようです。

かの国の顔の分厚さには,かないませんわ。



それにしても,民主党=韓国,という私の認識は,
ますます強化されつつある今日この頃です。


.
タグ:民主党 韓国
posted by DEBUO at 13:51 | 鳩山政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする