2009年10月02日

G20:世界が韓国を尊重しているだけに我々も自らを尊重すべき

2010年のG20の議長国に,韓国が選ばれたそうです。
そのことに対して,韓国では大盛り上がりしているらしいです。

G20開催、韓国大統領「世界の中心に立つ」

もう,鼻血が吹き出ているのではないか,
と思えるほどの自画自賛ぶりです。

日本の政治家がこんなことを言えば,冷笑されるでしょうが,
為政者が成果を国民に過大に自慢するのは他国でも見られること。


しかし,コメントが加速していきます。

大統領府:「韓日合邦から100年、世界外交の中心に」
聯合ニュース/Yahoo!Koreaニュース(韓国語)(2009/09/27 15:54)

百年前の日韓合併を持ち出してきました。


さらには,

李大統領「私たちが思う以上に世界は韓国を高く評価」

この記事では,1907年の「ハーグ密使事件」の恥辱を晴らせる,
などというコメントも出てくる始末です。

  「我が国も約100年ぶりに、ハーグ密使事件の恥辱について
  国際外交の舞台で補償を受ける機会が出来た」と述べた。

  ※ハーグ密使事件


極めつけはこれ。


「世界が韓国を尊重」自信に満ちた李大統領

・・・青瓦台(チョンワデ、大統領府)本館の1階に「より大きな大韓民国!−2010・G20金融サミット」という文言が掲げられた。

青瓦台の説明によると、李大統領が語りたい言葉を一言でまとめた表現だった。会見のタイトル「認識の転換、辺方から中心へ」も同じ脈絡だった。この日、李大統領の声は「世界が韓国を尊重しているだけに我々も自らを尊重すべき」「自信をもって進むべき」「韓国の声を出そう」という部分で高まった。


KJCLUBでも,私と同じ部分に着目した投稿がなされてありました。

世界が韓国を尊重しているだけに我々も自らを尊重すべき

・・・・・・・・・・? こうじゃないのですか?

世界が韓国を尊重しているだけに我々も他国を尊重すべき

これでも若干の違和感を感じる内容ですが。


一連の発言を見て感じるのは,
どれだけ韓国人は自己中心的なのかと。

さらに,劣等感の強さと,回りから賞賛されたいと血走る気色の悪さ,
それらを強く感じざるを得ませんでした。


ところで,G20のトップが韓国のある地域に集まる,ということですね。
なんだか,怖いですね。
.
タグ:韓国
posted by DEBUO at 15:35 | 東アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする