2010年02月03日

最近好きなミュージシャン

私のアパートの前にバカ家族がいます。
ほぼ毎朝,結構な音量で音楽を垂れ流ししています。
しかも,見事なくらい頭の悪そうな音楽ばかりを流すんですよ。

それでも私はある曲だけはかなり気に入っておりました。

ただ,それが誰なのかわかりませんでしたが,
ようやく判明しました。

david archuleta
デイビット・アルチュレータ,17歳。
アメリカ・アイドルという,オーディション番組出身。


こんな歌を謳っています。



いい声ですね−。
この人,衒いがないんですよ。
ピュアというか,俗化されてないというか。
一直線に真実にたどり着こうとする真摯な態度というか。


david archuletaがアメリカン・アイドルで歌ったのは次の歌。

IMAGINE


素晴らしい,の一言ですね。
私,出だしの数フレーズでぐっと引き込まれました。

確かに,音量もあるし,フェイクも上手いのですが,
何よりも,ピアニシモでも十分な説得力のある歌唱力を持っているところが
気に入っています。


しかし,このdavid archuleta君。
アメリカ人なんですかね。

およそ麻薬とか喧嘩とか縁のなさそうな好青年で,
フィリピンにはこういうタイプの青年は結構います。

例えば,
Christian Bautista - The Way You Look At Me



フィリピンでは,去年の夏頃からデイヴィッド・アーチュレタの歌声が流れ始めたんですが,
おそらくフィリピンでは相当なヒットになってます。

ルックスがフィリピンの好青年風,ビートよりもバラードに適した歌声,
フィリピン人が好きそうなタイプですね。


で,『 Touch my hand』をカラオケで歌おうかなー,とちょっと試してみたら,
これが難しい。

この人のキーは女性のそれみたいですね。
数年後,どう歌声が変化するんでしょうか。

この人の持ち味である,素朴さとかナチュラルさとか,
いつまでも失わないで頑張って欲しいですね。


.
posted by DEBUO at 00:00 | 映像・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする