2010年02月06日

海外で人気のある日本人歌手KOKIA

KOKIAという日本人女性歌手が,ヨーロッパを中心に人気が出ている,
という話は前から聞いておりました。

あんまり好きなタイプじゃないんでスルーしていたんですが,
彼女の『アベマリア』というのを聴いたら上手くて驚きました。

彼女は,こんな歌手です。

KOKIA 「ありがとう」 Live in Paris 2007


アベマリア



ピアニシモからファルセットまですごいですね。


まず,歌唱力の確かさがあるのですが,
その上で,感情ののせ方が上手い。
特に,高域のホーンのような歌唱は気持がいいですね。

声をよくひっくり返すので,奄美大島あたりの民謡出身かと思ったら,
桐朋音大の声楽出身でした。

クラシック出身というのは,その歌唱に癖があり,
なかなかポピュラー音楽と馴染まない点があります。

しかし,彼女はクラシックに拘泥することなく,
いろんな歌唱を取り入れたんでしょうかね。

まずは,天にも登るような清らかさ。
さらに,それだけじゃなくて,人間らしい面も持ち合わせている。

そういうのが同居しているのが,彼女の魅力なんだろうと思います。

このアベマリアでも,聖なる歌唱力に
30歳の女性らしい感情をのぞかせており,ちょっと驚かされます。


ただ気になるのは,表現する世界の狭さですかね。

例えば,amazing grace等のゴスペルっぽい楽曲にも挑戦してますが,
ああいう,太くてうねりのような感情を表現するには,
彼女は力不足だと私は思いました。

育ちの良さが出てしまうんですよ。

言い方を変えれば,彼女の提示する世界観は,
良くも悪くも箱庭的,だということです。


.
posted by DEBUO at 00:00 | 映像・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする