2010年02月13日

小沢不起訴とトヨタバッシングはアメリカの陰謀?

小沢氏不起訴,アメリカの陰謀説


小沢氏処分、検審へ 民意で起訴の可能性 鳩山首相も審査中

なんだそうで。

ご存知とは思いますが,小沢氏が不起訴になった=シロではなく,
容疑があるが,公判を維持できない,と検察が判断したから。

ですので,不起訴の情報が流れた時に,この検察審査会(検審)で
検討される可能性がネットで流れていました。


また,小沢氏が不起訴になったのは,
【政治資金収支報告書への虚偽記載】について。

まだ他にも容疑があるんで,予断は許しません。


もっとも,政治資金収支報告書への虚偽記載の件においても,
小沢氏がシロだなんて判断してる国民はあんまりいません。

そりゃ当然ですよね。
秘書・元秘書3人が捕まってるんですから。

むしろ,秘書3人が捕まっているのに,
なぜ本丸を起訴できないんだ,と訝しがるむきが多かったわけで。

果てには,アメリカの陰謀説が流れるぐらい。


いや,状況証拠はあるんですよ。
小沢氏,急にアメリカに関心を向け始めてます。


小沢氏、訪米を検討 不起訴受け外交関与


オバマの政策が急展開してるんで,
今までのソフト路線から強面に変わったとしても不思議ではありません。

小沢氏が訪米して何をするか。
それを見ていれば,かなりの確度でアメリカの関与が
証拠づけられる,ということです。

もう一つのアメリカ陰謀説 トヨタリコール問題

アメリカ陰謀説と言えば,トヨタに関しても陰謀説が出ていますね。
こちらは,相当ガセっぽい判断じゃないか,と私は感じております。

何しろ,何をするにしても『〜の陰謀だ!』と唱え始める人は多いですから。
陰謀説は話としてはおもしろいんですが,
こちらが米政府の陰謀とする説に私が疑義をはさむ理由の一つは,
アメリカに流れる空気。


陰謀説が可能性を持つのは,流れに反しているような場合。

小沢氏の不起訴がそうですね。
何かおかしな力が働いたんじゃないか,という疑問が湧いてきますから。

まあ,陰謀説を唱える人とか,民主党支持者は一連の検察の行動事態が
誰かの陰謀なんだそうで。

秘書が3人も逮捕されていながら,陰謀もないもんだ,と思うんですがね。


それに反して,トヨタの件はどうもアメリカ国民やマスコミに反トヨタの空気が
充満しているようだ,ということです。

陰謀説が流れに棹さすような感じになるのに対して,
トヨタの件は主体がマスコミ,或いはアメリカ国民。

かなり太い流れがアメリカ国内にあるようなのです。


ひょっとしたら,トヨタリコール騒動の流れを作ったのはアメリカ政府或いは,
その一部であったかもしれません。

しかし,大衆やマスコミをコントロールするのは至難の業。
簡単に大衆やマスコミをコントロールできるのなら,
そもそも政権が不支持を集める,などということはないはずです。

仮にコントロールできるとしたら,
それは,空気を読んだ時でしょう。
大衆やマスコミにくすぶる何かに火をつけたような場合です。

政府の陰謀で流れに反して状況が生まれる,
というのは相当に難しいと思うからです。

逆に,流れに沿って物事を進めば,さらに状況が増幅するという。


トヨタバッシングにアメリカ政府(の一部)にどす黒い思惑があるのは十分想像できます。
アメリカ政府と言えども,いろんな見方の人がいますからね。

GMに近い人,80年代から時代の変わっていない愛国者,そもそもGMはアメリカの国有ですし。


しかし,仮にアメリカ政府の陰謀があったとして,私はこれを下策と考えます。

第一に,アメリカ産のトヨタ車はビッグ3よりも『愛国車』であること。
アメリカ国内からの部品調達率がビッグ3より高いと言われています。

極端に言えば,バイアメリカンを唱えてビッグ3の車を買うと,
それはメキシコ産だったという。


第2に,これが他社にはやぶ蛇になる可能性があること。

トヨタのリコール自体はとびぬけて重大な欠陥ではないように見えます。
アクセルが戻らない,というような内容は重大な欠陥には間違いないですが,
クレームの件数も少ないようですし,
それが原因で起こった,と断定されている事故はないようです。

それにも関わらず,トヨタは1000万台にも及ぶようなリコールを
したわけです。

そんなこと,トヨタ以外のどの企業ができるというのですか?


そういうリコールをトヨタがした,ということです。
これには他の車メーカーがびびってるんじゃないでしょうか。

【もし,これがわが社だったら・・・】

つまり,トヨタの件はリコールの基準を大幅にアップさせたんじゃないか,
ということです。


仮に,アメリカ政府の陰謀でトヨタバッシングが成功したとしましょう。
しかし,それは極めて近視眼的な行動で,
将来の車メーカーの災禍の種をまいた,と考えることもできます。

もちろん,トヨタよりも品質が随分劣っていると考えられている
ビッグ3は戦々恐々でしょう。


ただし,同時期にフォードも同じようなリコールをしているそうです。
しかし,フォードにはお咎めなし。

日本車叩き?かと思えば,ホンダにも波風がたっていません。


これは,【トヨタ叩き】なんでしょう。
世界一になったトヨタに対するやっかみみたいなもんじゃないでしょうか。

単純に,強そうだから,大きいから,偉そうだ,威張ってる,そういうネガティブな視線が
アメリカ国民或いはアメリカのマスコミからトヨタに注がれていて,
それが今回のトヨタバッシングの基調になってるんじゃないでしょうか。


.
posted by DEBUO at 12:59 | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする