2010年03月01日

セブ・パシフィック

マニラフリークの方なら,セブパシフィックはよくご存知のことと思う。
プロモーションが法外に安い反面,そのプロモーションチケットが取りにくくて,
ネットに恨み言が飛び交っている旅行会社だ。

私は,もっぱらこのセブパシフィックを利用している。
勿論,安いからだ。

セブパシは安くない,とのコメントがネットで見られるが,
セブパシの賢い利用方法は多分,

  @数ヶ月前に予約する
  A片道でとる。


この2点だと思う。

片道でチケットをとると・・・(3月1日現在)



マニラ発 日付 費用/ペソ 時間  
大阪 0309 10,589 約4.5h  
  0409 7,399    
  0609 5,999    
台北 0310 3,799 2h10m  
シンガポール 0310 4,199〜5,199 3h25m 1日に3便
ジャカルタ 0310 4,699 2h50m  
香港 0310 3,699〜4,199 2h 1日に4便
セブ 0310 1150〜1651 1h15m  
ドゥマゲッティ 0310 1,347 1h15m  
ダバオ 0310 3,025 1h45m  

料金にはあと,若干の税金が加算される。数百ペソ。
また,オプションがいくつかある。


大阪行に関しては,3ヶ月前に予約すると,
直前の料金の約半額までに金額が安くなる。
予約は半年前までできる。
その先はできない。

金額は,3ヶ月前も半年前もあまり変わらない。
いつ運行をやめるかわからないので,
3ヶ月前に予約すれば十分。

シーズンオフだから特別安い,というわけではない。
もっとも,連休とか夏休みは少し高くなるようだ。

また,他の会社もプロモ商品がたくさん出てくるようになったが,
その比較は私にはわからない。



なお,私は3月上旬に台北に遊びに行く。
そのためにセブパシでチケットをとったのだが,
なかなかネットで予約できなかった。

クレジット・カードは問題ないのだが,
セブパシのサイトの方で受付をネグっているような感じなのだ。

私が何かセブパシでやらかしたのか,でも思い当たる節はなし。
色々手を考えつつ,先日ダメもとで最後のチャレンジ,とやったら,
何の問題もなく予約できた。


しかし,帰りのチケットが予約できない。
おそらく,直前にならないとチケットが取れないのではないか,
と思い,
数日まってから帰りのチケットの予約を入れるとすんなり通った。

両方共,8日前の予約である。
それ以上前だと予約できなかった。

日本方面以外,初めてセブパシでチケットをとるので,
これが今回だけなのか,或いは他の路線はどうなのかは,
わからない。

こういうこともある,ということをご報告申し上げておく。



それにしても,セブパシは安い。
マニラ−セブなど,僅か1000ペソ強,2500円前後しかかからない。

新幹線ならば,こだまで隣駅にただりつけるか?という料金だ。
(指定席の場合)


セブパシフィックについては,その安全性が話題になる。
危ない,と多くのフィリピン人が言う。

ググってみた。


1998年2月2日午前11時頃、フィリピン・マニラ発同国タクロバン経由同国カガヤンデオロ行きセブ・パシフィック航空387便DC-9-32(RP-
C1507)が、着陸進入中ミンダナオ島北部カガヤンデオロ市北東約50KmのPagalungan近郊の山中に墜落した。


このイメージがあるのか?

こちらのサイト航空会社ランキングによると,

2007年にニューズウィークが発表した,
主要航空会社300社の安全度ランキングを悪い順に。

  300.アリアナ・アフガニスタン航空    AFG アフガニスタン 0.0
  299.MIATモンゴル航空          MGL モンゴル    18.92
  298.ミャンマー航空             UBA ミャンマー   20.57
  297.高麗航空                KOR 北朝鮮     22.61
  296.アゼルバイジャン航空        AHY  アゼルバイジャン 22.74
  295.TAAGアンゴラ航空          DTA アンゴラ     23.58
  294.アルマビア航空            RNV アルメニア    25.27
  293.タジキスタン航空           TJK タジキスタン   25.37
  292.キューバ航空             CUB キューバ     27.62
  291.イラク航空               IAW イラク       28.99
  ・・・
  214.セブ・パシフィック航空    CEB フィリピン 59.92
  ・・・
  211.中華航空           CAL 台湾 61.30
  ・・・
  208.フィリピン航空         PAL フィリピン 63.02
  ・・・

主要航空会社の中で,セブパシは87番目に危険な航空会社
というわけだ。

しかし,フィリピン航空は93番目に危険,とされている。
どっちもどっちだ。


ちなみに,
Plain crash info.comの事故率による航空会社ランキング
(順位が低いほど事故率が高い)

順位 航空会社     直近の致命的な事故 事故率
  90位 中華航空(チャイナエアライン) 2002 4.48←ワースト
  89位 クバーナ航空(キューバ航空) 1999 4.15
  88位 インディアン航空       1999 3.45
  87位 イラン航空          2002 2.97
  86位 パキスタン国際航空      2006 2.62
  85位 タイ国際航空         1998 2.14
  84位 コロンビア航空        1990 2.06
  83位 ケニア航空          2000 1.83
  82位 フィリピン航空        1994 1.79
  81位 大韓航空           1997 1.59
  79位 ガルーダインドネシア航空   2007 1.3
  78位 中国東方航空         2004 1.18
  77位 トルコ航空          2003 1.15
  76位 シンガポール航空       2000 1.09
  75位 エジプト航空         2002 0.94

対象は90社だが,アジアの航空会社は事故が多いみたいだ。
我らがwフィリピン航空はワースト9位。

セブパシもこのクラス,と考えればいいだろうと思われる。


但し,セブパシのフィリピン人の間の評判の悪さは,
直近の事故の思い出が生々しい,というよりも,
料金が安い=信用できない,
という連想ゲームなんじゃないかと邪推している。


確かにセブパシは安い代わりに,
社内サービスはないし,座席はボロッちいし,狭い。

長時間乗るような場合だと遠慮したい飛行機だ。

しかし,2〜4時間程度なら,
かえっていろんなサービスは余分に感じる。
機内食も飲み物もいらない。

愛想が悪くてもかまわない。
こちらも,隣町に行くような格好で飛行機に乗ってるから,
一流のサービスされると,腰のすわりが悪くなる。


安いのが一番。
(いや,安全が一番なんだが,それは担保されてあるとして。)


.
posted by DEBUO at 17:42 | フィリピンと生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする