2010年03月29日

2010 TORINO Mao Asada and Yu-na Kim FS Comparison

みなさん,どうかこの動画をご覧になって下さい。

そして,ご存知のない方は1年以上前から沸き起こっている,
フィギュア女子に関するある噂の真偽を検討してみて下さい。


右の選手は,全般的に構成にメリハリがなく,身体の切れもなく,
特に後半はばてているのか,明らかに投げやりな感じがします。
末端に全く神経が行ってない演技ですね。

なおかつ,尻餅をつき,演技を途中でやめるようなそぶりを見せ,
これがフリー1位の演技なんだそうです。


それに対して,左の浅田真央,凄いですね。

最後まで勢いが衰えず,それどころか,
最後になればなるほど力強さが増して行くような演技。
ちょっと鬼気迫るものを感じました。
同時に,フィギュアで久しぶりに感動しました。

浅田真央は失敗もありません。
右の選手とは比べようもない素晴らしい演技だと私も思います。

というよりも,浅田真央,ものすごい高みにいるんじゃないでしょうか。
体力的にも精神的にも。


.
posted by DEBUO at 00:00 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする