2010年04月22日

LOOPY JOKE


LOOPYの語源
鳩山首相は「愚か者(LOOPY)」?米紙が首相を酷評し波紋 米紙ワシントン・ポスト


ネットから

『日本には謎の鳥がいる。
正体はよく分からない。
中国から見れば「カモ」に見える。
米国から見れば「チキン」に見える。
欧州から見れば「アホウドリ」に見える。
日本の有権者には「サギ」だと思われている。
オザワから見れば「オウム」のような存在。
でも鳥自身は「ハト」だと言い張っている。
私はあの鳥は日本の「ガン」だと思う。』


ネットから

「鳩山首相は、日本の政治史上まれにみる知識人宰相。
どのタイミングで決断するのが有利かを探っている 佐藤優」 

『佐藤優、お前はクラウザーさんに期待するDMCファンか? 』
(自民党への憎しみが彼の目を歪めたのか,
 或いは,ロシア仕込みの反語なのか?)



Yahoo!Japan 知恵袋 より

『ご存じのとおり、我が国には自由民主党(Liberal Democratic Party:LDP)と民主党(Democratic Party:DP)があります。
しかし、民主党は永年自民党から、「自由民主党から『自由』(Liberal)がなくなったのが民主党だ」などと揶揄されてきました。小沢党首の影響力があまりに強かったためでもあります。
そこで民主党は、小沢党首(当時)が辞任した際、一計を案じました。
「じゃあうちも頭になんかつけりゃいいじゃん。」
それで党首に抜擢されたのがルーピー鳩山です。
ルーピーとは英語で「Loopy」。これを民主党の頭に据えることで、民主党は「Loopy Democratic Party」となり、英語略称も自民党とおなじ「LDP」になります。これなら自民党も名前に文句をつけられません。
この案は大成功しました。ルーピー鳩山は「愚ルーピー」と呼ばれる取り巻きを生み、先の衆院選で大勝利をおさめ、政権奪取に成功したのです。
Loopy Democratic Party。日本語にすればさしずめ「愚民党」ですかね。』


オバマ−ポッポ関係

『トラスト・ミー(わたしを信じて)』
首相への不信決定的に=普天間移設、発言捏造に不快感−米政権 時事

『オバマ・鳩山会談は無し。代わりに隣り合わせの夕食会』
極めて異例 YOMIURI

『きちんと最後まで実現できるのか(Can you follow through?)』
オバマが米軍普天間移設をめぐり,鳩山首相に対し
読売新聞2010年4月18日朝刊

オバマ米大統領は、鳩山さんと会談するのは
『本当に嫌だ、顔も見たくない』
町村信孝元外相、米側関係者の情報として。
毎日jp


上記はJOKEじゃありませんけどね。
ノムヒョンどころじゃないですね,オバマのポッポに対する反応。


ポッポの長所,そういやありました。
超ポジティブ思考w

国民『辞任しろ』
鳩『皆さんの思いを頂戴して,頑張ります。』

思考回路がおかしいのか,
それとも繊細さというものがすり切れてしまっているのか。
或いは,元々神経が張り巡らされていないのか。

「せめて1年は首相を続けたい。あの安倍晋三さんだって1年やったのだから」
首相は最近、側近の一人にこう漏らしたという。
日経新聞


鳩山氏の浮薄な揺曳感とフルチン・チャーチル



posted by DEBUO at 00:00 | 鳩山政権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする