2010年05月05日

【普天間】まれにもみないバカ「海兵隊が抑止力と思わなかった」

あのクソ馬鹿が沖縄へ訪問して何か失言するだろう,
とは日本中の人達が思っていただろう。

しかし,敵は一枚上手w

【普天間】まれにもみないバカ「海兵隊が抑止力と思わなかった」


これでも,日本のトップらしい。

しかもね,本当に理解したのかどうかもわからない。
単なる言い訳として言ってる可能性もある。
明日になれば,また違うことを考えているかもしれない。

このウスラ馬鹿にはそこまで疑いをもっていなくちゃならない。
まったく,やりきれない。

いや,いいんですよ,海兵隊には抑止力が無い,と主張しても。
しかし,この男はそういうレベルじゃない。
ひょっとすると,『抑止力って何?』というレベルかもしれない。

しかも,ものすごく大事なことなのに,
何か沖縄に向かう自衛隊の中で講義を受けて,
初めてその重要性を理解しました,
そんなすごく安易な感じがこの男の発言に漂うんですよ。

日本の首相は,自国の安全保障に対する理解が非常に欠けている,
そのことを世界に向けて発信したことが問題。


こういう電波人間が日本のトップにいる,
ということが今の日本の現実だ。

日本人の多くは,マスコミに踊らされたとはいえ,
現状を良くしたくて民主党を選んだはずだ。

それが結果として,政治史に残るお笑い人間を首相に戴かせてしまった。
これは何の罰なんだろう。


沖縄は,超重要な戦略拠点

さて,沖縄について私の考えるポイントを整理しておきたい。

沖縄は,超重要な戦略拠点である。

  アメリカ・日本(海洋勢力)と中国(大陸勢力)のぶつかる狭間にある。
   (私はこれを仮に第2アチソンラインと呼んでいる)
  アメリカの世界(特に東アジア)戦略の要にある。
  日本のシーレーンの途上にある。

第2アチソンライン.jpg

 黒色ライン:私が第2アチソンラインと便宜上呼んでいる線。
        古くは共産主義と自由主義陣営,
        現在は日米(海洋勢力)と中国(大陸勢力)の衝突ライン
 赤色ライン:中国が影響力を拡大したがっている目標ライン
        当面は,第2アチソンラインを第一列島線まで広げることが目標

中国はなるべくセーフティゾーンを広く取りたがっている。
19〜20c前半の侵略された苦い経験があるため,
対外勢力に恐怖感があるからだ。

先の大戦後,中国ほど周辺諸国とトラブルを引き起こしてきた国はそうない。
それは,彼らの帝国主義的野望,というよりも,
物理的に対外勢力との緩衝エリアを広くとりたい,
という感情が真っ先に優先した結果,と私は考えている。

中国の最大仮想敵国はアメリカである。
アメリカとの緩衝エリアはなるべく広く取りたい。

アメリカと対峙する時の最前線が沖縄だ。
だから,中国は是が非でも【沖縄】を抑えたいわけだ。


さらに,中国の現実的な第一仮想敵国はアメリカであるが,
裏の第一仮想敵国は日本だ。
先の大戦の記憶があるから,心理的にはなおさらだ。

なんとしても日本をやっつけたい。
少なくとも,日本がこの地域で大きな顔をするのは阻止したい。
沖縄は日本の大切なシーレーンだ。
中国が沖縄を奪取すれば,日本には大打撃だ。

ことさら中国が執拗に沖縄を狙う理由がここにある。


アメリカ側から見てみよう。
アメリカが何故沖縄にこだわるのか。
勿論,世界(特に東アジア)戦略の要に沖縄があるからだが,
アメリカには【世界の警察】をやめられない事情がある。

それは,米ドルの基軸通貨体制を維持したいからだ。

軍事的地勢沖縄.jpg
  ※この地図1枚で沖縄の重要性はすぐご理解頂けると思う。

米ドルが基軸通貨である,ということは,
アメリカの経済国境が世界に広がっていると言うことである。

米ドルの基軸通貨を担保するものの一つに軍事力がある。
地域を無理矢理にでも安定させ,
ドルを蔑ろにしないようににらみをきかせ,
特にアメリカ企業のその地域での活動をバックアップする。
それがアメリカの軍事力だ。

簡単にいえば,借金取りたてにはヤクザがいた方がいい,
ということ。


アメリカの軍事力が後退すると,
 =ドルの基軸通貨としての地位低下
 =アメリカの経済国境の縮小
 =アメリカ貿易赤字が大問題化
 =アメリカのアルゼンチン化

ここまで事態が悪化する恐れがある。
だからこそ,アメリカは世界に展開する軍事力を
なかなかひっこめられないし,
イラクのようにいいがかりをつけても戦争に打って出る,
という嫌国家にならざるをえない。

その世界の警察の東アジアの要が沖縄。
  ◆朝鮮半島,台湾海峡有事への即時対応
  ◆東京まで1500km,
    北京まで1800km
    マニラまで1520km
東アジア主要都市の中心にあると言っていいのが沖縄。
  
さらに中近東あたりまでをカバーするのが沖縄。


ついでに。沖縄以上に重要な日本。

さて,アメリカにとっても中国は最大の仮想敵国だ。
さらに,現状では犬だが,
将来どうなるかわからない危険な存在がこの地域にはいる。
日本だ。

国土の大きくない国だが,日本のプレゼンスは強烈に大きい。
現状では中国の方が目立つと言えども,
だからといって日本を蔑ろにすることはできない。
日本が中国側につくだけで,アメリカは間違いなく没落する。

例えば,アメリカの兵器は日本の先端技術なしでは維持できない。
日本がアメリカの国債を買わなくなったら?
第2アチソンラインが日本の太平洋側に引かれるようになったら?
日本が軍事的に独立して核配備したら?

アメリカ日本の犬である。
そう言っても遠からず,ということだ。
日米は互いに利益を共有しあっている。


アメリカの利益はそのまま中国の不利益だ。
逆にいえば,それは日本の動向次第で
利益・不利益が入れ替わる。

日本パッシング(passing)とか自虐的にいう人が多いが,
米中両国も日本パッシングできるはずがない。
両国の将来を占うことのできる,ものすごく重要な国なのだ。


沖縄から基地がなくなることは未来永劫ありえない。

世の中には,やたら自虐をばらまく人がいる。
そういう人の夢想の一つは,沖縄から基地がなくなればいい。

しかし,沖縄から基地がなくなることはおそらく未来永劫ありえない。

基地の所有者は誰かは問わない。
日本がアメリカから独立すれば,自衛隊(日本軍)の基地になり,
沖縄が独立すれば,沖縄軍の基地になり,
媚中になれば,中国軍の基地になる。
沖縄から基地がなくなる時とは,世界中から軍隊がなくなる時だ。

沖縄はそういう場所にある。
現実を忘れてお花畑に走っても,新たなる為政者に取り込まれるだけ。
そして相変わらず【基地反対闘争】を繰り広げるのか?


沖縄独立を叫ぶ人がいる。
沖縄の大部分の人がそう望むのであれば,
独立すればいいと思う。

しかし,独立したいのであれば,力を持たなくてはならない。
沖縄はフィリピンのような存在意義の薄い地域ではないのだ。

力を持たなければ,
独立した瞬間にタンを撒き散らし辺り憚ることなく大声で叫びまくり,
行列を作ることを知らない人たちが群れをなして押し寄せる。

沖縄は軍事的要衝ではあるが,
同時に経済的な立地にも恵まれた土地だと思う。
台湾以上に経済の盛んな地域になってもおかしくない。

しかし,現状では沖縄は経済活動で注目されることは滅多にない。
何故なんだろう?日本政府のせいにするのはやめてくれよ。
その一点を見るだけでも,沖縄の独立は遠い。



辺野古移設終了グラグ?
アメリカ、徳之島案反対を表明_日米実務者協議_杭打ち桟橋方式にも難色
日本政府関係者「現行案の修正を5月末にこだわらず、継続協議とした方が現実的」

かなり前に民主 山岡国対委員長がこんな発言していたのを思い出す
普天間 総理は5月結論と言っているが「もっとゆっくり考えるというのも結論だ」

山岡さん,日本語しゃべってくれ,とは思うが,
普通の人なら容易に見通せるよね。普天間が混迷することを。

現在の民主党議員の,あのウスラ馬鹿に対する支持率,どの程度あるんだろう。
頭抱えている人多いだろうな。


posted by DEBUO at 13:36 | 普天間・沖縄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする