2010年05月18日

なかなかいいぞ,コトリンゴ

コトリンゴ:こどものせかい

『マイマイ新子と千年の魔法』 主題歌 


宮崎駿のアニメ『こどものせかい』の主題歌を聴いて,
かなり気に入ったのでチェックしている。

コトリンゴ:chocolate



アーチストの名前はコトリンゴ。

まず,声がいい。
矢野顕子と谷山浩子を足して2で割った感じかな?

一聴して子どもっぽいように聴こえるのだが,
声に衒いとか媚がなく,またかなりの知性を感じさせるので
そのメルヘンチックな詩情をすっきり聴くことができる。

それから,ピアノ。
かなり上手いし,音がこなれている。

男性的と言うか,スパッとしたタッチなので,
彼女の声とのミスマッチ感?が新鮮に響く。

バックの人もジャズ畑の人かな,ポップスとしては相当な演奏力だ。
何しろ,上記の楽曲,多分7拍子だ。

歌唱力もそうなんだが,演奏・アレンジにも高度な音楽性がある。


プロフィールを見てみたら,31歳。
それなりのキャリアがあるのか。
どうもバークリーを出てるようだ。

坂本龍一が目をつけている逸材のようだ。
個人的には坂本龍一はあまり好きではないが,
まあ,彼が好きそうなタイプではある。


コトリンゴ & 坂本龍一 - to stanford (LIVE)



私にとっては,perfume以来のヒットだ。
しかも,久しぶりに『アーティスト』に出会った。

(モー娘。とかをアーティストと呼ぶのは,ホント,勘弁してほしい)

このコトリンゴ,かなり気に入っている。
ひょっとしたら,21世紀に入って知った音楽家のうち,一番好きかも。





posted by DEBUO at 02:53 | 映像・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする