2010年07月13日

ネットスパマーたち その2

スパマー続き。

以前,皆さんにご報告したスパマー。
  ★ネットスパマーたち
  ★ネットのスパマーたち。
ほぼ,人物が特定できました。

だから投稿しようか随分と迷いましたが,
(個人攻撃になりますから)
相変わらず偏った話を繰り広げているようなので,
こういう人物がネットを徘徊している,ということを
皆さんにお知らせすることにしました。


驚いたことに,このスパマーの正体は,
数ヶ月前に休止した一応社会派ブログの
管理者または管理者に非常に近い人物。
  ★社会派ブログをAブログとする。
  ★管理者をB氏,近い人物をC氏とする。

一応,というのは,投稿は社会の問題点が中心なのですが,
  社会の問題点といっても,内容が浅い。
  むしろ自分の比彼女?の画像ブログ。
  何故かコメント欄はフィリピン系が中心。
そういうブログだったからです。


そのコメント欄は最盛期には,
毎日数十のコメントで賑わっていました。

YAHOOブログとか,AMEBAブログならば,
ブログ仲間を作りやすい環境にあり,
コメント欄が賑わうことが多いのですが,
彼らの使用していたブログでは,
これだけコメント欄が賑わうのは珍しいと思います。


それもそのはず,コメント欄を賑わしていたのは,
一人(または二人チーム)の人間だったのです。
しかも,彼らはブログ管理者B氏,
または管理者に非常に近い人物C氏でした。

彼らは,私が証明できるのだけで20ものHNを駆使していました。
さらに,ほぼ断定していいHNが10以上あります。
彼らは,いったい幾つのHNを持つのか把握不可能です。

少なくもと30以上はあると見られるHNを持つ人物が,
HNをとっかえひっかえして,
一人(または二人)でそのブログコメントを賑やかしていたのでした。


それだけなら殊更非難されるいわれはないかもしれません。
ある種の営業努力と言えなくもないですから。

しかし彼らの場合は,とにかくトラブルが多く見られました。
自分や他のブログでKTV,個人を攻撃していたからです。

だから,彼らはいくつかのブログから締め出され,
いくつかのブログは炎上した結果,閉鎖の憂き目にあい,
何人かの個人は,彼らからとことん叩かれ,
当のAブログの真水のコメンター複数とは諍いを起こし,
残りの数少ない良心的コメンターも,
殆どがAブログから逃げ出してしまいました。



私が,Aブログのコメンターの多くが同一人物(または二人),
ということを知ったきっかけは,
あるKTVブログに押し寄せるスパムコメントを調べたことからでした。

その後,複数の人たちから情報が寄せられ,
付き合わせてみたところ,
Aブログ管理者B氏,及びそれに非常に近い人物C氏が
そのスパマーであることを特定しました。


特定したのは,スパマーが自分たちのブログを休止した後でした。
しかし,休止後も彼らがネットに徘徊するだろうと思いましたので,
我々はフィリピン系ブログを中心に監視していたのでした。

案の定,おそらくC氏が中心となって,
様々なブログにコメントをし始めました。
そのブログ数,10以上を確認しております。

コメントするだけなら害はありません。

しかし,例によって同じようなやり口で,
つまり相変わらず多重HNでの一人マッチポンプを繰り返し,
良心的な顔をしながら,
自分の起こした諍いをひきずるコメントを残し始めたのです。


代表的な語り口はこうです。

  裏情報らしきものをばらまき,
  自分がさも日本でもフィリピンでも実力者,
  或いは世情に長けた人物と見せかけた上で,
  在住者はみんな頭がいかれている。
  だから,自分と諍いを起こした特定の在住者はいかれている。

それだけではありません。
さらに私を憤慨させたのは,私の関係するKTVについて,
あることないことコメントされることでした。

応援するような顔をして,そら見たことか的な,
上から目線コメントをするのですよ。


私は,C氏の発言の9割は眉唾だと思っております。

彼の出す裏情報というのは,
エルミタ・パサイにいれば,普通に耳に入ってくるもので,
しかも,ソースが怪しい。

また,自分の経歴には随分と下駄をはかせているでしょう。
あくまで推測ですが。
 ※いずれにせよ,ネットに流れ出る経歴
  しかも自己紹介などあてにならない。
  ましてや,HN30以上の男の言うことなど,
  誰が信用できるというのか。

ソースの怪しい情報を彼がせっせと流すのも,
自分の経歴を粉飾するのも,
主に賞賛を受けたいからだろうと推測しております。

  事情通と思われたい,
  女にもてると思われたい,
  凄腕ビジネスマンだと思われたい,
  フィリピンのベテランと思われたい,
  裏社会に通じている捌ける男だと思われたい,

その一心でせっせとコメントを流しているんじゃないのか。

でも,そんな子どもっぽい所業は失笑レベルでしょう。
最大の問題点は,
彼が,特定の人物や特定のKTVを非難するコメントを残すことです。
それが我々を非常に苛立たせています。

さらに,この人物はトラブルメーカーであることを忘れてはなりません。

常時は良心的な顔をしていますが,
一つ気に入らないことがあると,豹変して,
上から目線コメントを連発するようになります。

しかも,しつこい上に,HN30で襲い掛かってきますから。

そうなると,ブログのコメント欄がコントロールできなくなります。
ただでさえ,ブログ投稿と関係ないコメントが並ぶ傾向があるのに,
そこに加えて,コメント欄が荒れてしまいます。

  彼らはいくつかのブログから締め出され,
  いくつかのブログは炎上した結果,閉鎖の憂き目にあい,
  何人かの個人は,彼らからとことん叩かれ,
  当のAブログの真水のコメンター複数とは諍いを起こし,
  残りの数少ない良心的コメンターも,
  殆どがAブログから逃げ出してしまいました。

これは単なる事実を列強しただけ,なのです。


私のこの投稿を,皆さんに信用して頂けるかどうかわかりません。
ただ,思い当たる節のある方はどうかくれぐれもご用心ください。

コメント欄というのは,通常たくさんの人がコメントを残しません。
急に見ず知らずの人からのコメントで賑わい始めたらご用心。

  投稿内容と関係のないような話をする,
  コメンターの知り合いが次々とコメントを残す,
  在住者をこきおろす,
  コメンター同士が褒めあう,
  等々,

思い当たる節のある方,どうかご注意ください。

注意されないと,ブログがコメント欄にのっとられ,
炎上してブログを閉鎖せざるを得なくなるかもしれません。



.
posted by DEBUO at 00:00 | ネット・PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする