2010年07月16日

モスクワで猛暑 水の事故多発


モスクワで猛暑 水の事故多発

少し前から気になっていたことがあります。
私のブログ右上に貼り付けてある天気図。

DEBUO日記2.jpg

数週間前からシベリアのど真ん中,異常高温です。
色から見れば,日本より暑いんですよ。
しかも,少しずつ北上している感じです。

冬のシベリア高気圧ならきいたことがありますが,
この時期のこれほどの高温,不思議に思っていました。

どうやら,異常気象のようです。


気象庁 主な異常気象・気象災害
中央シベリア南部のウランウデでは、たびたび日最高気温が34℃に達した(平年値:約25℃)。
中国内モンゴル自治区のハイラル(海拉爾)では、最近1か月間の降水量が10mm以下だった(7月の月降水量平年値:100.9mm)。

どういう加減でこんな風になるのかはわかりません。
今年は,マニラも異常高温が続いていますが,
世界的にも例年を遥に上回る高温状態のようです。


月の平均気温平年差(2010年6月)

 気象庁
クリックすると拡大します。
気象庁 - 世界の気象統計データ_1279243918343.jpeg

黄色とか,橙色とかは,平年よりも平均気温が高いことを示します。
2010年6月は,かなり広範囲に渡って例年よりも暑かったんですね。

気象庁 異常気象発生地域



ところで,私が引っ越してきたカバナトゥアン。
予想通り,特に夜はすごしやすいです。

マニラよりも内陸部にあり,さらにカバナの郊外にあるためか,
夜はマニラの12月ぐらいまで温度が下がります。

マニラはあんまり暑いんで,2年ほど前から,
床に直接寝るようになってました。

でも12月になると,ちょっと床に何か敷いて,
さらにタオルケットか何かがいるぐらいになります。

ここカバナの夜は現在そんな感じの温度ですね。

そればかりか,昼もマニラよりも涼しいです。
扇風機がいるか要らないか,微妙な温度です。



ああ,そういえば現在西日本を襲っているという豪雨ですが,
気象庁によると,世界的に見ても異常多雨地域のようです。

 記者「菅首相が来るのが2時間遅れたが、豪雨被害の対応はどうか?」
→官房長官「公邸なので(何かあれば)瞬時に連絡がつく」


そういや,口蹄疫の時も,担当大臣が似たようなことをぬかして,
キューバへ遊びに行ったような記憶が・・・
その時とはきっと状況が違うんでしょう。

でも,こういうルーチンかな?
災害が起きても対応がわからない。
⇒地方まかせにする。
⇒被害が出れば,地方のせいにする。
それが,民主党の言う地方分権。

13日からの雨が既に400mmにも達した地域があるとか。
去年,マニラでも400mmの雨が降って大惨事になりましたから,
人事に思えませんね。
posted by DEBUO at 10:56 | 世界の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする