2012年01月22日

結婚式

20日の金曜日,友人の結婚式があった。
ここカバナではめったに無いような豪華な結婚式である。

豪華になったのは,
新郎が舞い上がっていたからではなく,
けじめを彼女の親戚一同に示したい,
という心遣いからである。


しかし,フィリピンで結婚式をあげるのは結構ややこしいことが多い。
それは,フィリピンを知る方ならご存知のことだろう。

今回の場合は,式は教会で行う。
新郎はクリスチャンに改宗する必要がある。

マニラとかだったら,融通が効くのかもしれないが,
ここカバナで日本人が改宗する初めてのケースなんだという。

だから,入れなくてもいい力が教会側に入ってしまったようだ。

例えば,事前に講義を何度も受けなくてはならないのだが,
朝から夕方までみっちり,それが何日も続く。

勿論,日本語はない。
しかも,宗教用語のオンパレードである。

苦行である。
やはり,改宗などという大切なことをするには,
荒行を乗り越える必要がある。


さて,新郎のたっての願いにより,
たくさんの花で美しく飾られた教会で,
これまた美しいドレスをまとった美しい新婦との式が
つつがなくとり行われた。

その後は,カバナ一のホテルでの二次会,
例によってZAPPSでの三次会で結構飲み倒した。


我々は酒豪が多い。
日本酒なら一人1本行くこともざらにある。
場合によっては,それ以上の酒量になる。

木曜日も前祝いで飲んだこともあり,
私は土曜日は飲み疲れて寝ていた。


で,ようやく投稿する気力がでてきたのだが,
残念ながら画像を投稿することができない。

とりあえず,祝い事をご報告申し上げます。



posted by DEBUO at 06:55 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする