2012年04月27日

連日暑い その2

ツモーネ氏宅での畑作りでは,
我々は手を動かすよりも,
口を動かす時間のほうが圧倒的に長い。

そんな中で,我々3人分の働きをしている比人がいる。
ZAPPSで働くA氏である。
非常に真面目な男だ。

しかし,彼は,不可思議な言動をする。
先々週の【土曜日】の話だ。

ZAPPSひろし氏が彼に,
『作業開始はいつから?』
と聞いたところ
『【月曜日】から』
と答えたそうだ。

実際は【日曜日】から作業が始まり,
しかも,その彼も作業に参加していのだ。

日曜日に参加できなかった『ひろし』氏が彼に文句言ったところ,
彼は日曜日に『偶然』ツモーネ氏と出会ったので,
(月曜日でなく日曜日に)作業に参加することになった。
と答えたそうだ。


比人の多くは,その場限りのすぐにバレる嘘をつく。
おそらく,その場を切り抜けたいためだけに,嘘をつく。
(そうせざるを得ない文化的背景もあると考えられる)

だから,私は比人の発言をほぼ信用しない。
できるだけ,比人の行動で判断しようと務めている。


しかし,まだこれはカワイイ部類だ。

比人の一部には,明らかに他人を害する目的で
嘘をつく人たちがいる。

しかも,少数ではない。
半分以上の比人には,そういう性質が備わっている,
と考えたほうがいい。

比人の嘘を生み出すのは,
『インギット』という感情である。

日本語では嫉妬心であるが,
おそらく,インギットには,
嫉妬して『他人を貶める』,
というような意味が加わる。

それだけ,嫉妬にかられてとんでもない発言をする比人が多い,
ということだ。


ここに比人の『噂好き』という性質が加わると,
『チスミス(噂)』になる。

『チスミス』には概ねいい意味はない。
嫉妬心,他人を貶めようという企みが根底にあるからだ。

日本でも,噂話には尾ひれがつきものであり,
悪意に流れやすいが,
ここフィリピンでは,その程度がひどい。


或いはこういうのも考えられる。

ある人が,誰かに忠告したとしよう。
心配している素振りをしているが,
内容はでっちあげである。

なぜでっちあげをするか。
その誰かさんの気を引くためである。

気を引くために,話をでっちあげ,
さも心配している素振りで
気を引きたい誰かに忠告をする。

比人にはよくある話だと,
私の知人の比人が教えてくれた。

これもチスミスの一端をなすが,
まるで子供の言動である。
大人が使うとなれば,タチが悪い。



だが,チスミスなどの比人の言動には
バカにならないものがある。

普段は頭の固い人の多い比人ではあるが,
何故か,チスミスを簡単に信じてしまう。
非常に陽動されやすい人々である。

ある夫婦がいる。
三面記事大好きな夫婦だ。
三面記事好きに夫婦の性格も相まって,
チスミスがひどい。

その根底には,夫婦のよろしくない心根がある,
と考えられている。

そのチスミスのおかげで,
その夫婦の周りのいくつかの家庭で
深刻な夫婦喧嘩がまきおこった。

それが遠因となって,
別居状態になった家庭もある。


上記の問題夫婦は,特殊な例かもしれない。
チスミスに限らずこれだけ容易に顰蹙をばらまく夫婦を
私は他に見たことがないからだ。

しかし,さほど特殊でもないかもしれない。

さすればフィリピンでの人間関係,
特に奥さんが比人である場合は
気苦労が多いだろうと察せられるのである。


.
posted by DEBUO at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする