2012年08月24日

竹島・尖閣・北方領土

韓国では,日本は尖閣や北方領土ではおとなしくしているのに,
どうして竹島だけ騒ぐのか。
韓国が小国だから,見くびっているのだ。
と相変わらず見当違いのことを言っているらしい。

竹島に大統領が上陸した意味,
大統領が天皇を卑下した意味,
その重大さに気づいていないらしい。


尖閣


尖閣は日本の領土であると日本政府が主張し,
日本が管理・支配している。

先日の尖閣騒動でも,香港の運動家を日本の法律でもって逮捕した。
また,尖閣には紛争がない,というのが日本の立場である。
つまり,ICJに提訴する理由がない。


尖閣でICJに提訴するのは,中国の役割となる。
だが,中国はICJには提訴しない。
負けることがわかっているからだ。或いは,ICJを信用していない。
中国はいいがかりをつけて,尖閣を紛争地域にしたいだけなのだ。

もちろん,中国が提訴した場合は,日本は無条件で裁判に応じる。
日本は提訴された場合,応訴する義務があるのだ。
(選択条項受諾宣言という)


中国が尖閣を武力で占領したとしよう。
日本が尖閣を取り返すには,戦争かICJしかない。

ICJで日本が勝訴したとする。
しかし,中国は裁判結果を無視して尖閣をどかない。

安保理では,中国は拒否権を発動するから,
安保理は役に立たない。

つまり,中国が尖閣を占領したら,取り返すには戦争しか無い。


尖閣の問題は,韓国にとっても重要な問題なのだが。
尖閣/沖縄を中国に抑えられたら,
韓国のシーレーンも中国に抑えられることになる。

だから,本来ならば尖閣問題に関しては
韓国は日本に味方すべきなんだが,
大多数の韓国人にとっては考えたこともないのだろう。

なお,先日の尖閣騒動については,稿を改める。


北方領土

1972年に,日本はソ連にICJへの付託を提案している。
この時はソ連から拒否されたが,
翌年,田中・ブレジネフ会談において日ソ共同声明。
日ソ間の諸問題を解決した後,つまり北方領土問題を解決後,
平和条約を締結することが合意された。

つまり,現状では領土問題解決に向けて話し合いの最中で,
ICJに提訴する必要がない。

もっとも,現状ではICJで勝訴しても,ロシアは判決に従わないだろう。


ICJでの判決の実効性については,竹島も同様であろう。
仮にICJで日本が勝訴しても,
韓国は竹島からどかない可能性が強い。

もっとも,韓国が判決に従わない場合,
中国やロシアと違い,日本は韓国に対して,かなりの強硬手段をとれる。

それは,『竹島海戦 その1』で触れているとおり,
実際の戦争という意味ではない。
経済制裁だけでも,韓国に相当の打撃を与えることができる。

また,国際社会の目も非常に厳しくなるであろうから,
韓国が判決を無視した代償は非常に大きいものになるのではないか,
と考えられる。


.
posted by DEBUO at 00:36 | 東アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする