2012年11月26日

マニラの思い出

私は当初インドネシア移住を目指したのだが,
言葉の問題とビザの問題で断念,
そこでフィリピンを試して見ることにした。
訪れたのはカロオカン。
私の友人の彼女の実家があるところだった。

当初,散々脅された。
出歩くとやられるよ,と。
だから,最初の1週間は一人で外出ができなかった。

おそるおそる外出してみると,なんてことはなかった。
少しずつ距離を伸ばしていき,
半年も経つと,一人で飲み歩くようになっていた。

しかし,日本よりも明らかに治安が悪いのは確かだった。
何度か置き引きにあったり,
飲み屋で喧嘩になったりした。

喧嘩するのは,いつも隣町の連中とだった。
向うから絡んでくるのである。

隣町,というのは,
通称パラダイスというマニラ有数のスラムだった。
私に言わせれば,マニラ中がスラムだと思ったが,
パラダイスはスクワッターエリア(不法居住地域)だった。
1km四方程度のエリアである。
何度か入り込んだことがあるが,
他の地域と比べて特別危険だとは思えなかった。

しかし,フィリピン人は隣町を悪く言いがちである。
スクワッターエリアとなれば,悪し様にいう。
何しろ,トンドの連中がパラダイスはトンドより怖い,
というぐらいだ(笑

実際にどうだかは関係ない。
貧乏人の集まりということでパラダイスは低く見られる。
だから,パラダイスと周囲の街とが反目しやすい。

私が飲んでいた場所はパラダイスと私の街との境目にあった。
まともな連中の来るところではない。
以前には,そこで殺人事件も起きたという。

そこで日本人が『金にあかして』女の子を口説いていたら,
腹が立つに決まっている。

私は普段は羊のように大人しい。
しかし,酔ってくるとそこは小人の悲しさ,応対してしまうことがある。

ちょっとした騒ぎになり,私も怪我をして1週間ほど寝ていた。
いや,蹴ろうとしたら何かにぶつけて怪我をしたのだが(泣
あたりどころが悪く,骨が見えるような怪我をしたのだ。
自爆もいいところである。

比人の友人が心配するので,一旦日本に帰り,
しばらく養生していた。


数ヶ月で舞い戻り,前と同じような生活に戻ったが,
こんなこともあった。
ある日,飲み屋のママに
 『あなた,命を狙われているよ』
と忠告されたのだ。

これはひどい話で,
私を狙う,と公言していた男の元妻の再婚相手が,
日本人だったのだ。
嫉妬にかられて日本人嫌いになっていたのである。

その男はジャンキーで暴れもの。
取り巻きも何人かいる。
酔っ払った時にその男と出くわすと喧嘩になる。

それでしばらくは夜間そのあたりを避けるようにした。


比人はシラフの時は大人しい人が多い。
日本人よりもずっとマイルドというか,小心者が多い。

しかし,酔うと急変する場合がある。
私の知合いでいつもは極めて大人しい男が,
酔って多人数相手に喧嘩になり,
青龍刀のような刃物を持ちだしてきたのに驚いたことがある。

フィリピンは命も安い。
ヒットマンの話を何度か聞かされたことがある。
話10分の一ぐらいで聞き流していたが,
日本のPP数件分ぐらいの値段だった。


カロオカンにいた時は,私は割合周囲に顔の効く比人と親しかった。
そいつは根が真面目なのだが,
かといってカタギとはいえないタイプだった。

割りと彼の面倒も見たし,その代わりに私は安全を彼からもらった。
ホールドアッパーと呼ばれる奴らも周囲に何人かいたが,
私がその友人と親しいことを知ると気安く私と接っするようになった。
私なりのリスクヘッジだった。


異邦人が見ず知らずの土地で暮らすのには注意が必要だ。
MLというSNSので知ったのが,
私の住んでいた街から2kmほど離れたところのできごとである。

ある若い日本人がその街に日本からやってきた。
そこで知り合った在住の日本人が,比人からたかられている。
その程度が酷くて,街ぐるみでその在住にたかっていたらしい。
若い日本人が一肌脱いで,在住日本人を日本に返して上げた。

おもしろくないのは,在住日本人を食い物にしていた連中である。
それ以来,道を歩けば彼らが殴りかかってくるようになった。
ある日,10分ほど家を留守にした。
その間に,現金とともに家財道具ごっそりやられたという。


もっとも,この日本人に同情しきれないのは,
そこまでされてまだフィリピンにしがみつこうとしたのだ。
すぐ帰ったほうがいい,と忠告を受けても,
全く理解しようとしなかった。

だから,彼の話がどこまで本当なのか,疑問も起こるし,
話が本当だとしても,判断が幼すぎる。


外国で日本人が一人で暮らそう,というのには,
いろいろと危険がつきまとうのである。


.
posted by DEBUO at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする