2012年11月28日

フィリピンと在住邦人

フィリピンに関する危険は,邦人によるものもある。

フィリピンの在住邦人には気をつけろ。
とは昔から言われていることである。
多くの在住日本人は慎ましくて善良だ。
しかし,中には邪な輩がいることも確かだ。

私の友人のKTV経営者は,今までに何度も
支店を出さないか,とか共同経営をしないか,
とか言われてきたという。

中には信用に足る話もあるが,
たいていは口だけ出して金は出さないケースで,
随分お断りしてきたらしい。

或いは,ちょっと金を持っていると思われれば,
すぐに投資話を持ちかけてくる。
ネットでしか付き合いがないのに,
金を掘りに行こう,とか数千万円投資しろ,
とか,常識はずれも甚だしい輩がいる。

先日も,このような事件があったばかりだ。

  セブ市在住の日本人男性(64)が詐欺容疑で拘束される
  インクワイアー(英文)


確かに,フィリピンは詐欺/騙しの多い国である。
フィリピンに慣れない人の場合,
フィリピンでの商売の初期投資や家の建築費用は,
相場の3倍を覚悟する必要がある。

まだ現物が完成するだけマシ,であって,
そのままトンヅラ,というのもよく聞く話だ。
金銭トラブルが多いから,そのまま殺人に至ることもある。

フィリピンで殺される外国人はダントツでインド人だ。参考
原因は,インド人が金貸しをやっているからだという。

5・6(高利貸し)をやっている日本人で成功した,
という話を聞いたことがない。

既に帰国してしまった日本人の話だ。
彼はフィリピン超ベテランである。
タガログ語はベラベラ,昔からフィリピン絡みで商売をし,
フィリピン人のことも良く知っている。

その彼が地元で5・6に手を出した。
元はとれたみたいだが,回収するのが大変だった。
警官に応援を頼み,連日顧客の勤め先で張り込み,
それでも,何人かには開き直られた。

マニラにいた時にも,近所に高利貸しがいた。
彼は顔も怖かったが,回収部隊もあるという。
金貸しはどこでも同じだ。

この国は,金の感覚がルーズで,
借金はそのまま金の無心であったり,
返すつもりがあっても,額が大きくなって返すことができない,
そういう言い訳を作って,結局返さない。
しつこく催促すると,逆切れされることも多い。

庶民レベル,例えばサリサリストアなんかでは,
金をごまかす,ということはまずないのだが,
額が大きくなるにつれ,おそらく飛躍的に騙しが多くなる。

20pぐらいの話ならば,きっちりしていても,
桁が大きくなると,現実感がなくなるのかもしれない。

日本人も,長年フィリピンにいると,
かなりフィリピンスタイルに染まってくる。
ましてや困窮したりすれば,背に腹はかえられない。

相手が日本人であっても,迂闊に金の話ができないのである。


詐欺師とかは,極端な例であり,
当然,気をつけなければならない事例であるが,
もっと日常的な場面で注意を要する邦人もいる。

ある知り合ったばかりの日本人の話だ。
いきなり不動産の話をしてきて,それがしつこい。
『営業』とピンときて,すぐに心の扉を閉めてしまった。

ただ,それだけなら注意すべき人,程度であり,
さほど問題もなかったのだが,
その人物は,浅慮な発言・行動の目立つ人物だった。
しかも妙な自信家で,はた迷惑な自説を押し付けてくる。

当然ながら,周りに不快や不信を与え続け,
あっという間にその人物の周りから人がいなくなってしまった。


日本でもKYな人,というのは周りから敬遠されがちだ。
KYとは,空気を読めない,という意味で,
デリカシーのないタイプを言う。

こういう人は,言葉の裏や笑顔の隙間,
そうしたものに注意を払うスキルが不足している。
つまり,相手を見ることができない。
或いは,基本的に自己中で世界が狭い。

結果として,言動に配慮を欠き,
不用意に相手の尾を踏むことになる。

人間関係を築くのがうまくない,可哀想なタイプではある。
しかし,日常のそこかしこで精神衛生上にダメージを与えてくる。
困り者の日本人なのである。


.
posted by DEBUO at 00:00 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする