2015年09月13日

BABYMETAL08 アイドル戦国時代など


◆アイドル戦国時代

ここ数年,アイドルが乱立していて,
アイドル戦国時代といわれているらしい。
乱立しすぎた結果なのか,
音楽的にもショービズ的にもなんでもあり,
そういう状況が生まれているように見える。

日本は昔から作曲と特に編曲能力が高かったが,
このところのアイドル歌謡は音楽の質的に世界の最先端で,
プログレ歌謡と呼んでさしつかえないと思う。


◆モモクロ

猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」では,
マーティフリードマンが参加している。
楽曲・アレンジ・バックが凄過ぎて,
(ヒャダイン作詞・作曲・編曲)
アイドルの歌唱がまるでついていっていない。

というか,ファンの方には申し訳ないが歌下手すぎ。
まるで声が出ておらず,痛々しい。
ルックスは好みとしても,ダンスもいいとは思えない。

いくつか聴いただけだが,青春歌謡っぽいのが多く,
それも私の好みではない。
フランスライブの映像を見たが,日本にとどまるべきだと思う。


◆電波組

作曲・アレンジが秀逸。
オフィシャルの映像も秀逸。

アイドル?たちもそれなりの実力者たちのようだ。
破天荒な楽曲にあっても,存在が埋もれていない。
まあ,アイドルというのも幅が広くなってきたとは思うが(笑

それにしても,電波組を聴くと,日本のアイドル歌謡が
とんでもない進化をとげていると実感する。
繰り返すが,プログレ歌謡,と呼んでもいいぐらいだ。

特にアレンジの秀逸さは飛びぬけてる。
私など,あまりのゴージャスさに涙ぐむぐらいだ(マジ
とにかく,やたら過剰な畳み込むようなアレンジで,
ゲーム音楽の影響が強いのかもしれない。

欧米の進んだ耳を持った人たちも,
電波組には驚くんじゃないかと思う。
カルト的な人気が出てもおかしくない。

ヒャダイン(前山田健一)とか浅野尚志とか
やたら高学歴のクリエーターが参加している。


◆BIS
あまりにも楽曲が突出しすぎていて,
過激なパフォーマンスをやったとしても,
アイドル(?)たちの音楽的な存在感が非常に低い。

非常階段をオーバーグラウンドで見れてよかった。
(BIS階段)
非常階段はノイズ系のユニット。
BISというアイドルユニットと組んだのがBIS階段。
アイドルとノイズのコラボということで,
コンセプトはBABYMETALどころではなかったのだが・・


◆Maison book girl


BiSのコショージメグミを中心に結成された。
現代音楽とアイドルポップスを融合させたというが,
たしかに上の楽曲はリズムが非常に複雑でよくわからない(泣
(4分の4、4分の5、4分の6拍子が交錯するらしい)

一般受けはなくとも,とんがった人たち向け。


◆ゆるめるモ!


「ニューウェーブアイドルグループ」を名乗る芸能事務所非所属アイドルグループ。
ということらしい。
NEU!(70年代ジャーマンプログレ)にオマージュを捧げた楽曲。


◆FRUITPOCHETTE
脂ぎった手練れオヤジと
ヤンキーあがりの新人OLの組み合わせ。
成り立ちはBABYMETAL的とはいえる。

バックバンドは地方でそれなりのキャリアのある人たちらしい。
かなりの実力者だが,ヘビメタというよりもロケンロールが似合いそう。
パンクあがりか?
フロントはダンスはともかく,ボーカルがあまりにもアマチュア過ぎる。


全体的に激辛でファンの方たちには申し訳がない。
ただ,『一緒に成長する』のが日本のアイドルらしい。
だから,むしろ下手のほうがいいらしい。
売れたもの勝ちだし。
下手な歌唱も個性だ,などと居直らなければ良しとしよう。


◆MeltBanana

MELT-BANANAはアイドルではなく,
エクストリーム系のロックバンド。
BABYMETAL関連を追っていくうちに知った。

1993年から活動しているベテランだが,
恥ずかしながら私は存在を知らなかった。
初めてユニット名を見たときはメルツバウの別名ユニット?
などとボケてた(スマソ

クレイジーなバンドだ。
クリエイティビリティとかオリジナルティとかは
彼らのためにあるような言葉。

20年も活動していればテンションが下がってもよさそうなのに,
2013年に発売した『Fetch』は『ローリング・ストーン』誌の
「20 Best Metal Albums of 2013」で17位にランク・インした。

『Fetch』は以前よりも角がとれ,『ロマンチック』な仕上がりになっていて,
現在,私の愛聴盤になっている。



◆マキシマム・ザ・ホルモン

私的には,マッドの後継者。
一瞬のためからキレのある暴力的なリズム
という点で両者は似ている。

世界中どこへ出しても恥ずかしくない音の持ち主。
いやスマソ,パブリックな席には出せないが(笑
ジャンル的にはハードコア。
彼らは攻撃的なアウトローたちで,
『由緒正しい』ロックミュージシャンである。

ライブもいいが,私にはスタジオ/MTVのほうがイケてる。

最後まで我慢して聴いてほしい(笑


◆COFFINS

ドーム系ヘビメタで,これはワールドクラス。
ただし,大衆性はない。
悪い意味で,これぞヘビメタといえる音楽。
私はかなり好きだが,それでも長くは聴けない(笑
ネガティブな気分になるから。


他にも,ヘビメタという範疇に入るのかどうかはわからないが,
いろいろいいバンドが日本に生まれている。

DIR EN GREY
彼らは活動歴も長いし有名。
日本を代表するロックバンド。
彼らの世界観は独特でオリジナルティが高い。
さすがに一時期よりも人気は落ちているようだ。

和楽器バンド
ボーカルは詩吟の先生でかなりしっかりとした喉の持ち主。
すごい美人だし。
尺八・筝・三味線・和太鼓などもフィーチャーしている。
ボーカル以外でも何人かは師範クラスだという。
色物になりがちな編成だが,しっかりとした音楽を聴かせる。

これもオリジナルティが高い。



Nothing's Carved In Stone
ELLE GARDENの流れを汲むバンド。
まさしくロックバンドであり,楽器の音色を大切にしているところが,
好感がもてる。
ベースが格好いい。

CROSS FAITH,COLD RAIN,FACTとか
実力バンドは他にもたくさんいる。
今の日本はバンドブームといってもいいんじゃないか。

個人的な想像だが,アニソンやアイドルのバックで
ロック系ミュージシャンをなんとか養える土壌が
日本にできているように思える。


なお,過去を見渡すと,
70年代を代表する邦楽ロックバンドは
フラワー・トラベリング・バンド。
プリミティブな魅力に溢れる。
(あくまで私の趣味)

80年代は,
Gunjogacrayon(グンジョーガクレヨン)。
(あくまで私の趣味)

90年代は,
ぎりぎりBOOM BOOM SATELITES。
(あくまで私の趣味)

上記3者はオリジナルティが非常に高く,
ワールドクラスだと思う。



グンジョーガクレヨンは80年ごろによく聴いていた。
驚くことにまだ活動しているという。
当時の欧米のアバンギャルド系音楽と比べても,
まったく見劣りしない。

日本はこういうジャンルは昔から得意。

フリージャズの山下トリオが欧米を沸かしていたのは
70年代からだし,
メルツバウなんかはひょっとすると,
世界のベストセラー・ミュージシャン。
まあ,非常に狭い人たちの間でだが(笑



posted by DEBUO at 00:00 | BABYMETAL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする