2016年01月07日

サウジアラビア

サウジアラビアで聖職者の処刑以降,
激しいデモ,国交断絶,イラン大使館空爆?と
サウジアラビアとイランの関係がどんどん悪くなっている。

まず,聖職者の処刑はいかにも悪手に見える。
国際社会からは間違いなく,野蛮国サウジ,と見られるだろう。
いくらなんでも,それぐらいは想像できるはずだ。

それにもかかわらず,処刑を執行した。
断固たる決意,が伺われる。

考えられるのは,

1 イランへの恐れ

イランとサウジはかつてはイスラム帝国を主導した。
中近東の二大大国である。

イランはペルシャ人でイスラム教のシーア派,
サウジはアラブ人でイスラム教のスンニ派。
イスラムの正統争いから発した宗派であるため,
お互い非常に仲が悪い。

そういうこともあり,中近東の覇を求めて
歴史的に争ってきた。

今までは,サウジは欧米側で,
イランはロシア側,テロ支援国に指定されている。
サウジが立場が良かった。

しかし,半年ほど前に,イランで核協議が行われ,
アメリカとの関係が好転してきた。
それはサウジとしては飲めない話である。

さらに,イランは革命によって王政を倒した。
サウジは旧来たる王政である。
イランの株が上がれば,イラン(革命)にならおうとする
勢力がサウジに生まれるかもしれない。

サウジとイランは中近東の2大勢力であるが,
サウジから見れば,イランの国のあり方は,
現政権にとっては脅威であることは容易に想像できる。

2 アメリカへの抗議

アメリカはイランとの核協議合意に続き,
経済制裁解除をも視野に入れていると言われている。
背景にはシェール革命により,
アメリカが世界最大級の石油・天然ガスの国になったことがある。
中東に依存しなくてもよくなったのだ。

さらに,アメリカは40年ぶりに石油輸出を解禁した。
これがサウジ等の産油国を直撃している。
WTI(NY原油先物価格)は,最高150ドル近く,
1年半前でも100ドル近くあったのが,
現在では30ドル台。

crude10yr.png

サウジの収入はほぼ石油に頼っている。
1年前に比べると,収入が半分以下に落ちたということになる。
当然,サウジの財政に直撃している。

サウジでは公共料金や税金が無料か極めて低価格である。
超高福祉国家なのだ。
その代わりにイスラムの教えにのっとって,
国民の様々な権利を認めていない。

そういう国家運営ができるのも,
潤沢な石油収入があるからだ。
その前提が崩れかかっている。

原油価格の低迷は,その他の原因もあるが,
アメリカ(とカナダ)が引き起こしたシェール革命が主因だ。
そこに加えてアメリカの石油輸出解禁。

アメリカにイラつかないほうがおかしい。

3 アメリカの中近東への関心の薄れ

原油とイスラエル。
これがアメリカが中近東に気を配る要因であった。
しかし,原油のほうは自前で賄えるため,
中近東に接近する理由が薄れてきた。

つまり,アメリカの押さえが中近東では低下している。
少なくとも,イランーシーア派の動きは勢いをつけているだろう。
超高福祉政策で国内の不満を押さえ込んでいたサウジ,
今後は隠れていた不満が噴出するかもしれない。

4 国内引き締め

原油価格の低迷により,サウジでは今までのような
超高福祉政策の質を落とす必要に迫られている。

サウジでは国民の人権は抑制されてきたが,
超高福祉政策により,あまり国民に不満がたまらなかった。
それが,今後は表面に現れてくるかもしれない。

近隣国では,『アラブの春』により,政権が転覆したところもある。
その前に,国内引き締めのために,
つまり不満を外に向けるため,
聖職者を処刑したということかもしれない。

国内過激派への見せしめという線もある。
アメリカーイランの雪解けを受けて,
アラブ世界のシーア派が勢いを得ているのは間違いないだろう。
そうした動きへの断固たる決意を示したことになる。

しかし,かえって火に油を注ぐ結果になるんじゃなかろうか。
ニムル師は死刑に値するほどの危険な存在だったのか。
世界的には,どちらかというと穏健派のように見えるのだが。

5 原油価格を吊り上げるため。

収入が下がるのを防ぐため,
サウジは原油減産をして価格を維持したいところだ。
しかし,サウジは石油減産をしなかった。

シェール石油はサウジのより原価が高い。
サウジは価格の低下によって,
シェールオイル会社の体力をそぐほうに賭けたわけだ。


しかし,流石にサウジも底沼のような石油価格の下落に
恐れをなしたのかもしれない。
下のチャートは2014.9月〜現在のものである。

wti.jpg

まるで歯止めの効かない原油価格の低下である。
普通ならば,サウジとイラクが喧嘩すれば原油価格は上昇する。

ところが,一連の事件は価格に対して殆ど効果がなかった。
当日は原油価格少し上昇しただけで,すぐに行って来い。
その後は,中国株の衝撃で低下の一途。

以下は2016年のWTI原油価格。

wti2016.JPG


6 戦争までもつれるか?

サウジ国内の雰囲気は,国際社会の目線とは
かなり違うようだ。
近視的になっているようにも思える。
なにか,サウジは精神的に追い込まれている,
外野の目としてはそう思える。
こうなると武力衝突まで突き進んでもおかしくない。

聞くところによると,サウジの実質的な指導者は,
副皇太子らしい。
彼は,衝動的な性格だという。
なんとなく,人物像が浮かび上がってくる。


posted by DEBUO at 23:14 | 世界の政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする