2017年01月06日

祝 新日韓時代

私は体調を悪くして、現在日本で療養している。
(たいしたことはありません)
ネットもほとんど見なくなっているが、
本日、日本政府の韓国制裁の報道を見て、
たまらずブログに記録することにした。

日本政府の対韓制裁とは、

 菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で、韓国・釜山の日本総領事館前に
慰安婦を象徴する少女像が設置されたことに関し、

(1)長嶺安政駐韓大使、森本康敬釜山総領事の一時帰国
(2)在釜山総領事館職員の釜山市関連行事への参加見合わせ
(3)日韓通貨スワップ(交換)協議の中断
(4)日韓ハイレベル経済協議の延期

―の対抗措置を当面取ることを明らかにした。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170106-00000046-jij-pol

ポイントの一つは、日本政府の大使召還。
2012年に、丹羽大使が中国から「臨時召還」された。
尖閣諸島問題をめぐり日中関係が緊迫化する中で行われた。
あの当時と同じ関係が日韓にあるということだ。

さらに、この制裁がアメリカとの協議後に行われた
と推察できることだ。

アメリカは日韓に東アジアの安定を肩代わりして欲しいのだが、
パククネは『慰安婦問題があるから』と日韓の友好を拒んできた。
そこでアメリカは最後通告のような形でパククネに慰安婦合意を迫った、
と見られている。

にもかかわらず、ソウルばかりか釜山にまで慰安婦像を設置した。
日本総領事館前の公道にだ。
そして、韓国政府はそれに対してなすすべがない。
この問題はアメリカの面子に泥を塗ったばかりでなく、
慰安婦合意の先にある、
アメリカの軍事的戦略を踏みにじるものだ。

日本の制裁はアメリカの警告とも言える。
つまり、米韓軍事同盟の破棄や韓国への経済制裁を示唆している。
アメリカは韓国にはさほどの好意を抱いてはいない。
しかし、冷戦があったりしてなんとなく韓国を守ってきた。
それがようやくアメリカは韓国を見捨てようとしている。

しかし、韓国は慰安婦合意のみならず、
THAADやGSOMIA破棄に突き進んでいる。
その先にある大きな落とし穴に気づいている韓国人は
果たしてどれだけいるであろうか。


『祝 日韓関係』とタイトルでうたわせてもらった。
日本が韓国に対してこれほど厳しい態度をとるのは
戦後初めてだと思う。
そして、それは日本の単独行動ではなく、
アメリカの存在を背景にしていることに留意が必要である。

流れを見失っている韓国。
この日本の隣国が何度も国を危うくしてきた、
その伝統的行動を今われわれは目撃している。


続くかも


posted by DEBUO at 14:53 | 東アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする