2017年01月08日

苦境に陥った韓国経済

1 韓国の中国傾斜の経済的理由

パククネは、確かに親中派である。
就任以前からそれは言われているところであるが、
それを超えて、パククネは中国に傾斜した。

その理由の一つは北朝鮮の核であり、
もう一つは、韓国の中国経済依存にある。

それは下の二つのグラフから明らかであろう。
まずは、

貿易割合国別韓国.jpg
2011年ごろで、対中貿易額が対日・対米貿易の2倍になっている。

次は、対中投資額の推移。
2014年頃、世界一の投資額となっている。しかも、2位の1.5倍。

●主要国の対中直接投資額の推移(単位 億ドル)
(注)2016年のデータは上半期の前年比を基に年率換算して算出。(資料 CEIC)
対中直接投資.jpg
韓国の企業は、自国に投資せず中国に雪崩のように投資をした。
中国に工場を作り、韓国から中間財を送って中国で組み立て、
世界への貿易拠点とする。そういう構図である。

韓国の中国へのオールインとも言える様な経済依存。
特に2008年の経済危機以降は、中国が韓国経済を救った、
とまで言われており、
これでは政冷経熱というわけにはいかないであろう。
実際、韓国人は憑かれたように、中国に傾斜していった。


ところが・・・
2 韓国、対中輸出が15カ月連続で減少

…貿易黒字は半減
中央日報

2016年7−9月期の対中貿易黒字は97億8781万ドルで、
黒字規模が大きかった2013年10−12月期の172億9628万ドルと
比較すると半分に近い水準まで減少した。

韓中貿易.jpg韓国の対中国輸出入額の推移
(資料:韓国貿易協会,関税庁、単位:億ドル、2016年は1~11月)

原因として、
 ●中国経済の悪化
 ●中国の猛烈な技術水準の追い上げ
 ●中国が中間財を作るようになってきた
などがあげられる。
 参考:日経 韓国の輸出、1〜3月2ケタ減 中国と技術格差縮小響く


3 将来性のない韓国経済

韓国経済の現状は相当に悪い。
IMF危機に陥ったのは1997年秋であるが、
現状は、その年の1月ぐらいの雰囲気がある。

この危機は一過性のものではなく、構造的な問題である。
一言で言えば、『高度な次元に移行できない。』

原因を挙げていけば
●貧相な内需と高い貿易依存度、その貿易に赤信号が。
●貧弱な技術力(パクリ体質)
●特定の企業に偏る、裾野の狭い経済体質
●債務体質
などであろうか。


3A 高い貿易依存度

貿易依存度韓国.jpg
出典 対GDP比貿易依存度

3B 貧相な技術力

特許収入.png
ジェトロ中国北アジア課
世界1位の技術、わずか1つ…危機のMade by Korea
技術力の低さ。ここが韓国最大の弱点だ。
人材しかソースのない国で高度な能力を発揮しない。
ノーベル賞ゼロ(平和賞除)に端的に現れている。

低い技術力と高い貿易依存。
パクリ経済、組み立て工場と韓国が揶揄される所以である。
核心技術をもたないから、他国に容易に追いつかれる。 

これは、産業だけではない。文化面でもそういう傾向がある。
創造性とか想像力とかに欠けるのだ。
民族的欠陥といえる。

その結果、


3C 減少する貿易

低い技術力と高い貿易依存⇒輸出の減少これは当然の結果であろう。
さらに、それ以上に輸入が減っているのも問題だ。
内需が外需以上に悲惨であるとことを意味する。
確かに、貿易黒字は増えているのだが、不況型貿易黒字と目されている。

韓国最近の貿易.jpg
最近の輸出入動向(単位:ドル)=資料:貿易協会



上記表の続きである。
 2016年9月 前年同月に比べ5.9%減少
 2016年10月 前年同月に比べ3.2%減少
 2016年11月 前年同月に比べ2.7%増加
 貿易収支は80億ドルで、58カ月連続の黒字(不況型黒字)

韓国の貿易縮小傾向はまだ続いている。


3D 特定の企業に偏った経済とゾンビ企業


韓国は大企業が非常に強い。いわゆる財閥経済と呼ばれるもので、
発展途上国型経済であり、裾野が狭い。

その大企業で破綻し始めている企業が増加している。
●韓国財閥破綻ラッシュ「ゾンビ企業」33社 産経ニュース
●韓国で実質的に破綻のゾンビ企業が増加、日本の約7倍 レコードチャイナ

ゾンビ企業とは、本業の儲けで利息も支払えない企業を言う。
「利子補償倍率」とは、営業利益が支払い利息をどの程度上回っているかを示す。
1倍未満の場合、本業の儲けで利息も支払えないということだ。
その状態が3年以上続く韓国大企業は2015年末で33社ある。
それは、今年に入って増加傾向にある。

ゾンビ企業.jpg

上記で有名なのは、韓進海運だろう。
2016年8月31日、韓進海運は日本の会社更生法に相当する
「法定管理」を裁判所に申請して破綻した。
これが私に1997年を思い起こさせるのだ。
あの当時、軒並み韓国大企業の債務超過が問題になっていた。

サムスンの『爆発するギャラクシー』も韓国人には衝撃だった。
サムスンはおそらく、韓国唯一の優良企業である。
第2位と思われる現代自動車を圧倒する財務内容を誇る。
韓国人唯一の誇り、と言ってよい。
そのサムスン社製のスマホが爆発騒ぎを世界中で起こしたのである。


3E 日本より多い国家債務

韓国の国家総負債、GDP比338%と推定 ソース
日本は230%程度 ソース

国家債務のうち、ポイントは
 ●外債の多さ
 ●短期債務の多さ
 ●インフレリスク
の3点である。
特に注目するのは、1年以内に返さなくてはいけない外債で、
流動債務と呼ばれる。

ところが流動外債規模は韓国銀行が2009年から発表を中断しているらしい。
サムスンが財務内容を公表しなくなったのと似ている。
私でさえも08年頃は韓国銀行やサムスンのHPを見に行っていたぐらいだ。
韓国が破綻するのでは、とWKTKしていたのである。

隠すだけではない。韓国政府の発表する数字にはごまかしが多い
世界基準で債務と呼ばれるものをはずしていたりするのだ。
こういう流れもある。


なかなか公表されなかったIMFストレステスト

 【韓国経済】 国際通貨基金(IMF)と世界銀行、韓国で銀行ストレステスト開始
--2013/07/05
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1373017035/

【韓国経済】 米財務省、IMF調査報告書の公表を拒む韓国を批判
--2014/04/07
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1399457590/

↓IMFが韓国の借金を公表

【韓国経済】 韓国の国家総負債が4835兆3000億ウォン(541兆円)でGDP比338%
--2015/06/22
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150622-00000049-cnippou-kr


IMFによるストレステストの結果がなかなか公表されず、みんな忘れていたのだが、どうやら公表されていたらしい。



3F 増加する家計債務

1997年の韓国破綻原因は、
韓国企業の借金により、流動性不足に陥ったからだ。
しかし、現状では、政府、企業だけでなく、家計も借金まるけになっている。
政府・企業・家計の3重苦である。

家計負債は『時限爆弾』とも言われている。
まず、パククネの経済対策が住宅ローン緩和に偏っていたこと。
従って、蛇口を締めればバブルはすぐに破綻する。

現在の低金利に乗っかったバブルであること。
アメリカ金利が高くなるのは確実であり、
変動金利の住宅ローン債務者には破綻する人が続出するであろうこと。

などがあげられる。

●拡大する韓国の家計債務残高
●韓国経済の「時限爆弾」!家計債務また増加、つぶせない住宅ローンバブル
●新興国「借金ランク」中韓ワースト1、2位 企業・家計の債務が急拡大
●韓国の対GDP比家計負債比率、13年連続で新興国1位


3G 人口ボーナス期の終わり

人口オーナス.jpg

韓国が低成長時代に入った決定的な証拠は、
人口動態にある。
生産年齢人口が増加する、人口ボーナス期が2015年に終了した、
と見られるからだ。
これ以降は、生産年齢人口が減少する、人口オーナス期に入る。


4 その他

以上の他にも韓国の脆弱なポイントはたくさんある。
たとえば、

見掛け倒しの外貨準備高

韓国は外貨準備高は3千700億ドルあり、世界有数だという。
しかし流動性のある、つまりすぐに支払いのできる現金性の強いものは
いったい幾らなのか、昔から疑念をもたれてきた。

たとえば、2015年4月末外貨準備高

■有価証券 約3395億ドル
■預金   約219億ドル
■金104.4t 約48億ドル
■SDR、IMF 約50億ドル

問題は、有価証券の内訳である。
米国債国別保有残高は2015年2月時点で国別ランキング22位。638億ドル。
残りの2757億ドル近い有価証券は質の悪いもの、クズ債権ではないかと推測されている。

また、ハードカレンシーである米ドル、ユーロ、英ポンド、日本円、スイスフラン、カナダドル以外の通貨、たとえば中国元を繰り込んでいるようだ。

さらに、通貨安定証券という韓国の必殺技(笑)やスワップ枠(ドル建てなし)も加えているらしいとあって、流動性の強いのは

■米国債 638億ドル
■預金  約210億ドル
■金   約50億ドル
■その他 SDRやIMF 約50億ドル

つまり、約940億ドルが韓国外貨準備高の真水部分となる。
まあ、世界一信用のある米国債や金の持分が、韓国の経済規模に比べて著しく低いのを見ても、この国の危機対処能力というか、感度の低さがわかるというもの。

だから、韓国はのどから手が出るほど、通貨スワップを渇望している。
ちなみに、韓国はいろいろな国と通貨スワップを結んでいる。
が、ローカル通貨ばかりで、USAドルのスワップはない。
しかも、そのローカル通貨スワップも続々と延長拒否されている模様。

  《韓国の締結しているスワップ》
  中国・人民元スワップ 今年の10月まで
  オージー・豪ドルスワップ 今年の2月まで
  インドネシア・ルピアスワップ 今年の3月まで
  UAE、マレーシアとのスワップは失効。

日本のスワップは、アメリカ・カナダ・ユーロ・ポンド・スイスと
無期限・無制限スワップを締結している。
韓国と円(ドル)/ウォンをスワップする意味がない。
日韓スワップが韓国への経済援助といわれる理由である。


つづく

データ
posted by DEBUO at 00:00 | 東アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする