2017年03月09日

韓国大統領弾劾裁判

韓国大統領弾劾裁判

明日、韓国でパククネの弾劾裁判の結果が出る(AM11時)。
裁判官は8人で、それぞれが弾劾賛成/反対理由を述べるのだという。
テレビ生中継で。

韓国世論は圧倒的に弾劾支持で、裁判官は針のむしろである。
もし、弾劾反対しようものなら裁判官は身の危険にさらされる。
家族も危ない。ID情報もあっという間にネットにさらされる。
アメリカ大使でさえ、暗殺未遂されるお国柄だ。

おそらく弾劾賛成の判決が出るだろう。
その場合、弾劾反対派の激烈な闘争が予想される。
パククネ側というよりも、保守陣営が
韓国が赤化することに大変な危険を感じているからだ。

パククネ弾劾⇒選挙⇒革新政権の誕生⇒米韓同盟破棄
⇒北朝鮮中心の朝鮮半島統一
のコースを非常に怖れているのである。

かといって、弾劾反対の判決が出た場合は、
大多数の国民の足りない頭が沸騰するだろう。
国民の圧倒的な支持のもと、革新政権が誕生する公算が強い。
パククネの任期は来年の2月までだ。
多少早いか遅いかだけで、今年にはどっちにせよ大統領選がある。

それでも、保守派陣営は少しでも時間稼ぎをして
潮目の変わる僅かな期待をかけているのだ。

いずれにせよ、韓国全土を巻き込んだ大騒動に発展する見込みが強い。
保守・革新陣営ともにクーデターの可能性も視野に入る。


韓国は内情も大変だが、外も大変だ。内憂外患である。
現状、日米中ともに韓国に親近感を持つ国はない。

中国
明らかな中国よりの姿勢を見せたにも関わらず、
THAADを設置しようとする韓国にたいして
安全保障上の問題というよりも、おそらく面子の問題で
中国は韓国に理性を欠いた制裁を加えている。
中国経済に多少の影響が出るとしても、
中国は経済制裁を継続するだろう。

米国
米国が韓国にコミットするのは、 
北朝鮮核問題と中国包囲網ゆえである。
ただ、米国は米軍基地を半島に置く意味を見失っている。
アチソンラインを復活させるのをためらわないだろう。
韓国がTHAADに反対すれば、米軍は韓国を出て行く。
いや、北朝鮮問題が解決すれば米軍は韓国を出て行く公算が強い。

日本
日本は政府・国民ともに厭韓感情が強い。
慰安婦問題だけではないのだ。
しかも韓国大統領が日本にこなくても、日本大使が韓国にいなくても、
さしたる影響力のないことが実際に明らかになってしまった。

今まではアメリカの軍事戦略上、韓国につきあわざるを得なかったが、
アメリカが韓国を見捨てるのならば、日本も喜んでそれに付き合うだろう。

日本は経済上はもちろんのこと、安全保障上でも
韓国にとって大変重要な、死活を左右する国である。
そのことを韓国はまるで理解していない。
その日本が韓国から距離を置く。
大変見ものである。

加えて今後韓国は経済の柱を失い(中)、安全保障上の柱を失い(米)、
世論が二分されて大混乱に陥いるという意見が強い。
歴史的な大騒動に注目だ。


北朝鮮
以前より騒がれていたが、金正男暗殺事件以来、
北朝鮮攻撃論で世間は騒がしい。
私は年内の北朝鮮攻撃があっても不思議ではないと思っているし、
北朝鮮問題を先送りにすればするほど話がこじれていくだろう。

だが、北朝鮮問題が韓国に与える心理的影響はどうなんだろう。
韓国国民に冷や水を浴びせていなければいいのだが。
韓国人にはぜひとも反日のまま頭を沸騰させたまま
逝っていただきたいものだ。



posted by DEBUO at 19:41 | 東アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする