2017年03月16日

北朝鮮攻撃 その2 今年、米軍の北朝鮮攻撃がある理由

北朝鮮攻撃 その1 からの続き

A 今年、米軍の北朝鮮攻撃がある理由

シンプルな話だ。
周辺国,より端的に言えばアメリカが核の脅威にさらされるからである。
北朝鮮問題は不良債権処理に似ている。
遅らせれば遅らすほど、問題が大きく複雑になる。

ソフトランディングはトランプに言わせると『ない』。
妥当な判断だと思う。
仮に米朝和平条約を結んだとしても、金正恩は核を捨てない。
核は金日成,正日,正恩3代を支えてきた。
いわば,北朝鮮は核真理教なのだ。

トランプはオバマのソフトな態度を批判している。
太陽政策が北朝鮮に効果がないのは既に証明済みだ。
ただ、今までは北風政策をとるほどの利益がなかっただけである。

しかし、ここに至って北朝鮮をのさばらせるわけにはいかなくなってきた。
核ミサイルと金正男暗殺事件は周辺国に強い脅威を与えているのだ。

移動ランチャーミサイル.jpg
参考画像 画像はTHAAD


例えば、韓国。
何もしなければ、つまり米中いずれかの核の傘に入らずにいれば,
ゆくゆくは北朝鮮主導で半島統一がなされることになる。
それが嫌なら、韓国は核配備に向かう。
世界の反対などしったことではない。
自衛のためなのだ。

国益において何が優先されるか。
 安全保障>経済的利益
である。
命と引き換えにしてもお金が欲しい、
などという人は極めて限られるだろう。

アメリカが北朝鮮と和平条約を結んでも同じだ。
北朝鮮は核を捨てないから韓国は核配備しなければ、
北朝鮮の軍門に下ることになる。

韓国が核配備するのならば、日本・台湾も対応する必要がある。
核ドミノだ。
それは中国にとっては是非とも避けたい事態になる。

北朝鮮が核を配備したとなれば、
米中露も、うかつには手を出せなくなる。
北朝鮮はますます増長する。

核は政治バランスを根底から変える。
遅らせれば遅らすほど、上記の状況が明らかになってくる。
まさしく、北朝鮮は不良債権化して処理まったなしなのだ。


繰り返すが、
北朝鮮の核はのっぴきならないところまで来ている。
それはアメリカを含む周辺国ののど元近くまで刃を向けている。

ソフトランディングは効果がない。
相手に時間を与えれば、その分だけ不利になる。
ハードランディングで早急に脅威を取り除く必要がある。
安全保障>経済的利益なのだ。

安全保障が激しく脅かされているにも関わらず、
仮に今年中、それも割りと早い段階で北朝鮮に攻撃しないのならば、
その不手際を責められるべきだろう。

タイムリミットは,北朝鮮が核ミサイル配備するまで。


米韓合同演習.jpg





posted by DEBUO at 00:00 | 半島有事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする