2010年05月10日

マガンダ

今日,というか昨日,フィリピンで選挙がありました。
私は興味ありませんけど,
貧乏人に『誰に投票した?』と聞くと『エラップ』。
エストラーダ元大統領,ここにきてものすごく人気が沸騰しましたね。

まあ,誰が大統領になるのか,
或いはヒトモメあるのか。

まあ,それは横においといて,本日はマガンダ特集。

フィリピーナは本当にスタイルいい子多いです。
プリっとしたヒップ,スラリとのびたひざ下。
脚フェチの私としては,大変嬉しい国です。
フィリピーナの脚を見て,この国から離れられなくなりましたから。
(いや,マジ)。

でもねー,お顔の方は厳しい子多いです。
申し訳ないですが,サルみたいなのもたくさんいます。

まさしくバックシャンの国なんですよ。
後ろ姿見て『おおおー♪』と前に回るとorz。

しかし,まれに美人もいます。
本日は,私好みの美人をご紹介します。

とはいうものの,半分以上はネットから適当にパクってきた画像です。
後は,私の友達か知り合い。
私のFRIENDSTERでも載せてる画像で本人の了解済。


1897274.jpg1293351.jpg1660431.jpg


1958803.jpg2033332.jpg23192372.jpg


2060872.jpgjenny.jpg2313232.jpg


マガンだ.jpg2313890.jpg2310808.jpg


2322147.jpg2319237.jpg2340891.jpg


2000231.jpg1999725.jpg1508644.jpg

皆さんは,どの子が一番タイプでしょうか?


ちなみに,上記マガンダ。
多分,ほとんどスッピン。

これで垢抜けた化粧を覚えたら,かなりゴージャスになると思う。
スタイルも腰高・小顔が多いから,このレベルになると,
日本人女性はパーティ会場では見劣りするかもね。


posted by DEBUO at 00:00 | フィリピンと日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

比人の『フレンド』その2

さて,私の比人の友人は数えるほどしかいません。
それも,ある狭い地域に固まっています。
私がフィリピンに来たときにできた最初の彼女の近くの連中です。

彼女の家に数カ月いた事があり,
それで周囲の人間と仲良くなったのでした。

殆どは労働者階級もしくは無職です。
いい奴もいれば,信用のおけない奴もいる。
まあ,それぞれです。


当たり前の話なんですが,彼らの間にもグループがあります。
グループを隔てる一つの基準は収入のありなし。
(厳密なはなしではありませんが)

比人は,テーブルを囲んで一つのグラスで酒を順番に飲み交わします。
酒を提供するのはお金を持っている人。

お金がなければ,家の夕食を提供したり,
一見気のいい集団です。


しかし,金がないからと言って何も提供せずにただ酒ばかり飲んでいると,
そのうち集団から相手にされなくなります。

まあ,自然な感情ですね。

また,収入のない比人は金を出せないことに恥ずかしい,
という意識のある人もいるかもしれません。


実際に上記のような事例をいくつか見てきました。
いつもたかってばかりいてはいけない,ということです。

グループ分けの基準は他にもあるのでしょうが,
少なくとも,何らかの収支計算が彼らの中に存在するんだと思う。


で,収入のない比人は自然と収入のない連中とつるむことになります。
お金がありませんから,大抵は道端に集まって軽口叩いているだけです。

私は,世間話とかそういうことで時間をつぶすのが甚だ苦手です。
ああ,私は一応営業マンでもありましたし,
座をもたす,ということは一通りできますよ。
話題も結構広範囲だと思うし。

でも,それはビジネスという目的があってこそ。
目的のない場合の世間話はつまらなくて仕方がない。

まあ,他人から見ればつきあいの悪い奴,ということです。


しかし,それは路上にたむろして時間つぶししている連中も同じようです。
いつも同じ顔ぶれ,同じ話題。ほとんどルーチンのような日常が繰り返されます。
つまらないわけがない。

だから,ある無職の比人が私につぶやいたことがありました。
『退屈なんだよ』と。


それは,仕事をしていてもあまり変わらないのかもしれません。

比人は40代半ばを過ぎてくると,甚だ老化が目立つようになりますが,
同様に目が死んでいる比人も多くなります。

輝きがなく,焦点の定まらないトロンとした目を目の当たりにすると,
一瞬たじろぎます。

この目は退屈さが生んだものじゃないでしょうか。

日本ではまずこの手の目の持ち主は,ご老体とかならともかく,
殆ど見かけません。
プレッシャーがきつくて,ぼーっとしていられないのでしょう。


フィリピン人の,この種の濁った目を見ると,
彼らの短命の原因の一つを考えざるを得ません。

比人は日本人よりも10歳以上平均年齢が低いです。

順位国名平均寿命
男女計
1日本81.9 78.4 85.3
79フィリピン68.3 65.1 71.7
2002年,WHO

  金がない,
  医療体制が整っていない,
  食生活の偏り,

いろいろ原因があるでしょう。

その原因の一つに単調でつまらない生活があるとしたら?

老化は足からくる,とよく言われます。
足の衰え→歩かなくなる→血液の循環が悪くなる→老化する
というわけです。

しかし,老化が脳からくる,としても不思議ではありません。
脳を刺激すると,寿命が伸びる,とかよく言われますしね。


フィリピンは生活が緩やかだが,
その代わりそれは人生を縮めているかもしれない。

もしそうだとしたら,
日本のプレッシャーのキツイ毎日もまんざら捨てたもんでもない,
ということが言えるかもしれません。




.
posted by DEBUO at 00:00 | フィリピンと日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

比人の『フレンド』

私はマニラのかなり庶民的な街に住んでいます。
周りは,ほぼフィリピン人ばかり。

4年住んでいますが,飲み屋以外で日本人を見かけたのは,
たったの2回だけ。
日本人以外の外国人を見かけたことはありません。


住んだばかりの時は,物珍しいのか,
積極的に声をかけられました。

私もいちいち応対していたのですが,
フィリピン人の呼び掛けの一つが
『フレンド』

フィリピン人の言う『フレンド』,
ものすご〜く,中身がありません。

あったことがあるとか,その程度です。
日本で言うと,知り合い以下かもしれません。

『フレンド』の次は何か。
  男なら,仕事を紹介してくれ。
  女なら,日本に行きたい。

4年前は定番でしたからね。
『フレンド』は,何かをお願いする枕詞のように私には聞こえていました。


だんだんうざくなって,『フレンド』と声をかけられても
目が合わない限り応対しなくなりました。

だからか,今はある程度コミュニケーションの取れている
フィリピン人以外から声をかけられることはほぼなくなりました。


一回しかあっていないのに,すぐに『フレンド』と言われて
困惑している日本人は多いと思います。

友達と『フレンド』には相当な距離があるのですが,
それがわかっていても,なかなか馴染めません。


そもそも,フィリピン人の人間関係は家族関係以外,
かなり薄いんじゃないでしょうか?

広く浅く,がフィリピン人の基本的態度のように見えます。
友達の多いフィリピン人はたくさんいます。
しかし,その中身は,となると『?』がつきます。

私の知り合いで,友達の多さを自慢している比人がいます。
彼がバランガイ(町内会)の選挙に立候補しました。

しかし,彼を支える比人は殆どいないだろう,と私は思いました。
彼は貧乏ですからね。
実際,彼を助けたのは私を含めて数人しかいませんでした。

そんなもんですよ。


フィリピン人の仲間関係,というのは大事なことだとは思いますが,
フィリピンにはその仲間同士に濃い人間関係があるのかどうか,
今の私にははっきりしません。
見たことがないですから。

フィリピンの家族関係は日本のそれより濃いとは思いますが,
その反面,他人との結びつきに関しては,日本より薄い,
というのが私の感想です。


.
posted by DEBUO at 22:43 | フィリピンと日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

勘違いオヤジ

以前にも投稿したことがあるが,
日本人,特に観光客の多くは滞在時間がない。
ということで,勢いお金でなんとかしようとする。

このお金の使い方,上手な人もいれば,下手な人もいる。

遊びなれている人なら,
時間をお金で買う,という感覚で楽しむ。
日本でもスマートに遊んでいるんだろう。

逆に,お金の使い方を誤解しているオヤジもいる。

要するに,ピーナのステージをどんどん吊り上げるタイプだ。
容易に金をわたし,贅沢をさせ,
フィリピーナの金銭感覚や常識を壊していく日本人。


こういう痛いオヤジに限って,フィリピーナに嵌りがちだ。
しかも,共通するのは,語学力がないことじゃないかな?

英語もタガログ語もまるでダメ。
これでは,どれだけフィリピンに通っても,
なかなかフィリピンやフィリピーナを理解することは難しい。

なのに,フィリピーナに嵌っていくのだ。


勘違いオヤジたちは,
日本ではそこそこの地位やお金があり,
妻帯者で子どもも大きい。
ちゃんとした立派な方なんだろうと思う。

ところが,なぜフィリピーナに嵌るんだろう。

それも,飲み屋の女だ。
(場合によってはLA,連れ出し等)

いや,そういうと誤解を招くかもしれない。
飲み屋で働く女性でも身持ちの固い子もいる。

しかし,嵌るオヤジに限って,危なそうな女を選びがちだ。


手練手管にやられるケースは仕方ない。
日本でもありがちだ。
そういうのは自業自得。

問題は,オヤジが自ら爆弾をセットしてしまうケース。
危なそうな,というよりも自ら女性を危険な女性に仕立ててしまうのだ。
そして関係が破綻して,『女に騙された』。

┐( -"-)┌



ここで,一つの類例を出そう。
特定の誰かを指すわけではない。

あるGRO。
彼女は18歳で初めてKTVに勤めた。
素朴で相当かわいい子だ。

この子にも援助オヤジA氏(仮称)が現れた。
まあ,囲ったってやつだ。

周りは,そのオヤジに忠告する。
やめといたほうがいいと。

何しろ,彼は日本語しかダメ。
彼女はタガログ語しかダメ。
どだい無理な話だ。

しかも,田舎には彼氏がいる。


しかし,彼は耳を貸さない。
彼女をコントロールできている,と自信満々だ。

最初から勘違いで始まったこの関係。
約半年後に破綻した。



こういう話はそこら中に転がっている。
勘違いオヤジが引き起こす一つの類型だ。

文化が違う上に,
彼女はタガログ語のみ,男は日本語のみ。
会話がなりたつわけがない。

おまけに,金だけは潤沢に使うから,彼女がどんどん勘違いしていく。
2万円もあれば,田舎暮らしならそこそこ暮らしていけるのに,
毎月10万,20万と送金する。
訪問すれば,大盤振る舞い。
場合によっては家も建ててやる。
勿論,彼女には光物を与え,食事はホテルの最上階。
金が必要ならさらに送金する。

これで金銭感覚が狂うな,というほうがおかしい。


そして,おきまりなんだが,彼女にはフィリピン人の彼氏がいる。
いなくても,男が臭いをかぎつけてよってくる。

こちらは金がなくてだらしがないが,
ボギーで若くて優しくてスィートだ。
まさしく,オスとしては申し分がない。

加齢オヤジに勝ち目があるか?


いや,私がオヤジだから言うわけじゃないが,
よくロロが若い女を口説けるわけがない,
と自虐的にのたまう方がいる。

それは半分違うと思う。

確かにフィリピーナも若くて格好いい男が好きだ。
しかし,しっかりした大人の男性を好むピーナも多い。

私のフィリピン人の友達も言う。
フィリピーナは年齢にこだわらない,と。
そのフィリピン人(43歳)の彼女は17歳だ。

私の周りの日本人にもそういう実例はたくさんある。
19歳のあるピーナ。55歳の日本人男性ととろけるような顔で電話している。
元ジャパユキの現在21歳の女性。強制送還されてしまい,
毎日,60歳の彼氏を思い,涙している。

彼女らは金じゃないんだな。
いや,経済力を含めてしっかりした男性を求めている。
というよりも,包容力のある愛情を求めている。

そういうのがわかっている日本人もいる。
まったく理解できない日本人もいる。
トラウマになってしまって理解したくない日本人もいる。
誤解している日本人もいる。


先のA氏の件は,誤解している例。

愛情が二人を繋いでいる,と勘違いし,
実際は金でしか彼女を繋ぎとめて居ない。
(縛り付けてさえいなかった)


関係破綻後,彼女はまたもやGROで働き始めた。
しかし,以前の彼女ではない。
彼女だけではなく,彼女の周りの家族や取り巻き連中も以前とは違う。

一度おいしい思いをすれば,なかなか元の質素な生活には戻れない。


そして,お互いが思うことは,
『女に(男に)騙された』



これはそこら中で散々繰り返されてきたパターンだと思う。

繰り返されてきて,多くの人が学習をしているのに,
今後もおそらく繰り返されていくのだろう。

いや,学習できない人がこういう事例を積み重ねる,
というべきか。



.
posted by DEBUO at 00:00 | フィリピンと日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

マニラで見かける日本車

半年ほど前に,ケソンのトーマスモラートとティモッグの交差点にある
ディスコ(2F)から道を走る車を見ていた時のこと。
やけにキレイなタクシーが多いことに気づきました。

よくみたらカローラでした。

上から見ると線が丸いのにシャープ,しかも塊感のある,
案外先進的なデザインだと思いました。

toyota_corolla.jpg

横から見ると,なんてことない車なんですけどね。


そういえば,カローラに限らず,TOYOTAのVISTAにせよ,
HONDAのCIVICやACCORDにせよ,
そばで見ると,実に格好よくて高級感があります。

まず,面が美しい。
全体に塊感があり,ソリッドな感じがする。

それからディテールが繊細。
継ぎ接ぎ部分のクォリティが高くて,高い品質感を感じさせます。

どこの外車?と思って近づくと,日本車だとわかって驚くことが
何度もありました。

ベンツやBMWの最新式の車もマニラで走っていますが,
もうドイツ車は旧式の車みたいに見えます。


ひょっとしたら,今の日本車のデザインって結構イケてる?
と思わせるものがあります。

TOYOTAのハイブリッドにしても,あの未来を感じさせるデザインが,
消費者を引きつけている,ということはあるでしょう。


MAZDAの新型ACCELAもいいですね。
青色とか水色の似合う車で,少しルノーを思い出させました。

残念なのは,フロントオーバーハングが長いこと。
あと,ちょっとロングノーズかな?

でも,ちょっと欲しい,と思いました。
もちろん,ターボ付のやつ。


ちなみに,私の車暦にはスポーティな車が多いです。

ジェミニZZ,MR2,スカイラインとか,ベンツクーペなんてバブリーな車や,
HONDA S800などという希少車に乗っていたこともありました。


もっとも,マニラは車に乗りたい,と思わせるような
環境ではないのが残念です。


posted by DEBUO at 02:00 | フィリピンと日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

フィリピンの家族関係

フィリピンの家族関係はどうなってるんだ

私は,ほとんどフィリピンのことを知らずにマニラに来たのですが,
当初は驚いたことがいくつもありました。

その一つが,家族関係

例えば,ある家族。

  子どもが7人(全員成人,女性)。
  4人が結婚。
    二人は離婚。
    離婚(別居)後,二人とも再婚(内縁)。
    しかし,一人は再離婚。
  一人はシングルマザー。
  二人が独身。

それぞれの子どもの殆ど,10人以上がその家にいます。

再婚した人の元亭主との子供も実家に預けられています。
もう一人の再婚者(再々離婚)は,彼氏の子供とかもいます。

もう,子ども関係がよくわからなくなっています。
そして,別け隔てなく,家族全員が自分の子供のように接しています。

マニラでは,こういうご家庭はそんなに珍しくないようです。

正式の奥さんと愛人が同居しているとか,
正式の奥さんが愛人の子供をひきとるとか。
そんなのも良く聞く話です。


フィリピンはシングルマザーが多い

フィリピンの家族関係もゆったりしていますが,
同時に非常に目立つのが,シングルマザー。
飲み屋で働く女性の90%以上は,シングルマザーじゃないでしょうか。

子どもが複数いて,それぞれが違う男の子供であるケース。
これも,飲み屋へ行くと結構ある話です。

子どもができると男が逃げてしまうのは,珍しくありません。

  避妊の知識がない
  責任感の欠如,
  責任を感じても収入がない,
  親が結婚を許さない
  堕胎が宗教上許されない

など,シングルマザーに至るには,いろいろな原因があります。

よく,日本でジャピーノが問題になっている,との報道とかありますけど,
そんなレベルじゃないですね,フィリピーナのシングルマザーの多さ。


正直申し上げれば,どうなってるんだ,と感じるのが多くの日本人でしょう。
フィリピン人の家族関係とか,男女関係には違和感を感じざるを得ません。

ただし,婚外子というのは,世界的にかなり多いようです。

婚外子.jpg


ほんとかよ,っていう位の数字ですね。
アイルランドなんか,3分の2は婚外子。

フィリピンのシングルマザーは,統計が見当たりませんが,
体感で数十%ある感じです。

ただ,フィリピンではシングルマザーであることで,
引け目があるようには感じられません。
(実際はどうだかはわかりませんが)

社会的にシングルマザーが許容されているのでしょう。
欧米の場合は福祉が充実していたり,法律的に保護されていたり,
ということもあるんでしょうが,
フィリピンの場合は,家族が福祉や法律の代わりをしているんでしょうかね。


フィリピンの伝統に『通い婚』の習慣があるそうです。

フィリピンは比較的豊かな土地柄でしたので,
昔は働かないでも食べることができたと言います。

だからか,男性はゆったりした人が多いです。
南国に共通する性格です。

女性も基本的にゆったりした人が多いのですが,
男性に比べるとしっかりした人が多いように感じられます。
何しろ,フィリピン女性の社会進出率は世界でも有数ですから。

gendergap.png

思うに,女性は子どもができると責任感が生じるのでしょう,
稼ぎが必要になるわけです。

でも,ぐうたら亭主では困りますから,
種付が終わってしまったら,ぐうたらを養う余裕はありません。
だから,通婚になるんでしょうかね。

フィリピンのシングルマザーの多さには,そうした伝統的な考え方も
背景にあるかもしれません。


フィリピンでは女性が強い?

フィリピン人女性の社会進出人の高さに現れるように,
フィリピンでは女性の方が強いと言われています。

フィリピーナに気の強い人が多いのは確かです。

逆に,男性はマイルドな人が多いです。
声を荒げる,ということがあんまりありません。

マイルドなことにかけては,日本人男性を遥かにしのぎます。


ただ,亭主がいばっている家庭も少なくありません。
母系社会とか言われますし,確かにその通りなのでしょうが,
それは人それぞれ。

というか,割合男性はいばっている人多そうな感じがするのですが。
特に,稼ぎ頭の男性は威張ってる人多そうです。


又,フィリピンはレディ・ファーストの国だ,と言われる場合があります。
私はそれには少し懐疑的です。

確かに,電車に乗っていると,女性に席を譲る男性を見かけるのは事実。

でも,車のドアを開けてあげるとか,
エレベーターで女性はお先にどうぞ,
とか,あんまり見たことないです。


例えば,日本。
喫茶店とかで座るとき,
日本人男性なら,彼女を壁側に座らせますよね。
その逆,というのは極めて珍しいんじゃないかと思います。

無意識的に,日本人男性は女性をかばっているということです。


でも,フィリピンでは,男性が壁側に座っているケースを結構目にします。

これは,男性がいばっている,ということと,
男性が女性に守られたがっている,
という心理的な表れではないか,というのが私の観察です。


つまり,フィリピンではレディ・ファーストの意味がちょっと欧米とは違っていて,
マザー・ボーイが多い,ということなんじゃないでしょうか。


※フィリピンでは恋人同士が向い合って座ることは少ない。
 隣同士で座ることがデフォ。


.
posted by DEBUO at 00:00 | フィリピンと日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

タガログ語

フィリピン人の英語

私が南国住まいをフィリピンに決めた理由の一つは,
英語がちょこっとだけできたから,です。

英語は,フィリピンの公用語ですから。
でも,人によってかなり差があります。

英語OKな人は比人の半分ぐらい?
年配者は英語得意な人多いですけど,
若くなるほど英語がダメになります。

ちゃんとした企業に勤めているフィリピン人は英語バリバリです。
しかし,そうじゃないフィリピン人は英語かなり怪しくなります。


それから,フィリピン英語の特徴は,まず発音。
母音が強調されるんですよ。全体的に。

それに,スペイン発音というか,ローマ字読みっていうか,
例えば,
  パウエル power(rは巻き舌多し)
  デリシォゥス delicious
  イースィー easy
など(地域・個人差が激しいです)。

ある知り合いのアメリカ人は初めてフィリピンに来たとき,
比人のしゃべっている英語が聞き取れないことが多かった,
って言ってました。


文法はかなり適当。
特に,時制がひどい人多いですね。

関係代名詞とか,仮定法過去とか。殆ど出てきません。
He dont know 〜.こんなのザラです。
庶民レベルの比人の英語はこんなもんです。


但し,フィリピン人のヒアリング能力はかなり高い人が多いようです。
テレビ,映画は英語であることが多いですから。

語彙力も,かなり多いと感じます。

また,比人の半分は英語ダメ,と申し上げましたが,
日本人のダメとはレベルが違います。


タガログ語

さて,フィリピンの共通語はタガログ語です。
私のタガログ語は,英語でいうと中1レベルです。
だから,適当なことを申し上げるかもしれませんが,どうかご勘弁のほどを。

タガログ語の大きな特徴は,

 述語+主語
 『フィリピン人です,私は。』となるわけです。

ところが,目的語とか,助詞とかが入ってくると,
語順が変化することがあります。

これがやっかい。


また,
  mahal(愛する人)+ ko(私).
  mahal(愛する)+ ko(私.
というように,koが主語になったり,所有格になったりします。

ところが,主語にはako(私は,が)という言葉がちゃんとあります。

ここで混乱するんですよね。


英語のdo(〜する)はタガログ語では『gawa』。
このgawaの動詞形には,gumawaとかgawinとかあります。

  gumawa ako.(I do 私はする)
   gawin ko.   (I do 私はする)

主語の形が違います。

  gumawa ko.
   gawin ako.

じゃないんですよ。

ここでも,日本のタガログ語学習者はつまづきます。
私も半年ほど理解できませんでした。

ようやく理解したのは,
 
  koは主語じゃない。
  gawin ko というのは受動態。つまり,私によってなされる。
  mahal ko なら,私によって愛される。

ということ。これを解説してくれるサイトになかなかたどり着けませんでした。
というよりも,英語や日本語と考え方が違う言語だ,ということなんでしょう。
おそらく,受動態という考え方は正確じゃないかもしれません。


余計なお世話

ところで,タガログ語には『diba』という言葉があります。
hindi baの略で,付加疑問文,〜でしょ?というような意味です。

日本人はdibaを多用する人多いですね。
人によっては,ワンフレーズごとにdibaをつける人もいます。

その日本人は,こんな感じでしゃべっているわけです。
  『〜でしょ?』
  『〜でしょ?』
  『〜でしょ?』・・・

私の周りのフィリピン人はあんまりdibaを使いません。
dibaを聞いたのは,マニラにきてから半年ぐらい後かな?
とにかく使用頻度がものすごく少ないんですよ。

これ,おもしろいですね。文化的な違いが。

フィリピン人はいちいち相手に同意を求めたり,
相手の反応を探ったりしないわけです。

日本人はその逆。


そうえいば,いろんな国の人と英語でしゃべるとき,
あんまり付加疑問文って出てこないような。
言い方がストレートですよね。

私も付加疑問文使いません。英語力がないからTT


でも,『diba』は多用しないほうがいいかもしれませんね。
私のイメージでは,dibaはバクラの使う言葉になってます。
(あくまで,私のイメージ)


.
posted by DEBUO at 00:00 | フィリピンと日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

フィリピン人は語学の達人?

またもや,他人様のおっしゃっていることにケチをつける投稿ですw
毎度,どうも申し訳ございません。

本日は,フィリピーナは語学の達人か?
ということについての感想を述べたいと思います。


PPで日本にくる(来た)フィリピーナは,すぐに日本語を覚え,
半年もたつとぺらぺらになっています。

日本人が半年でタガログ語をしゃべることができるようになるか。
少なくとも,日本のおじさんにとっては,相当敷居の高い話のようです。
(私も,あんまりタガログ語はしゃべれません。4年,マニラに居るんですけど。)

フィリピーナは英語をしゃべることのできる人も多いですから,
(多くは,かなり訛りの強い英語ですけど)
全く体系の違う3言語を操るわけです。

フィリピーナが語学の達人,と言われる所以です。


本当にそうなのか,というのが本稿の目的です。


日本語を覚えることは来日フィリピーナの商売,
フィリピンにいる家族の生活のかかっている事柄です。
覚えなければ稼げません。

そして,毎日日本人としゃべっているわけです。
その内容も,いわゆる水商売会話ですから,
肩のこらない日本語がほとんどでしょう。

実際,彼女たちは日本人の会話の半分も理解していない子が
多いんじゃないでしょうか。


また,マニラに住んでいるとわかるのですが,
日本に行った女性はものすごく多いです。
でも,殆ど日本語のダメな子も多いです。

日にちがたったから,忘れた,ということではありません。
要するに,日本語が覚えられない女性は,
日本人向けの店からサヨナラということになります。

JKTVや日本のPPでお目にかかる女性は,
勝ち残ってきた(日本語を覚えた)人たちなのです。


さらに,若い女性と,おじさんの能力を比較するのにも無理があります。

一般的に女性は語学力が男性よりも発達しています。
記憶力は,年寄りよりも若い人の方がいいでしょう。

つまり,若いフィリピーナの能力を比べるのなら,
若い日本人女性の能力と比べたほうがいい,ということです。

日本人女性は,男性に比べて英語取得能力が高いです。
特に,しゃべることになると一般的に女性は能力が高いです。

だいたい,しゃべることが仕事と言われるのが女性。
男性だと,しゃべることで疲れてしまう人も多いのですが,
女性だと,ストレス発散がしゃべること。
(脳の活動領域が違うらしい)


結論は,フィリピーナの語学学習能力はそこそこであると。

まあ,タガログどころか,英語学習もままならない,
おじさんである私のやっかみであると,
そういう風にこの稿を読んでいただければ幸いです。



※日本語学習


日本語はしゃべることに関しては,さほど難しい言語ではありません。
少なくとも,日常会話においては。
発音の種類が少なく,しゃべる速度も遅いです。
文法も融通の利く言葉ですしね。


難しいのは書き言葉。
漢字も難しい上に,さらにひらがな・カタカナ・ローマ字が混在しています。
しかも,ひらがな・カタカナ・漢字・ローマ字表記それぞれにニュアンスがあるわけです。


また,語彙の多さも日本語の特徴です。


それぞれの国の文学作品について、使用度数順に調べると

     1000語  2000語  5000語
英語   80.5% 86.6
  93.5 
仏語   83.5
 89.4  96.0
西語   81.0 86.6  92.5
(モスクワ国立言語研究所)

日本語は
560語 1200語 2800語 9700語
50%   63%  73%   89%
国立国語研究所

ヨーロッパ語では5000語をしっかり覚えれば文学作品が読めるのに、
日本語の場合は10000語必要ということです。


丁寧語や尊敬語も上級日本語には必要ですね。

英語と比べるとどうかはわかりませんが,
タガログ語に比して明らかに繊細な表現の多いのも日本語の特徴です。

他にも,思いつくままあげてみると,
擬態語,擬音語も多さ,歴史・伝統の豊かさ,科学立国,造語のし易さ,
国民の知的レベルの高さ,高等教育が日本語で行われる,など,
日本語空間というのは,世界的に見てもかなり豊かな言語です。


だから,簡単な話言葉からもう一つ上のランクを目指そうとすると,
途端に日本語の難しさが顔を覗かせるわけです。

上の段階に行ってると思わせる外国人はたくさんいます。
でも,フィリピーナで上のレベルに達している人に
私はまだ出会ったことがありません。



※ついでに。

英会話ができないとお嘆きの諸氏に。
ものすごく初歩的なことを申し上げます。

英語は日本語に比して,
  子音が中心(日本語は母音が中心)
  早口である
  それどころか,言葉をつなげて発音する
  それどころか,重要でない語句は微妙に発音されることが多い
  だから,どうでもいい語句と重要な語句の選別が大事
  それは,イントネーションやリズムとして表現されてくる

要するに,日本語と英語とでは,聞くポイントが違う,ということです。

だから,日本人が英会話を学ぶには,
  文法は中1程度で十分。
  その代わり,中1程度の内容を高速で聞き取れる耳を作ること。

例えば,
  Where are you from?
こういうフレーズは基礎レベルの英会話です。
初歩だから,教材ではゆっくりしゃべります。
でも,それでは英会話は上達しません。

難しいフレーズなどどうでもいいのです。
まずは,こういった初歩的なフレーズを早口で聞くこと。

そして,そうした初歩的なフレーズに対して,
条件反射的に答えることができるようになること。

そうしたことがある程度できるようになれば,次の段階は,
短いけれども日常英会話特有のフレーズをたくさん覚えていくこと。

英語のNEWSなんて,まだずっと先です。
長いフレーズ,難しい文法を学習しても遠回りになります。

繰り返しますけど,中1程度の文法フレーズを高速で聞き取れるようにすること。
短いフレーズのバリエーションを増やしていくこと。
これが,英会話上達の初歩じゃないか,と思っています。

これならば,決して難しくありません。
難しくないから,長続きします。

ところが,そういう教材が見当たらないんですよね。
(あるかもしれませんが)
いっそのこと,自分で作っちゃおうか,と考えている今日この頃です。


簡単な日常会話例作ってみました。
文法は中1程度。でも,なるべく,英語表現ぽいのを選んでみました。

A: Hey,whats up?               おい,調子どうだ?
B: Im exhausted.               へとへとだよ。
A: Whats wrong?               どうした?
B: I was fired.                                   首になった。
A: So I told you.                だからいったろ。
 Youd better work more seriously.  もっと真面目に仕事しろって。
B: Im with you.                 お前の言うとおりだ。
 Hows your work?               お前,仕事はどうだ?
A: Im getting used to it.          だんだん慣れてきたよ。
B: I need get a new job.                    俺も新しい仕事探さなきゃな。
A: Just let me know your new job. とりあえず,新しい職場,知らせろよ。
 And Ill get you.                 そしたら,連絡するよ。
B: OK.                        ああ。  
A: Its time to go home.           帰る時間だ。
 I gotta go.                    もう行かなきゃ。

こういう短い例文をたくさん,なるべく高速で聞きこなす。
まずは,そこからですね。

.
posted by DEBUO at 01:00 | フィリピンと日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

フィリピン バランガイ,という組織

マニラには,バランガイ,という日本でいう町内会のような組織があります。
しかし,日本の町内会と違って,バランガイはかなり強力な力を持っています。

例えば,
 ぺディキャブ,トライシケルの許認可権
 町内の揉め事の調整(簡易な警察力・裁判力)
などです。

バランガイとは


バランガイの職員は,選挙で選ばれます。

許認可権を持っているため,当然そこには利権がからみます。
ですので,選挙では毎回死者が出るほどです。


泥棒にやられた,とか,喧嘩した,というような場合は,
まず警察にいくのではなく,バランガイに届ける。
相手がわかっているような場合は,
バランガイで仲裁してもらう,ということは結構あるようです。


或いは,隣の家が五月蝿い,というような場合。
フィリピン人は,注意する,ということを嫌がります。
注意された場合,逆切れして大変な事態になることもあります。

ですから,バランガイの仲裁機能は大切です。
バランガイには,注意や警告を発することができます。
その注意や警告を無視するような場合は,
その家族を街から追い出すこともできる,と聞いたことがあります。


フィリピンの警察はほとんどあてにならず,
警察を動かす,となるとお金やコネが必要,という
およそ日本では考えられないのが現状です。

泥棒とか強盗などでは全く動いてくれません。
殺人でさえもそうだといいます。

まず警察を動かすのにお金が必要。
(コネを使っても同じこと)
さらに,押収品の横流しはデフォらしいので,
盗まれたものを警察から取り返すのに一苦労。

何しろ,警察官が麻薬のディーラーをやっているという噂です。
フィリピン最大のマフィアが警察,と言われるのは伊達ではありません。


バランガイは警察に比べると,地域密着のためか,
割合クリーンな仕事をしてくれる傾向にあるようです。

ですので,多くのフィリピン人は案外バランガイを信用しています。
何かあったときには,直接警察に行くのではなく,
バランガイに届ける。


但し,バランガイを動かすには,極力証拠等を揃えて
向かうこと。

要するに,ほぼ自己解決を図り,
最後の締めをバランガイに任せる,というのがベストのようです。


.
posted by DEBUO at 01:00 | フィリピンと日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月12日

フィリピン 流通について

日本だと,問屋街とか,秋葉原のように似たような店舗が
集中している地域があります。

マニラだと,まずはディビソリア。
マニラに流通する商品の多くを一手に,
しかも安く提供している一大ショッピングエリアです。

そこまでの規模ではありませんが,バクララン。
服を中心に,ここも有名なエリアです。

その他は?
グリーンベルト。
カロオカン・モニュメント。バイク街。
キリノ。電気街と偽証明書街。
ヒルプヤット駅のそばのペットショップ街。

そんなところでしょうか。
他にもあるかもしれませんが,
専門街があったとしても,遠くであれば不便です。
かといって,地元の商店街はあまり品揃えがよろしくありません。

そういう流通面の不満を一気に解消したのがモール。

入り口で治安をコントロールし,
マニラの汚さとは無縁の空間を提供し,
常時,エアコンが入っていますので,
人は公園がわりにそこを利用しますし,
服や食品関係を中心に様々な専門店が軒を並べています。


勝ち組はSMですね。
オーナーが靴売り(シューズ・マーケット)から始めた,
という伝説的なデパート/モールです。

ロビンソンも大きいですね。
SMよりも,庶民的のようです。

金持ちにはルスタンズ。
より庶民的なランドマーク。結構いろんな店があります。



一般的に,マニラのモールは巨大です。
世界最大級のモールがいくつかありますし,また,建設中です。

例えば,オルティガスのSMメガモール。
奥行きは50mくらい?
でも,幅は800mくらいあるんじゃないでしょうか。

去年できたMOAも大きいのですが,
ノースエドサのSMも馬鹿でかなりました。
ここも端からはしまで歩くと,1kmぐらいあるんじゃないかw
と思えるほど長いです。



モールの増加と同様に,ここ2年ほど,
おしゃれなレストランが増えてきているように思えます。
モールもおしゃれなレストランも案外客の入りがいいようです。

郊外型の1〜2mpぐらいの住宅も売れ行きがいいようです。
都市部のコンド(マンション)は建設ラッシュ,
価格は上昇する一方のように見えます。
(こんなに世界的な不景気だというのに)


背景には,OFWのお陰なのか,
マニラにそれだけ高収入の会社が増えてきているのか,
フィリピンの中間層が育ち始めている,
ということがあるようです。

ごく一握りのとんでもない金持ちと,その他大勢の貧乏人,
という構図ではなく,
おしゃれなレストランや高価なモールを支えることのできる,
そういった中間層が増えてきた,ということです。


※ちなみに,現在米ドルキャリーが起こっているといわれています。
USAの金利が安いため,USAで金を調達,より投資に適したところへ
米ドルが雪崩れ込んでいる,というのです。

そういう意味でも,しばらくはフィリピンのコンド・バブルも続くのかもしれません。
ペソのレートを見ていれば,すぐにわかります。
ペソがドルに対して上昇していけば,必ずフィリピンでバブルが発生します。

これは世界規模で起きることなので,フィリピンだけが特別なのではありません。

 金利の安い米ドル調達
  ↓
 金利の高い通貨を買う(通貨上昇)
  ↓
 その通貨を運用するために,その国に投資する(株や不動産バブル)

勿論,この逆も発生しますし,発生したときはものすごい勢いになります。
ジェットコースターのように暴落しますので,注意が必要です。



※たいていのモール内にあるスーパーマーケットは凄く混みます。

私の日本の住まいは,人口10万人の小都市,でもスーパーが5つあります。

カロオカン人口100万人です。モニュメントに食品を扱うスーパーは4つ?
他には,北カロオカンに一つあるのを知っています。

しかし,それ以外にはスーパーがどこにあるのか知りません。
スーパーマーケットがまだ足りないのかもしれません。


.
posted by DEBUO at 01:00 | フィリピンと日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

フィリピン サリサリストア

フィリピンでは定価,というものがあまり定着していません。
値付けは,各店にまかされているのか,
買う場所によって随分値段が違います。

例えば,マルボーロ。
このマニラで一番吸われている煙草,
サリサリストアですと,25〜30p程度です。
これがコンビニになると,35p前後になります。


サリサリストアでも値段が違います。

例えば,RCコーラ。
フィリピンで一番飲まれているコーラです。

大きい方のボトルは,13〜15p程度。
ビンのデポジットを取る場合は,5p程度別にかかる場合もあります。


そのサリサリストア,万屋,というような意味ですが,
下手すると,5mおきぐらいにありますw

結構,経営は難しいようです。
家族が勝手に品物を持ち出す。
現金を次の仕入れに使わずに使ってしまう。
掛売り(ウータン)のある場合,回収が難しい。
など。

また,商いはものすごく薄利の場合が多く,
うまみのある仕事ではありません。

多くの場合は,儲かっていないか,赤字,というケースもざらです。


サリサリストアの仕入れ,スーパーマーケットからする人が多いみたいですね。

私のアパートのオーナーは大きなサリサリストアを経営しています。
常時,店番が3〜6人ほどいます。

どうやら,独自の仕入れルートがあり,
安価に仕入れることができるので,
付近の販売所に比べて,価格的に優位にたっています。

ですので,ものすごく流行っていますし,
ここで仕入れをする近所のサリサリストアもあります。


サリサリストアの仕入れがスーパーマーケットや同じサリサリストア。
日本人的には変な感じですね。
しっかりした流通網がこの国には
備わっていないんだろう,と思います。


.
posted by DEBUO at 01:00 | フィリピンと日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

日本政府のフィリピン支援

台風16号等の被害に対して,日本政府は物資援助をしました。

お金よりはいいよね,と思っていたのですが,
なんと,支援物資,倉庫に山積みにされたままだそうです。

マニラ りぱぶりっく狂笑国

フィリピン政府曰く,人員が足りないそうで。

この物資は被災者にわたるのか,
山積みのままなのか,
密かに横流しされるのか。

なんだかな〜

山積みのままなら,いっそのこと横流ししてくれよ,
と思います。

物を無駄にするのは,気持ちのいいものではありません。


ODAもすごい額ですね。
借款,無償援助あわせて,総額の3分の一,
3500億円ぐらいでしょうか(07年)。

でも,日本政府の存在って,フィリピンではすごく薄い気がします。
インドネシアとか他の東南アジア諸国に比べて。

フィリピンの東南アジアでのプレゼンスが低いせいかな。


フィリピンって微妙に遠いんですよね,
東南アジアの他の国から。

東南アジアはインド文化の影響を見ることができるのですが,
フィリピンでは見当たらないようですし。

フィリピンに目立った文化が発達しなかったのも,
この東南アジアとの微妙な距離,というのが,
大きな原因の一つなのかもしれません。


文化的には,結構日本の影響を受けているのですが。

カラオケとか日本車とかのみならず,
サンダル,蚊取り線香,ハロハロ,扇子は日本発祥とされています。
※ハロハロについては噂レベル。戦前の在比日本人のかき氷に由来。


※対フィリピン援助額は日本二国間ODAの累計ではインドネシア、中国に次いで第3位
 (2006年までの支出純額ペール累計)(支出純額110.4億ドル)。
 また、日本はフィリピンにとって最大のドナー国。
 外務省

.
posted by DEBUO at 15:00 | フィリピンと日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月05日

フィリピン人には反抗期がない

先日,私のよく行く日本料理屋へ行くと,
板さんの子供(13歳)が来ていました。
イケ面の日比ハーフです。

子供にはかなり甘いようで,
子供をほめると,板さん,すごく照れてました。

その話の流れで,
『ここんとこ反抗期で大変なんだよ』
なんだそうで。

ああ,私も10代の頃は反抗期で結構大変だったなー。
とか思っていたら,
『フィリピン人には反抗期がないからさー』
とか,驚くことを言うのです。


世界中で,反抗期を迎えない子供っているのか?
いや,日本人でもたまにいます。反抗期を知らない子供。

でも,フィリピン人の子供はそれが普通らしいのです。

先日,フィリピン人の子供は大人しい
という投稿をしたのですが,
ここまで大人しいとは思いもしませんでした。


フィリピンに住んでいても,
日本人の血が入ると反抗期を迎えるようになる,
ということは,環境のせいではないようです。

フィリピン人には,反抗期,というDNAがない,
ということになります。
根っからのジェントルマンですか。



大人しい,といわれる日本人ですが,
流石にフィリピン人と比べると乱暴者のようですw

フィリピン人には日本人が
自分たちよりも粗暴な性格をしている,
と見えているかもしれません。

.
posted by DEBUO at 01:00 | フィリピンと日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月03日

フィリピーナ 美人か?

フィリピーナの魅力は,脚とお尻090809.jpg

脚はすらりとした人,多いです。
特に,膝から下がながーい!

それから,お尻がきゅっとヒップアップ,
しかも,弾力のありそうで魅力的です。

白人の血が混ざっているからかな?
同じような人種のマレー人はさほど脚が長くありません。

脚フェチの私としては,フィリピンに居ついた大きな要因ですw
(いや,ホント,マジ。)

(画像は,このサイトからお借りしました)



それから,スラリとした人が多い。
顔も小顔で,アムロナミエみたいなピーナ,多いです。

スタイルだけは東アジアで問題なくTOPでしょう。


しかし・・・

まず,顔はあまりキレイな子いません。
目がくぼみ,鼻が低く横に広がり,唇が前に突き出る。
これが,比人の典型顔でしょうか。

好みがあるのでなんともいえないかもしれませんが,
少なくとも,洗練されていない人が多いですね。


胸は小さい子が多いです。
標準サイズは,B程度じゃないでしょうか。

細いのは結構なんですが,
腰が細すぎて,まるでオカマ体型に見える女性もいます。


また,フィリピン人は20歳を超えるあたりから
お腹がふくれてくる人が多いです。

さらに,ピーナは20前後になると,生活観がにじみ始めます。
それは,子供を生んでしまったとか,
家族を養っていかなくてはならないとか。

体型に加えて,容姿というか雰囲気に変化が現れるのです。
急速に,全体から緊張感が薄れて,おばさん臭くなってきます。


ですので,フィリピーナのピークは,間違いなく10代,
それも15〜17歳あたりにあります。

このあたりですと,性格も純粋さを残しています。
生活に追われておらず,貧乏くさい感じも薄いです。
(あくまで,一般的な話です)


実際,フィリピンではっとするような美少女はたまに見かけます。マガンだ.jpg
しかし,美女に遭遇することは非常に希です。

モニュメント辺りですと,1時間程度じゃ,
美人にお目にかかれません。

というか,フィリピン全土で美人に出会った記憶があまりありません。
4年も住んでいるのに!


特に,ストリートでは美人にはまず遭遇できません。
その理由には,ファッションや化粧が垢抜けない,
というのもあると思います。

経済的理由に加えて,
暑い,ということもファッションや化粧の発達しない理由かもしれません。


それに,高そうな格好すると,狙われたりします。
また,フィリピン人は嫉妬心が強いので,
隣近所の噂話も気になるかもしれません。
『誰かの愛人になったから,高級品を身につけられるんだ』とか。

ファッションに限らず,隣近所から浮いてしまうことに,
フィリピン人は慎重です。
その反面,彼らは隣近所との差別化を図りたいという
微妙な心理もあるようですが。



あ,誤解のないように付け加えておくと,
私はロリではありません。

私は,10代の日本人に興味がありません。
子供っぽすぎて。
30前後がベストだと,20代の頃から思っていました。


ところが,フィリピーナは自立が早く,
日本人のようにいつまでも子供っぽさを残していません。
日本人の18歳とピーナの18歳では成熟度が全然違います。

ですので,フィリピンでは趣旨変えです。
ピーナは,18,19がベストw
(フィリピンでは18歳未満は犯罪。)


もっとも,向こうがこちらの相手をしてくれるのか,
という非常に大切な問題が残っているのですが。



※ちなみに,アメリカ人の人気アジア人はピーナがNo.1,
というアンケートを見たことがあります。

ソースを探すことができないのですが,
マニラで白人が連れ歩いているピーナを見ると,
言葉は悪いですが,猿系土人系が圧倒的です。
(それか,ロリ。)

日本でも,あの顔で?というような女性が,
白人と付き合っていたりします。

白人と日本人には,確かに好みの差がありますが,
それでも,マニラや日本で白人が連れ歩いている顔の不自由な女性達は,
欧米・比・日本のいずれの地域でも美人とはみなされないと思います。

よく言われているように,
白人がアジア人を眺める風景には,コロニアリズム,
みたいなものがあるのかもしれません。
そして,ひょっとしたら,自分の劣等感の裏返しなのかもしれません。

そうだとすれば,それは日本人男性の一部にも共通する背景かもしれません。



※日比の好みの違い

【Aura Luna】
フィリピンのセクシー女優。日本でもDVDが発売されている。
左が日本向け。右は,フィリピン向けピンナップ。

auraluna02.jpg

概して,フィリピン男性には右のような感じが受ける。
かわいい・清純よりも,SEXYさを求める傾向がある。

しかし,フィリピンの空港職員は,若い日本人女性客を見ると
見とれてしまう人が多いという。
洗練さ・色白・やさしさ・品の良さ,を日本人女性に感じるらしい。


.
posted by DEBUO at 01:00 | フィリピンと日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

オヤジが若いフィリピーナを捕まえる方法

ちょっと前に,フィリピーナと恋愛,というタイトルで投稿しました。

でも,恋愛関係は不得手だし,
経験豊富な諸先輩方を前にちょっと甘口すぎたかな,
と投稿を下げてしまいました。

しかし,私の申し上げている投稿をさらにパワーアップした内容を
アップされているブログを発見しましたので,
私の取り下げた投稿を復活させました。

そのブログは,

Jet Culture Blog



きっかけは,マニラのタクシーが悪質化している,
という内容をネットでググっていたとき。

タクシーの有る風景〜空港不正タクシー



文章が上手い,と感じました。
というか,文章の組み立てに筋道がある。
さらに,文にキレが感じられる。
だから,頭の中にすんなり入ってくるのですね,文章が。

ブログ主に興味を覚えて,ブログを最初から読み始めてます。
2005年の3月にブログがスタートして,
現在,06年を読み終えようとしているところ。


これが実におもしろいんですわ。
マニラ関係ブログでは有名な方なのかもしれません。
ご存知のない方はどうぞ。

内容は,格闘技と主にLA関係。
でも,野卑なところがないんですね。
むしろ,ハードボイルド。
ピカレスク方面かな?



で,06年の9月に

愛情の条件 その2

と題して,オヤジが若いフィリピーナを捕まえる秘策を授けていらっしゃいます。
これが,私の話の内容とベクトルが重なるのですよ。

というか,私の投稿のロマンチックな面を消し,
私の経験不足を補い,さらに,
目的を先鋭化させています。

やっぱり,この方,頭いいわ。
対象に切り込む深さが気持ちいいです。


ストックホルム症候群という言葉は知っていましたが,
リマ症候群は初耳でした。

これ,たくさんのオヤジがかかってますね。
私も,マニラに来たときにかかりましたTT



.
posted by DEBUO at 01:00 | フィリピンと日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月30日

フィリピン人の子供はおとなしい

昨日,フィリピン人の子供はたいてい行儀が悪くない。
という投稿をしました。

本日はさらにそれを一歩踏み込んでみたいと思います。



日本人の子供は最近は外で遊ばなくなった,と聞きます。
一つの転機は,ファミコン。
これが子供の遊びを一変させました。

しかし,フィリピンに嵌るような方の多くは,
小学生の時に,ファミコンがなかった世代だと思います。

もちろん,私も前ファミコン世代です。
私が小学生の時は,朝早く学校へ行って校庭の陣取りをし,
昼休みは勿論,15分程度の休みでも校庭へ突っ走り,
放課後は下校の音楽がなるまで。
または,どこかの空き地で暗くなるまで遊んだものです。

遊びも,とにかく体を使うもの。
ドッチボール,かくれんぼ,缶けり,相撲,野球・・・


都会はどうだか知りませんが,
おそらく日本全国の小学生が私と同じだったことでしょう。



ここ,マニラ。
男の子たちは,何をして遊んでいるのでしょうか?

気のせいかもしれませんが,マニラの男の子たちは,
あまり走り回りません。
体を使いまくる遊びをしないように思えます。

確かに,遊び場所がありません。
道路は穴が開いていたり,
4m以上の道路だとぺディキャブやトライシケルが走り回っていて,
危ないです。

暑いから,という理由はないでしょう。
日本の夏は下手するとマニラより暑いですが,
私たちはそんなことお構いナシでしたから。

走り回るとお腹がすくから?
それはあるのかもしれません。

とにかく,私の周りのマニラの小学生ぐらいの男の子たちは,
汗だらけになって遊ぶ,ということをしないように思えます。


唯一,バスケットボールだけは多くの男の子たちが参加しますが,
それでも走り回るようになるのは,少し年齢が高くなってから。

小学生ぐらいの男の子は,ただボール入れに熱中しているだけです。
フィリピン人の子供は,一般的に活発じゃありません。



それは大人にも感じる印象です。

或いは,のんびりしているとか穏やかとか
そういう表現のほうが適切かもしれません。
少なくとも,何かに熱中している,という姿をあまり見たことがありません。
(賭け事ぐらいかな?)



子供たちの行儀は悪くない,という私の印象は,
この活発でない子供たち,とリンクしているのかもしれません。

行儀が云々,というよりもあまり体を動かすことを好まない,
だから,結果として行儀が悪くないように見える,
ということなのかもしれません。



※補足

日比ハーフの子供が私の周りに数人います。

彼らに共通するのは,精神の強さと活発さ。
それは必ずしも良い意味ではありません。

気持ちが強い,という意味でもあり,
何か周りとの距離感を伺うようなそぶりを見せる,
という意味であったり。
比人はすぐ泣く子が多いですけど,
日比人はぐっとこらえる子が多いみたいだし。

大勢の日比ハーフの子供を見たことがあるわけではありません。
しかし,友人のフィリピン人たちも同様の感想を持っているようです。



フィリピン人の子供たちの遊び方を眺めていると,
日本人の子供の遊びのバリエーションって凄いんじゃないか,
と思っています。



.
posted by DEBUO at 01:00 | フィリピンと日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月29日

フィリピン人の子供は行儀が悪い?

先日,ネットが止まったときに,
暇なんで,オルティガス方面をぶらぶらしてきました。



まずは,最近できた100円ショップ「SAIZEN」。
オルティガスのロビンソンの3F。
ダイソーの経営なんですが,マニラでは既に他資本の
ダイソーという100円ショップがあるので。

ここで,マニラではなかなか見つけられないグッズをいくつか購入。
ただ,ものによっては注意が必要です。
私が以前マニラで購入した,携帯を首からぶら下げるストラップ(10p)。
ここでは88p。



「SAIZEN」では,当然のように日本のポップスがかかっていましたが,
日本のポップスっていうのは,随分とWETに聴こえます。
あれ,なんなんでしょうかね。

日本レストランへ行くと,よく90年代ヒットチューンが
かかっています。KIROROとか。

あれも,激しく気分を萎えさせるので,
もう少し明るい曲にしてもらいたいなー。

KIROROとかを馬鹿にしてるんじゃありませんよ。
歌手の声だけじゃなく,サウンド自体が濡れているように聴こえるのです。



オルティガスのちょっと北,グリーンヒルズ・プラザの横あたりに,
『杉』という高級和食レストランがあります。
そのそばに日本食材店ができたので,そこにもお邪魔しました。

やっぱり,そこでもかかってました。KIRORO。



聴かなかったことにして,
その店にある,レストランコーナーでラーメン頼みました。

すると,くそうるさいお坊ちゃまがいるんですよ。
肥満体の。

生意気にメイドつれて,英語でわめきちらし,
そこらじゅうを徘徊し,
座れば靴をいすの上にのっける始末。



そばには,そのガキのご両親と思われるカップルが。
だって,男の方がそのクソガキと顔そっくりですから。

男の方は30代後半の実業家,という風情。
女のほうは,水商売関係?と思われるようなケバイ格好。

フィリピン人女性はメイクとかおしゃれが下手で,
決めたつもりでもへんちくりんなの,結構たくさんいます。

でも,このご家庭は英語で会話してましたし,
この女性も英語の発音はクリアでした。
だから,育ちは悪くないのでしょう。



しかし,この日本食材店で見たクソお坊ちゃまは,
マニラで見た中でもっとも行儀の悪い子供でした。

理由がすぐにわかりました。
両親は子供に殆ど注意を向けません。
子供の面倒はメイドが見ているのです。
そりゃ,行儀が悪くなりますって。



よく,フィリピンの子供は行儀なってない,
という投稿をネットで拝見します。

私の住んでいるカロオカン,
あんまり金持ちのいる地区ではありませんが,
少なくとも近くのレストランで眉をひそめるような
行儀の悪い子供を見たことがありません。

というか,行儀良く座っています。
時々,ちょっと騒ぐ赤ん坊がいる程度です。


私の知り合いでメイドのいる家庭もいくつかありますけど,
みんな子供のしつけはきっちりしています。

家の掃除はさせるし,
子供にお使いに行かせるし,
それに不平不満を言う子供も見たことがありません。

メイドのいない家庭は,当然親が子供のしつけをします。
子供を叱る怒声もしばしば聞かれますし,
子供を叩く親は結構そこら中にいます。
甘やかしている印象はそれほどありません。


これも,フィリピンに関してよく言われていることと,
私の認識の違う例です。

フィリピンの子供はそんなに行儀悪くありません。
また,しつけが特別甘い,とも思えません。

私は,富裕層との接点はほとんどありませんが,
ひょっとしたら,富裕層の方がしつけがなってないかもしれませんね。

上述の通り,メイドまかせだから。


ちなみに,ラーメン食べ終えるくらいになって,
二人のご夫人が席につきました。

このお二人は見るからに上品な雰囲気が漂っています。
ああ,やっぱり育ちとか,もって生まれた性格とかは,
富裕層でも幅があるんだな,と思った次第。


.
タグ:マニラ
posted by DEBUO at 01:00 | フィリピンと日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

フィリピーナと恋愛 1

フィリピンについて語ると,忘れてはならないのがフィリピーナの存在。
ただ,これについても,語れるほど経験があるわけではありません。

諸先輩方からいろいろつっこまれそうですが,
しかし,相変わらずフィリピン(女性)を誤解されている方も見受けられます。

それは,フィリピーナにとっては,SEXはそれほど大事ではない,
ということです。

やっちまったら,こっちのもの,
と誤った考えを持つ,昭和時代のままの方もいらっしゃるようなので,
あえて稿をあげました。



恋愛において,フィリピーナに一番大切なことは何でしょうか。
それは,コミュニケーションだと思います。
これは,日本人女性も同じ。

しかし,フィリピーナのコミュニケーションは,もっと濃密。

フィリピン人は人間の距離感が近いです。
大家族,狭い家,雑魚寝,という環境に育ってきており,
肌のぬくもり,というのを非常に恋しがるようです。

そういう距離感の近い,常時肌のぬくもりを感じさせるような恋愛,
それがフィリピーナの普通の恋愛のあり方なんだろうと思います。

 毎日,愛を確認し合う。
 外出時は手をつなぎ,
 家の中ではいつも横に。
 記念日には,プレゼント,
 特に花を。

これは,フィリピン人の夫婦の典型例です。
全員がそうというわけではありませんが,
こういうコミュニケーションが求められるのです。

SEXはそのコミュニケーションの一部。



だから,フィリピン人は言います。
フィリピーナに遠距離恋愛は無理,と。

フィリピーナとの恋愛は,1日1日が勝負。

例えが悪いですが,猫と同じ。
3日たつと,もうあなたのことを忘れているかもしれません。



確かに,例外もあるでしょう。
人により,愛情の表現に濃淡はあるでしょう。
しかし,その例外はあなたのお知り合いではないかもしれません。



ついでに申し上げると,
フィリピーナにとって,お金は一番ではありません。

勿論,貧困が背景にある場合は,お金が必要でしょう。
また,お金にとりつかれてしまう人もいるかもしれません。

でも,お金でフィリピーナの愛は買えません。
ここを勘違いする日本人男性がまだ散見されるようです。



確かに,フィリピーナにとっても,
甲斐性,というのは男性の魅力の一つです。
それは,世界中の女性にとってそうなんでしょう。
日本だって,三高とか言いますもんね。

しかし,『甲斐性』,は大きな愛を女性に示す中で見せるもの。

MAHAL KO なのです。
愛情→お金,の順番なのです。

それを間違えて,
お金→愛情,
とやってしまうと,フィリピーナが誤解し,
残念な結果に終わりかねません。



多くのフィリピーナは,家族のために稼ぎもしますが,
それは義務感。

だから,その義務がなくなれば,
一般的にあまり大きなお金を欲しがりません。
身近な男性の甘い囁きに魅かれていきます。

その男性が,しっかりとした甲斐性があるとなれば,
安心して身を任せていくでしょう。

そういうのは,フィリピーナに限らず世界中の女性に
共通して見られるんじゃないですか?


フィリピーナにとって大切なものは,
密接かつ濃厚なコミュニケーション。
お金は,必要かつ十分あれば大丈夫。

となれば,日本から送金することで,
彼女の愛を繋ぎとめている気になっている日本の方に
分がないことは明らかでしょう。



これは,多くの日本人(比関連)が気づいていることです。
しかし,いまだによく理解されていない方もいるようです。

いや,本当に多いのですよ,いまだに誤解されている方が。
  彼女とは肉体関係がある。
  毎月,送金している。
それは,彼女の気持ちのプライオリティで一番ではありません。

気持ちが離れたら,肌を合わした,という彼女の記憶も
遠い彼方に行ってしまうように見受けられます。



いや,気づかない振りをされているだけかもしれません。
そういう場合は私などがコメントする場合ではありません。
失礼しました,と退出するほかはありません。



以上に付け加えることがあるとすれば,
国際結婚やインターナショナルな交際,というのは,
文化と言葉の2点でハンデをおっています。

フィリピーナとは濃密なコミュニケーションが必要,といいながら,
これは大きな壁ですよね。



※フィリピン人に惻隠の情,などという言葉はありません。
愛は,表面に出さなくてはなりません。



続き

オヤジが若いフィリピーナをまえる方法



.
タグ:フィリピン
posted by DEBUO at 01:00 | フィリピンと日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

フィリピン人はダンスが上手い

フィリピン人はダンスが上手い

はっきり申し上げれば,これはない。


まず,基本的なところから。

フィリピン人はダンスが好きなのか,と言われれば,
じゃあ,街角でダンスしてる比人を見たことありますか?
見たことがあれば,その頻度は?

マニラにディスコ,多いですか?
ディスコ,というより,飲み屋にほんの少し踊る場所があるだけ,
ではありませんか?

フィリピン人の好きな音楽,ダンスミュージック多いですか?

OPMでダンスミュージック,どれだけありますか?

伝統音楽・芸能でダンス系,どれだけありますか?
あるとして,それはある地方・部族のものではありませんか?


フィリピン人のカラオケ好きに比べて,
明らかにダンスに関しては関心が低いです。

フィリピン人はダンスが好き,というよりも,
騒ぐのが好きなのでしょう。
或いは,人前で歌ったり踊ったりすることにテレがない。

 ※この点はうらやましいですね。
  自分が楽しむために歌い,踊る。
  これのできない日本人がなんとたくさんいることか。
  (私もそうです)


また,ダンスの実力ですが,
テレビに出るようなプロでも,
日本のアマチュアの上手な人,ぐらいのレベルです。

ダンサーともいえない,ぷらぷら体を動かしている,
そんな女性もたくさんテレビに出ています。

日本のダンスレベルとは比べ物になりません。


まず,圧倒的に修練度が違うのでしょう。
ダンス以前の話で,体のキレがない。
或いは団体なら揃わない。
もっと練習した方がいいと思います。

リズムを全員で共有していれば,
それほどダンスがバラけたりしないと思います。
結局,各個人のリズムの刻み方がものすごく
甘いのでしょう。

リズムに乗っていない,ということです。


私は,フィリピン人でダンスの上手い人を
ほとんど見たことがありません。

証拠となるかはわかりませんが,
世界的なダンスコンテスト。
ソーシャル・ダンス,ストリート・ダンス,体操,その他何でもいいのですが,
フィリピン人の名前はどこにもないのではありませんか?


さらに,フィリピン人にリズム感覚があるか,と言われると,
これにも疑問符がつきます。

ダンスだけじゃなくて,音楽においても,
比人アーティストのリズム感覚の良さを納得させられるものに
私はまだめぐり合っておりません。


.
ちなみに日本のレベル。

上記の人は,上手なレゲエダンサーを探していたときに拾った動画です。
レゲエダンスではありません。HIPHOP系のダンサーですね。

彼女たちが何者か知りません。

でも,入場してくるところから圧倒されます。
その力強さ,腰の安定感,足捌きの巧みさ。

踊りも火を噴くような激しさ。
一人一人の能力の高さが半端ないように見えます。
(いつのまにか,動画視聴数が100万を超えていました。)

或いは,日本の小学生のレベル。

どうですか。私は初めてこの動画を見た時,感動しました。
統率のとれた,キレキレの動き。
ものすごい練習量だったことでしょう。


.
posted by DEBUO at 01:00 | フィリピンと日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

フィリピン人は歌が上手い

フィリピンについて言われていること,それ本当?シリーズ。


【フィリピン人は歌が上手いか?】

文句なしですね。

東アジアでは,韓国人男性ボーカルと並んでNo.1でしょう。
特に女性ボーカルは優れた人が多いです。
opm聴いてから,日本人の特にtop10とか聴くと,
ものすごくがっかりします。


それは,アマチュアレベルでも感じます。

例えば,ビールハウスへ行くと,
みんなカラオケ歌ってます。

たいていは騒音にしか過ぎないのですが,
時々,結構上手な人がいます。

ライブハウスとかオカマ・バーレベルだと,
ちょっと日本ではなかなか味わえないレベルの人たちが普通です。


フィリピン人で歌の上手い人は,
男性だと,Martin Nievera。
私的には,フィリピン男女合わせて最高の歌手。
歌の表情,アクセントのつけ方,声量,ピアニシモからフォルティシモまでの抜群の安定感。
ワールドクラスですね。
YOUTUBE

隣で歌っているおばさんは,
Regine Velasquez
フィリピン最高の女性歌手だという人が多いです。
(私はNINAのほうが好きなんですが。)

他には,代表的な人は,ミュージカル「ミス・サイゴン」で
アジア人で初めてトニー賞主演女優賞を受賞したレア・サロンガ。

この人をアジア最高の女性歌手,としても
世界中で納得される方が多いのではないでしょうか。
YOUTUBE


ただ,大変偉そうなことを申し上げると,
フィリピン人の歌い手の多くは,
エンターテイメントを前提としている,と感じてしまいます。

アーティストではなくエンターテイナー。

深みがない,というと語弊がありますが,
何か気楽な感じが音楽につきまとうのです。


例えば,日本。

井上陽水『最後のニュース』

この歌は,陽水の曲の中で私が一番好きな曲です。

『傘がない』と似たような詩の内容です。
『傘がない』では,何か世界では大変なことがある,
でも個人的にはもっと大変なことがある。
『君に会いに行かなくちゃ』と以前は歌っていました。

ところが,『最後のニュース』では,
世界には深刻なことがある。
それらを包み込んで癒してあげる,
という感じにまで昇華していると思います。
大きな愛を感じる,陽水の歌唱力。
(愛だけじゃないのかもしれませんが)


フィリピンの曲は恋愛の歌が多いです。
それなら,岡本真夜『ALONE』をどうぞ。

どうですか。
すごい表現力でしょ。

この人,私はあんまり好きじゃありません。
暗いから。

でも,これは凄い。
心の痛みがひしひしと伝わってきます。


音楽表現で大切なのは,
たった一つの音で,聞き手を納得させられるか,
という言い方を私はしています。

音楽に大切なのは,
高音が出せることでも,
ビブラートを掛けられることでも,
速く手が動かせることでも,
アドリブが上手なことでも,
そのいずれでもありません。

1ノートでどれだけ人を感動させられるか。
或いは,自分の存在感を主張できるか。
それが大事なんだろうと思っています。

私は,それを故武田和命(t.sax)に教えられました。
彼のCDを聴いたとき,最初の一音の重さにびっくりしたのです。

岡本真夜の歌にはそれがあります。
日本語のフレーズに関係なく,
例えば,彼女が『あー』としか歌っていなくても,
心の苦しさが伝わってきます。

説得力,という奴です。


フィリピンの歌手や音楽は,
確かに歌唱レベルの高い人が多いし,
作曲,編曲,楽器演奏技術,日本を除くアジア地域では,
トップクラスにあると思います。

しかし,突き抜けたものを感じません。
それは,伝統のないせいか。
或いは国民性ゆえか。

韓国だと,パンソリの苦しみや金石出の濃密な音空間。
インドネシアのジャワガムランの幽玄。
インド音楽のテンションの高さ,或いは哲学。

こうした私を突き動かす音楽の存在を,
私はまだフィリピンで見つけることができません。


.
タグ:フィリピン
posted by DEBUO at 01:00 | フィリピンと日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする