2018年02月16日

ミソフォニア 音嫌い

ミソフォニアとは

私は神経質な人間ではない。
どちらかといえばズボラなタイプだ。
特に視覚的な汚さにはある程度耐性がある。

しかし,どうしても我慢できないものがある。
    食べ物をクチャクチャ咀嚼する音
    麺をズルズルすする音
    鼻をすする音
    赤ん坊の泣き声

成人するまでは何の気にもならなかったが,
20代の半ばごろからこれらの音がまったく我慢できない。
うるさい,というだけではない。激しい怒りとなる。

単なる嫌悪感ではない。
例えば,私は黒板をチョークでキーとやる音も苦手だが,
怒りにまではならない。ただ,嫌な音としか感じない。


最近,それらに症状名があることを知った。
ミソフォニア(音嫌悪症)』という。ミソは嫌悪,フォニアは音。
2000年ごろから使われるようになったという。


まだ私は軽いほうで,次はある人の症状だが,
  • どんな物でも食べている時の音は全て嫌い。
  • 薄い紙にシャーペンなどで書く時に出るコツコツ音
  • 女性のハイヒールなど靴底が硬い靴のコツコツ音
  • キーボードのカタカタ音
  • マウスのクリック音
  • 他人の口笛
  • 笑い声
  • CMなどで飲料水をゴクゴク飲む音
  • 水がちょろちょろ流れる音、川のせせらぎの音が苦手
  • フォークやナイフとお皿がぶつかるカチャカチャ音
  • その他、狭い間隔で繰り返しなり続ける音

私には咀嚼音以外あてはまらない。

他にもWIKIだと,
唇鳴らし,咳払い,爪切り,歯磨き,呼吸,鼻のクンクン鳴らし,会話,くしゃみ,あくび,徒歩,いびき,飲み込み,ゴクゴク,げっぷ,義歯のかちっという音,咳,鼻歌,歌い,ある子音の音や,反復的な音など

『笑い』とか『会話』とかに反応する例もあるという。
こうなると,日常生活も送れなさそうだ。
どうやら,反復的な音が駄目なことが多いらしい。


ミソフォニアの症状

私の場合は,激しい嫌悪感と怒り,であるが,
酷い人だと,過呼吸や発汗,体温上昇とかが見られるという。
例えば,ミソフォニアで悩んでいる人のブログ

感情制御メカニズムに異常を抱えているらしいとのことだが,
まだ明確な治療方法は見つかっていない。



posted by DEBUO at 00:00 | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする