2018年02月12日

南北会談についての覚書

日米韓の現状を示す一枚

hiramasa.jpg

私はこの画像を探していたのだが,時事通信のものしか探し出すことができなかった。他社はその意味を見逃したのか,それとも私が探せなかっただけなのか。

これは,南北合同チームが平昌オリンピック開幕会場に入場してきたときのものである。ムンジェインや北の代表がスタンディング・オベーションしている中,右下のベンス夫妻と安部首相は座ったまま。実に象徴的な光景なのであった。


北朝鮮問題の本質は核を廃棄できるか

忘れてはならないのは,北朝鮮問題は核をめぐるアメリカと北朝鮮の押し合いである。ここに繋がらない解答には点数を与えられない。

北朝鮮はICBMを完成させ,配備すること。
アメリカはそれを阻止し,核を廃棄させること。

これが最終目標であり,中途半端は話をややこしくするだけである。


絶対にありえない未来 北の核+南の経済力

ムンジェインが北朝鮮から訪北の誘いを受けた。
それに対して日米は怒りを示している。

南北会談がなぜ日米の怒りを誘うのか。
北が時間稼ぎに利用するのが確実だからだ。
そして,北主導による南北統一の恐れがあるからだ。

北朝鮮が核を保有したまま,韓国と統一する。
これは絶対にありえない。
核+経済力になるからだ。強大な国家が半島に出現する。

東アジアの政治バランスが根幹からひっくり返るし,
日米はもとより,中国も絶対にこのような情勢を認めない。

仮にムンジェインが南北会談をし,そこで何らかの平和プロセスが話しあわれ,米国が半島に手出しできず,そのまま半島統一政府の誕生,或いは半島連邦国の誕生,EUのような仕組みの構築などへ向かうとすると,北の核は現状よりも遥かに強大化する。

そして,それを韓国はコントロールできない。無能のムンジェインがトップというだけではない。半島は5000年属国の歴史を持つ。東アジア国家としては珍しく,はいつくばったままじっと半島に閉じこもっていたのだ。彼らは事大主義といわれ,寄らば大樹の陰をモットーとする。

しかし心の底では悔しいのである。『恨(ハン)』が溜まりにたまっている。何しろ,5000年属国だからだ。だから,彼らは内心ではトップにたちたいし,トップにたって周りを思いっきり睥睨させたいと願っている。

韓国では『実るほど〜』などという精神はない。上に立つものは威張って当たり前,の国だ。なぜ韓国人が東南アジアで嫌われるか。韓国人の『マナー』としてGDPの低い『後進国の』国民には威張らなくてはならないのである。

半島が統一されれば,半島人がどのような態度に出てくるかは自明だ。それは,2国間関係にも露骨に表れるし,実際周辺国は半島国家の扱いに苦慮することになる。だから,日米は北の核と南の経済がくっつくことを歓迎しない。


北の核と南の経済が結びついたら。

ムンジェインが南北会談に出席するだけで,
日米は敵国として韓国への圧迫を始めるだろう。

北の核と韓国の経済が結びつき,巨大な統一/連邦国家ができたら,
特に,ICBMが完成/配備されていたら,
日米を始めとする西側諸国は軍事的な行動には出られない。

その代わり,軍事以外の様々な制裁を課していくだろう。
貿易制裁,金融制裁などが様々な面で表・裏関係なく行われる。
徹底して半島経済を削いでいくだろう。

テロ支援国家指定などというのもあるかもしれない。
シリアのように反体制側を援助して内戦に持ち込むかもしれない。


中国はどうでる

北の核+南の経済力の組合せは中国にも悪夢になる。
が,そこに至らずにグダグダしているのであれば,それは中国には歓迎できる状態かもしれない。半島を曖昧な状態にしておくのは,中国の国益にかなうからだ。
北朝鮮と中国はあまり仲がいいとはいえないが,取り合えず中国は北の攻撃目標にはなっていない。

或いは,これを機会に半島への影響力を強化しようとしてくるかもしれない。中国が半島に政治力を及ぼすことができ,中国の後見で半島が統一できるのなら,中国にとっては誠に都合のいい展開になるからだ。

現状では中国にそのような政治力はないと思う。
ムンジェインは軽くうっちゃれても,金正恩は難しいだろう。
彼は主体思想の体現者だ。というよりも若くして指導者になったバカの三代目である。遠慮なく周辺に『甲の暴力』を振るってくる。典型的なお坊ちゃまの朝鮮人だ。

また,日本は半島の強大化に応じた軍事的な強化が迫られる。
それは中国にとっては望ましくないだろう。


ロシアはどうでる

ロシアは南北会談を歓迎するだろう。

その理由については,別稿にてまとめるつもりだが,
東北アジアの動乱は困るし,軍事的緩衝地帯がなくなるのも困る。
むしろ北朝鮮が強くなってもらったほうが都合がいい。

中国と理由は重なるが,若干の差異がある。
要するにロシアにとって北朝鮮は物理的にも心理的にも遠い。
しょせん,人事なのである。


以上,取り合えず南北会談についての現在の覚書。





posted by DEBUO at 21:50 | 半島有事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする